お題:猫の天使 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:410字

そうだ、君の名前はホンダにしよう
「先輩、私の正体が実は天使ちゃんだったらどうします?」
 私がとびきり緩んだ笑みをつくって言ったのに、先輩はこちらに見向きもしないで、本を読み続けている。んー、という生返事は絶対考えたフリをしているだけで、だってほら、今ページめくった! あー、ひどいんだー。そんな先輩なんか突風にページを攫われるか、そこでキャッキャしてる少年たちのサッカーボールで、不意に顔面を強打してしまえばいいんだ。
 はあ、ため息。私の膝で喉をゴロゴロさせていた猫ちゃんが、細目で私を見上げます。その要望に応えて顎を擦ってやると、さっきの私みたいにあざとい顔をしながら、喉の振動を強くさせた。ふむ、やっぱり、私ってば、天使だと思うんだけどな。こんなにも猫ちゃんを気持ちよくさせてるんだもの。ねえ? 先輩?
 横向いた私、きゃあ、と言いつつ思わずガッツポーズ。

「うわあ、ごめんなさい!」

 謝る少年たち。のけぞった先輩の顔。それ、見たことか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
座薬の時代 ※未完
作者:みんな お題:猫の天使 制限時間:1時間 読者:256 人 文字数:1120字
「圧倒的座薬不足!」婦長はそう叫ぶと、ドン!っと机に足を乗っけた。天井には上等なキューバ葉巻の煙が揺らいでいる。だが、牢獄のようなこの地下で、煙の逃げる場所はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:♪エリ♪ お題:猫の天使 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:933字
登場人物はノンフィクションです。(名前は変えてます)話はフィクションです。~~~~~~~~~~~~~~~~~麻実「ジン、可愛い~♪」ジン「ニャン!」恵莉「あ、ジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:フニャフニャの風 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1081字
春の風。鋭いものの、そこに確かに暖かみと、どこか優しさを感じることが出来る。と、言えるのは私が花粉症ではないからであり、風が吹くたびにマスクをした人たちがとて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:東京の俺 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:472字
東京の俺から電話がかかってきた。「久しぶりだね。元気でやってるかい?」「まんずまずだっちゃよ。そっちこそ体は悪くしてねえべか?」「うわあ、すげえ訛ってんな。大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:日本式の失敗 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:323字
日本式の失敗か資本主義のオッパイかと問われれば、世の男性の3分の2は後者を取るだろう。残り6分の1はケツ派で、残り6分の1が足裏フェチである。さて、今私が犯して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:うへへ、ダイエット 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1324字
荒れ果てる大地。その中でただ一人佇む。(いや、二人、か)私の足から出ている影。"何も無いところ"から伸びる影。その2つを見つめながら思い直す。私には姿が見えない 〈続きを読む〉

なかのの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:なかの お題:地獄靴 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:352字
せ、先輩、ちょっと速いですってば〜。待ってくださいってばー! え、待って待ってホントに置いていかないで! 私、生まれてこのかたあんまり険しい道とかっ、歩いたこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:わたしの好きな嵐 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:318字
十五歳になったら、自ら生贄になろう。私は私の人生をそう決めていた。 街の古くからの伝承。生娘を龍に喰わせれば豊穣が約される。伝承が真実であるが故に、装飾もなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:怪しい船 必須要素:パン 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:372字
「いやです。絶対乗りたくないです」 私は繰り返し首を振りながら、先輩に引かれる手首を何度も捻って抵抗するけれど、踵は空しく砂利の上を滑り行き、手首の痛みを気にす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:猫の天使 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:410字
「先輩、私の正体が実は天使ちゃんだったらどうします?」 私がとびきり緩んだ笑みをつくって言ったのに、先輩はこちらに見向きもしないで、本を読み続けている。んー、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:免れた秀才 必須要素:醤油 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:301字
狼男って、本当に居たんだ。まだ、真昼間なのにな。私は漫画の外側に居るように、ぼんやりとそんなことを思っていたのです。街中を駆ける悲鳴の声が、ただ一匹の遠吠えに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:恋の愛 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:310字
恋は大人の証明なのだと、なにかの少女漫画で言っていた。私は大人が大嫌いだったから、それを読んでからというもの、恋なんてしないようにと心に決め、そうして努めてき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:つらい嘔吐 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:483字
愛した人に振られちゃうのって、とっても辛いですよね。あれ、そうなんだ。こんなに心の容量費やしてるのに、なるほど報われないなんてことがあるんだ。わたし、そんな新 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:うわ・・・私の年収、失望 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:239字
牛乳がなかった。私は一先ず卓まで戻り、母からの返答を待ったが、まな板を打ちつける包丁の音が響くばかりで、うんともすんとも、声はない。こういう日に限って兄はいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:混沌の軽犯罪 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:463字
はい、小指落ちました! さらば私の堅気人生!「……うーん、あんまり実感がありません」 どうだよ、お嬢ちゃん。ニマニマと私に尋ねるヒゲ角刈りに、私は素直に答えま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なかの お題:昔の水 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:427字
姉妹喧嘩って、したことあります? そもそも、「俺は男だい」って言われちゃ、しょうがないんですけど、ま、該当者さんに話しかけてるので、独りっ子その他諸々さんは、 〈続きを読む〉