お題:あいつと家事 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:572字

習作63
 おれは今、何故かクラスメートのYと料理を作っている。
 どういう理由でこうなってしまったか。
 それは少し前に遡る。

 「はぁ!?再婚?」

 「そうなのよ、お母さんいいひと見つけちゃってね」

 今まで片親で面倒みてくれた母親の突然の再婚宣言。
 それはそれとして、次に起こることに頭がフリーズすることになる。

 毎日クラスで見る女子のYが、おれの眼の前に現れたからだ。
 彼女の顔も驚いている。
 え?なんで?なんでですか?

 「そうそう、今日からYちゃんと一緒に住むことになるから」

 おれは叫んだ。

 そして今に至る。
 母は突然の用事ででかけてしまった。朝まで帰らないという。

 一体全体どういうことだよ。
 頭に理解が追いつかない。

 母がいなくなってしまったので夕飯をどうしようかと悩み、手持ちもないので自炊することにした。
 とはいえ不器用なおれを見かねてか、Yが手伝ってくれたのだ。
 テキパキと手を動かしている。ポニーテールが左右に揺れた。
 今まで父親に料理を作っていたのでお手のものだそうだ。

 とはいえ、どんな状況だよ。
 クラスの美少女Y。
 おれは遠くから眺めるだけでほとんど話したことがない。
 そんな彼女と今一緒に料理を作っている。
 しかもひとつ屋根の下で。

 これからどうなるおれ。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:うに お題:あいつと家事 制限時間:1時間 読者:238 人 文字数:1834字
今日は気になるあいつが家にやって来る日だ。ここで女子力高いところを見せて、今日こそあいつのハートを射止めてやるんだから!まずは散らかった部屋を掃除しなきゃ。こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:永遠の私 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:385字
これは私が10歳の誕生日のとき。 おもちゃのティアラをつけている。 楽しみだったプレゼントを貰ってケーキを食べて、あんなに嬉しそうに笑っている。 これは私が1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:馬鹿な手 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:190字
おれの右手ときたら全く抑えが効かない。 いつも気づいたら何かを手にしている。雑踏を抜けたら手に持っている。 りんご、財布その他諸々。 音もなく華麗にスる汚い盗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:怪しい船 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:157字
暗闇の中に音もなく浮かぶものがある。 地上から見てもそれは巨大。鳥などでは決してない。 中央が膨らんだ円盤状の物体だ。 アダムフスキー型UFO。識者が見ればそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:あいつと家事 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:572字
おれは今、何故かクラスメートのYと料理を作っている。 どういう理由でこうなってしまったか。 それは少し前に遡る。 「はぁ!?再婚?」 「そうなのよ、お母さんい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:清い成熟 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:248字
「こんにちは、おじさん」 今年の正月のことだった。 親戚の会合に久しぶりに行ったおれは、親戚の女の子と数年ぶりの再開をした。 以前あったときは小学生だったから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:恋の祝福 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:286字
目の前に座った少女が写真を差し出す。 写真を眺める。高校生ぐらいの年頃の少年が写っていた。 「はい。この男を狙ってほしいのです。あなたが百発百中のスナイパーだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:オレだよオレ、失踪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:514字
息子が失踪した。 警察にも相談して、もちろん私自身も随分と探し回った。 けれども見つからない。 あの日、会社に行ったきりどこにもいない。 ほとほとに疲れ切った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作59 ※未完
作者:夢路 お題:10の快楽 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:181字
カーテンを締めて光を入れない部屋。 フローリングにチョークで書いた魔法円の前で、おれは微笑む。 ついに、これで完成する。 悪魔のサキュバスを召喚し、使役すると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:強い悪人 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:282字
力さえあればなんでも出来る。 何もかも思うがままだ。 おれはこの力でのし上がってきた。 己のどんな欲望も叶えることができた。 だから力のない人間は嫌いなんだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:静かな食堂 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:426字
昼休みに昼食をどこで取ろうかと思っていたところ、路地裏に雰囲気がある洋食屋を見つけた。 『忙しいランチタイムは静かな当店で』とボードに書いてある。 いかにも隠 〈続きを読む〉