お題:犬の広告 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1025字

つくり
 あるネットショッピングに犬ばかり広告がでるようになった。
 こういうのは日頃から使ってる検索ワードで引っかかるらしいのだが家に犬はいない。誰かがパソコンを使って調べたわけでもない。じゃぁなんで表示されるのかといえば、見当がつかない。
「……」
 まず第一に家にいるのは2匹の猫と、4匹のハムスター。犬に繋がる要素がない。動物という概念は同じであるため、広告として犬を今後飼うかもしれないという暗示が秘められてる?
 人間の飼育さえまともにできなかったのにいまさら犬を飼うなんてありえないが……。
 薬漬けの実験サンプルはもう研究室に数多くいる。人の形をしたなにかさえも作られてる。パーツ化し、部分生存させてるものもある。
 ここにいるのはその失敗作。家に暮らしてるのは保管場所がないのと、どれだけ生きられるか、理解できるのかを調べるためであって、他に意味を持たない。動物というものに愛着はないし、人間というのに愛情をかける神経も持っていない。
 親はただの猫、ただのハムスターと思ってるみたいだけど、思考能力は人間以上。普通に放し飼いできるほどに猫とハムスターは人間アピールし続けてる。
 彼らもそれを理解してるためか親の前だと猫を被り続けてる。
 動物はもともと言葉を理解できる構造をしてるということもあるが、改良型は脳の使い方が異なる。より人間に近いと言える。
 とはいえ、食べるものは人間と同じとはいかない。味覚はそのまんまの動物である。その味覚さえ、失敗作はまともに感じることはできない。薬品で栄養をとるやり方でしか生きていけない。
 ただのサンプル。人間様という存在を活かすために作られた生命体。これから先も同じように引き取ってデータをまとめるのが私の仕事。
 どれだけの投与で肉体が壊れるのか、また精神がいかれるのか。そこに注意を向けるモノでしかない。
「ほら、注射の時間だ」
 言葉に従い、足元に動物が集まる。
 彼らが生きるための方法は私の薬品を受け入れることだけ。逃げ出すこともしようとはしない。
「……次」
 動物たちに注射をして気づいたことがあった。
 パソコンに表示された犬の広告は、動物の言葉をデータ化したものが反映されてるのではないか、と。様々な言葉でパソコンのデータを作り上げてるのだから、関係なくはないだろう。
 なら、次のパーツはパソコンとデータを取りあう、デジタル生命体に近いものを作るべきなのかもしれない。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
厚い雪 ※未完
作者:緑黄色野菜@小説家になろう お題:素朴な大雪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:611字
朝、目覚めると目の前には銀世界が広がっていた。木の枝から伸びるつららや大地を覆い隠す素朴な大雪が私の見る世界を世界を一変させた。このような素晴らしい光景を見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛い小説合宿 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
今日は高校の文芸部のみんなと一緒に、合宿に来ている。 テーマは「可愛い」 それぞれがこのテーマに沿って小説を書いて、それぞれ読み合わせるのだ。 ただ一つ懸念が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:12月のお天気雨 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:962字
珍しいこともあるものだ。空を見上げれば、まぶしいまでの晴天。それなのに雨が降っていた。所謂天気雨というやつだ。雨をよけるために傘を鞄から取り出そうとしたとき、手 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
ナゼとタチキ ※未完
作者:はるちか お題:かっこ悪い僕 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:383字
「その髪の色は本当どうにかした方がいいと思う」「え、そんなに変?俺は割と気に入ってるんだけど」「ナゼさんには似合ってると思うけど、初対面の人は警戒しそうっていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1083字
「爆弾?」 教頭の大山は、上がってきた報告に顔をしかめた。「うちの学校に仕掛けたって?」 馬鹿馬鹿しい、と大山は吐き捨てる。「どうせこんなのは愉快犯だろう?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川ノ上 お題:記憶の愉快犯 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:824字
今思い出すだけでも、笑いが込み上げてくる。午前正午。昼休みのチャイムが景気良くなる屋上で、弁当の風呂敷を解いたボクは彩り豊かなきんぴらごぼうを口に運び、小さく笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇のヒロイン ※未完
作者:ぽぽ お題:闇のヒロイン 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:295字
何人もの清き心の勇者たちが魔王に挑んでは闇に心を飲まれ倒れてきた。我々はただ闇の力に屈するしかないのか。一人の勇者が戦いの末敗れ城へ戻ってきた。彼はしかし闇に飲 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の木 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:802字
愛が永遠であるならば、それはきっと素晴らしいものだろう。色あせないものとして色んな場所に咲き続けこの世を支配もできた。 そんな素晴らしく美しいものは、今の私に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:愛と欲望の食器 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:806字
見知らぬ声を頼りに教室の中へ入ったのはいいが、「あれ」 なぜか扉が閉まった。おまけに聞こえたはずの人はどこにも見当たらない。 学校の設備がオートロックであるな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:真実の天使 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1051字
桃色の天使が降臨した時、僕は言葉を失った。 正確にいうならば、どうしたらいいのかわからなかったし、転んだ痛みで余計に理解しにくかった。 天使は転んだ僕を介抱し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:生かされた町 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1009字
「いつ戻ってくるんですか?」 私の声に、彼が立ち止まる。でも……振り返ってもらえなかった。 門という壁がわたしたちを拒絶してた。「わたしたちはあなたに感謝してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:つまらない体験 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1097字
部活が廃部になると聞いて久々に部室へ顔を出した。「……うす」 いかにもガラが悪いやつが入ったからか、視線が痛い。 これでも部長なんだけど……いや形だけだけど。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:そ、それは・・・王子 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1206字
「それでこれはなんていうんだい?」「えっと……その」 彼の接近に気がついたときにはもう遅かった。 音もなく忍び寄るってか……護衛もいらない滞在人ってのがよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:彼と諦め 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:960字
大好きな先輩と後輩が恋人になった。「……」 部活で二人はより一層近くで作業するようになった。 花の世話ということもあって、男手が必要なところがあるから、一緒に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
抑え ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:殺された性格 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:715字
身体が不自由になると、自分という存在は最初からいなければよかったのではないかと考えてしまう。自由な生活が家族を包み込む光景を何度も夢に見た。「……」 こんな私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:小説家の蕎麦 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:740字
文を羅列してくとまるで蕎麦のような線ができあがる。 横読みしたり、縦読みしたり、斜め読みしたり、人によって文章の形は異なる。 エッセイなんかは横向きが多い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひと ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:かたい夫 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:810字
彼が結婚したと聞いて、ひと目妻を見てやろうと訪れてみたものの……。「でかけてるのか?」「いや、家にはいるけど、出ない」「そうなのか?」 あぁと彼は相槌を打つ。 〈続きを読む〉