お題:難しい雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:871字

ゲリラ豪雨の正体見たり
『設問.人間界へ大粒の雨を降らせよ。また、それによって得た効果を実施後記載せよ。』

「また天気問題かよ、苦手なんだよ」
ぱたぱたと小さな白い羽を揺らしながら、幼い彼は小さくごねた。
「そんなこと言って、この設問くじ引きで引いたのエイくんじゃん」
傍らには黒い羽を持った同じように幼いビイは、逃亡を図ろうとする彼を捕まえて言った。
その二人のそばをサラリーマン風の男が過ぎ去っていくも、彼らに気づいた様子もない。
「効果って何にする? 雨っていうと……結構人間に迷惑かかる感じだけど」
「駄目だよ。天使は人間に幸せを与えるものじゃないと」
ふよふよと空に浮きながら、幼い二人は人間界の町並みを飛んでいる。
天使初級合格試験。人間に姿の見えない素っ頓狂な存在である彼らが今素っ頓狂な設問をクリアしようとしているのにはわけがある。
設問の描かれた羊皮紙とにらめっこしながら、二人はとりあえず、というように指を空の方へ向けた。
ぱらぱらと降り出した雨は次第に勢いを増して行き、ざあざあと粒が大きくなっていく。
「まってビイ、俺そろそろコントロール効かない」
「ええ、ちょっとエイくん、頑張ってよ」
勢いは緩むことなく、土砂降りと言われるものになっていく。
「やべー! やべー!」
「ちょっとぉ……」
不快そうにつぶやくビイを見て、エイは何とかしようと空に向けている指をブンブン振った。
「ごめんって、まって止まれ止まれ!」
「エイくんそんな急に……」
すると土砂降りは徐々に勢いを殺していき、遂にはカラッとした晴天になる。
おまけに虹までかかっている。
降水時間、3分。これでは効果も何もあったものではない。
「あーあ、止んじゃった……」
「なっビイ、虹出たぜ、虹、効果もうこれでよくない?」
「えーそんな屁理屈、絶対先生に怒られるよ……」
何とかいいながら、エイはすでに羊皮紙に効果として書き連ねている。ビイはそれを見ながらため息を吐く。彼らはまた不合格の烙印を押されてしまうだろう。

ゲリラ豪雨の正体はこんなことだったり……するかもしれない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女が愛した屍 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:718字
「火葬だなんてとんでもないわ」 それが敬虔なクリスチャンだった彼女の口癖で、なんでも来るべき救済のときに、人は元あった肉体で蘇るのだから、燃やしてしまうのは言語 〈続きを読む〉

雨井の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨井 お題:フォロワーの瞳 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1590字
『〇〇さん、今回のも素敵でした』『今日も〇〇さんに元気をもらってます!』『相変わらずで安心しますw』一つのつぶやきを投稿しただけで、すぐに幾つものリプライが返っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨井 お題:難しい雨 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:871字
『設問.人間界へ大粒の雨を降らせよ。また、それによって得た効果を実施後記載せよ。』「また天気問題かよ、苦手なんだよ」ぱたぱたと小さな白い羽を揺らしながら、幼い彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お告げ ※未完
作者:雨井 お題:騙された信仰 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:687字
「その点、君はとっても扱いやすかったよ」穏やかな口調で語られる真実はあまりにもいつもの口調と変わりがなかった。その口で、神の有り様を、救いの手立てを語っていたも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨井 お題:調和した恋愛 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:837字
買い物袋にはそれぞれにカレーの材料が入っていた。あたしがため息を一つ吐けば、あなたはゆっくり息を吸う。どちらも呆れて笑う、そんな時間が好き。これがC、これがCm 〈続きを読む〉