お題:猫の天使 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:410字

そうだ、君の名前はホンダにしよう
「先輩、私の正体が実は天使ちゃんだったらどうします?」
 私がとびきり緩んだ笑みをつくって言ったのに、先輩はこちらに見向きもしないで、本を読み続けている。んー、という生返事は絶対考えたフリをしているだけで、だってほら、今ページめくった! あー、ひどいんだー。そんな先輩なんか突風にページを攫われるか、そこでキャッキャしてる少年たちのサッカーボールで、不意に顔面を強打してしまえばいいんだ。
 はあ、ため息。私の膝で喉をゴロゴロさせていた猫ちゃんが、細目で私を見上げます。その要望に応えて顎を擦ってやると、さっきの私みたいにあざとい顔をしながら、喉の振動を強くさせた。ふむ、やっぱり、私ってば、天使だと思うんだけどな。こんなにも猫ちゃんを気持ちよくさせてるんだもの。ねえ? 先輩?
 横向いた私、きゃあ、と言いつつ思わずガッツポーズ。

「うわあ、ごめんなさい!」

 謝る少年たち。のけぞった先輩の顔。それ、見たことか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
座薬の時代 ※未完
作者:みんな お題:猫の天使 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:1120字
「圧倒的座薬不足!」婦長はそう叫ぶと、ドン!っと机に足を乗っけた。天井には上等なキューバ葉巻の煙が揺らいでいる。だが、牢獄のようなこの地下で、煙の逃げる場所はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:猫の天使 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:933字
登場人物はノンフィクションです。(名前は変えてます)話はフィクションです。~~~~~~~~~~~~~~~~~麻実「ジン、可愛い~♪」ジン「ニャン!」恵莉「あ、ジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

中野の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:中野 お題:怪しい船 必須要素:パン 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:372字
「いやです。絶対乗りたくないです」 私は繰り返し首を振りながら、先輩に引かれる手首を何度も捻って抵抗するけれど、踵は空しく砂利の上を滑り行き、手首の痛みを気にす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:猫の天使 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:410字
「先輩、私の正体が実は天使ちゃんだったらどうします?」 私がとびきり緩んだ笑みをつくって言ったのに、先輩はこちらに見向きもしないで、本を読み続けている。んー、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:免れた秀才 必須要素:醤油 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:301字
狼男って、本当に居たんだ。まだ、真昼間なのにな。私は漫画の外側に居るように、ぼんやりとそんなことを思っていたのです。街中を駆ける悲鳴の声が、ただ一匹の遠吠えに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:恋の愛 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:310字
恋は大人の証明なのだと、なにかの少女漫画で言っていた。私は大人が大嫌いだったから、それを読んでからというもの、恋なんてしないようにと心に決め、そうして努めてき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:つらい嘔吐 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:483字
愛した人に振られちゃうのって、とっても辛いですよね。あれ、そうなんだ。こんなに心の容量費やしてるのに、なるほど報われないなんてことがあるんだ。わたし、そんな新 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:うわ・・・私の年収、失望 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:239字
牛乳がなかった。私は一先ず卓まで戻り、母からの返答を待ったが、まな板を打ちつける包丁の音が響くばかりで、うんともすんとも、声はない。こういう日に限って兄はいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:混沌の軽犯罪 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:463字
はい、小指落ちました! さらば私の堅気人生!「……うーん、あんまり実感がありません」 どうだよ、お嬢ちゃん。ニマニマと私に尋ねるヒゲ角刈りに、私は素直に答えま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:昔の水 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:427字
姉妹喧嘩って、したことあります? そもそも、「俺は男だい」って言われちゃ、しょうがないんですけど、ま、該当者さんに話しかけてるので、独りっ子その他諸々さんは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:明るい車 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:373字
なにかのささめきが聞こえるか。暗く、静まり返った街中。人気のない閑静な住宅街を、その軽自動車は走っていた。どの家もまるで生活感を押し殺しているかのように、悉く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中野 お題:鈍い小説家 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:333字
パンッ。という破裂音がした。私は徹夜続きで朦朧とした意識を音に乗じて引っ張り上げ、同時に、幼い息子が居間で風船遊びをしていたことを思い出した。平時はその鬱陶し 〈続きを読む〉