お題:同性愛の愉快犯 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:708字

お前はいつだって真剣なんだよ
「俺と一緒にいるとお前は多分俺のことを好きになると思うけど、それでもいい?」
最初にあったとき、やつはそんなことをのたまった。
見るからに軽薄そうな男だったしそのとき大分酔っていたようだし、そのときは俺はからかわれているんだろうと思ったけど、驚くことにやつは本気でそんな台詞を言っていた。

その次の日やつから連絡があった。連絡先なんか交換してなかったのに、いつの間にかやつは俺の携帯を覗き見ていたのだ。そんなことをされたとのに、俺は少し笑けてしまった。

「今日よかったら映画でも見に行きませんか?」

中学生男子が好きな女の子に送るような、そんなかわいらしいメッセージに俺はつい返信をしてしまった。そのときはまあいいやと思えてしまったのだ。俺は昨日酒場の薄暗い琥珀色のライトに照らされていたやつの薄茶色い巻き毛を思い出していた。

俺はそれまで女の子としか付き合ったことなかったし、もしやつとこれから別れてたとしても二度と男とは付き合わないだろう。だから俺は自分のことを同性愛者とは思っていない。
そういうことをやつに話すと「じゃあ俺が最初で最後の男ということだね」と、出会ったときと同じような軽薄そうな笑みを浮かべた。

やつが最初に言ったことは本当だったし、あの言葉を俺はもっと真剣に考えるべきだったのかもしれない。軽薄そうに思えるけども、やつはいつだって真面目だし、あのときのやつは俺のことを真剣に口説いていたのだろうから。

だから本当に軽薄なのはきっと俺なんだろう。興味本位のようにやつに近づいていって、そしてそのままやつの言ったままにされている。まるで愉快犯のように、俺はやつの恋人になったのだ。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ゆりのめ ※未完
作者:レンga★TRPG専用 お題:同性愛の愉快犯 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:708字
視線を感じるようになったのは一年くらい前から。姿を捕えれるようになったのはここ半年で、三ヶ月くらい前から、毎朝おはようと声をかけてくるようになった。「それでね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヤンヘラが主食のフェル お題:同性愛の愉快犯 制限時間:30分 読者:377 人 文字数:821字
あいつもこいつも、みーんな僕を気持ち悪いと罵った連中だ。男が男を好きであること、それを理解しようともせずに、僕を蔑んだ。異性愛者というだけで、お前らは何故そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ライオリ@ぱんでもの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:都会の関係 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:794字
終電から降りて駅のホームを歩いていると、背広を来たサラリーマンらしき男が転がっていた。正面からそのまま倒れ込むように、顔は地面にぴったりと設置していている。足は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:茶色い絵描き 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:721字
私は祖父をその写真の中でしか見たことがない。もうすっかりセピア色に色あせた古い写真。彼はこっちを向いて人懐っこそうな笑みを浮かべている。二十代後半といったところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:3月の投資 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:927字
来月から俺は大学生になる。念願だったキャンパスライフを送るというわけだ。結構頑張ってそこそこいい偏差値の大学に合格することもできた。俺が思うに、いい大学っていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:同性愛の愉快犯 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:708字
「俺と一緒にいるとお前は多分俺のことを好きになると思うけど、それでもいい?」最初にあったとき、やつはそんなことをのたまった。見るからに軽薄そうな男だったしそのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:恐ろしい夕飯 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:530字
「その話、もう少し詳しく聞きたいわ」一葉は箸を置いて、きっぱりとそういった。「そんな大した話じゃないわよ」事もなげにそう言うと、双葉がおかずの唐揚げを口に入れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:都会のあいつ 必須要素:血液型 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:880字
テレビを見ていると、あの男がチラッと映ったのが見えた。名前はなんて言ったっけ。高橋だか、高林だか、そんなの。もう三年前に卒業した高校の同級生の名字なんか覚えては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:激しい寒空 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:645字
ふと空から何かが落ちてきて道端に転がった。見るとそれは丸い氷だった。ぶどうの粒ほどの大きさがあって、白く濁っている。空を見上げると見たこともないような黒々しい雲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:求めていたのはオチ 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:779字
また私は扉を開く。そしてそこはまた同じ白い部屋だった。もう落胆という感情も沸かない。延々と、延々とこの作業を続ける。一週間前私が目を覚ましたとき、そこは小さい正 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:ロシア式の女祭り! 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:852字
私がロシアの田舎道を車で一人で走っていたときだ。別に旅行とかではなく、仕事での出張だった。ちなみに私は大手家具販売店の買い付けを行っている。そのときは冬の夜だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ@ぱんでも お題:黒尽くめの冥界 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:724字
地獄は燃えるような赤なのかと思っていたが、実際に堕ちてみたら漆黒であった。熱さはない。ただ水のように重々しい闇が体に纏わり付き体を重くする。自分の掌すらも見えず 〈続きを読む〉