お題:同性愛の愉快犯 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:708字

お前はいつだって真剣なんだよ
「俺と一緒にいるとお前は多分俺のことを好きになると思うけど、それでもいい?」
最初にあったとき、やつはそんなことをのたまった。
見るからに軽薄そうな男だったしそのとき大分酔っていたようだし、そのときは俺はからかわれているんだろうと思ったけど、驚くことにやつは本気でそんな台詞を言っていた。

その次の日やつから連絡があった。連絡先なんか交換してなかったのに、いつの間にかやつは俺の携帯を覗き見ていたのだ。そんなことをされたとのに、俺は少し笑けてしまった。

「今日よかったら映画でも見に行きませんか?」

中学生男子が好きな女の子に送るような、そんなかわいらしいメッセージに俺はつい返信をしてしまった。そのときはまあいいやと思えてしまったのだ。俺は昨日酒場の薄暗い琥珀色のライトに照らされていたやつの薄茶色い巻き毛を思い出していた。

俺はそれまで女の子としか付き合ったことなかったし、もしやつとこれから別れてたとしても二度と男とは付き合わないだろう。だから俺は自分のことを同性愛者とは思っていない。
そういうことをやつに話すと「じゃあ俺が最初で最後の男ということだね」と、出会ったときと同じような軽薄そうな笑みを浮かべた。

やつが最初に言ったことは本当だったし、あの言葉を俺はもっと真剣に考えるべきだったのかもしれない。軽薄そうに思えるけども、やつはいつだって真面目だし、あのときのやつは俺のことを真剣に口説いていたのだろうから。

だから本当に軽薄なのはきっと俺なんだろう。興味本位のようにやつに近づいていって、そしてそのままやつの言ったままにされている。まるで愉快犯のように、俺はやつの恋人になったのだ。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ゆりのめ ※未完
作者:レンga★TRPG専用 お題:同性愛の愉快犯 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:708字
視線を感じるようになったのは一年くらい前から。姿を捕えれるようになったのはここ半年で、三ヶ月くらい前から、毎朝おはようと声をかけてくるようになった。「それでね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヤンヘラが主食のフェル お題:同性愛の愉快犯 制限時間:30分 読者:374 人 文字数:821字
あいつもこいつも、みーんな僕を気持ち悪いと罵った連中だ。男が男を好きであること、それを理解しようともせずに、僕を蔑んだ。異性愛者というだけで、お前らは何故そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ライオリ・イオリ☽@ぱんでもの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:茶色い絵描き 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:721字
私は祖父をその写真の中でしか見たことがない。もうすっかりセピア色に色あせた古い写真。彼はこっちを向いて人懐っこそうな笑みを浮かべている。二十代後半といったところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:3月の投資 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:927字
来月から俺は大学生になる。念願だったキャンパスライフを送るというわけだ。結構頑張ってそこそこいい偏差値の大学に合格することもできた。俺が思うに、いい大学っていう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:同性愛の愉快犯 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:708字
「俺と一緒にいるとお前は多分俺のことを好きになると思うけど、それでもいい?」最初にあったとき、やつはそんなことをのたまった。見るからに軽薄そうな男だったしそのと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:恐ろしい夕飯 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:530字
「その話、もう少し詳しく聞きたいわ」一葉は箸を置いて、きっぱりとそういった。「そんな大した話じゃないわよ」事もなげにそう言うと、双葉がおかずの唐揚げを口に入れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:都会のあいつ 必須要素:血液型 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:880字
テレビを見ていると、あの男がチラッと映ったのが見えた。名前はなんて言ったっけ。高橋だか、高林だか、そんなの。もう三年前に卒業した高校の同級生の名字なんか覚えては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:激しい寒空 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:645字
ふと空から何かが落ちてきて道端に転がった。見るとそれは丸い氷だった。ぶどうの粒ほどの大きさがあって、白く濁っている。空を見上げると見たこともないような黒々しい雲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:求めていたのはオチ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:779字
また私は扉を開く。そしてそこはまた同じ白い部屋だった。もう落胆という感情も沸かない。延々と、延々とこの作業を続ける。一週間前私が目を覚ましたとき、そこは小さい正 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:ロシア式の女祭り! 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:852字
私がロシアの田舎道を車で一人で走っていたときだ。別に旅行とかではなく、仕事での出張だった。ちなみに私は大手家具販売店の買い付けを行っている。そのときは冬の夜だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:黒尽くめの冥界 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:724字
地獄は燃えるような赤なのかと思っていたが、実際に堕ちてみたら漆黒であった。熱さはない。ただ水のように重々しい闇が体に纏わり付き体を重くする。自分の掌すらも見えず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ライオリ・イオリ☽@ぱんでも お題:混沌の軽犯罪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:804字
そのとんでもない地震があって、私の住んでいた街はすっかり壊れてしまった。よく通っていた食堂も、新刊をいつも買っていた本屋さんも、学校に行くときに使っていたバス停 〈続きを読む〉