お題:フニャフニャのうどん 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:621字

たべ ※未完
 食べ物を粗末に扱わないのは基本中の基本であるが、熱いものが熱く出てくるのはどうかと思う。
 熱々の出来上がりが一番美味しいのはわかる。ジャンクフードは冷めると美味しくなくなるからだ。ただ……食べにくいのを我慢して食べるのは変。苦痛を味わずにいられるのが一番いい。
 そういう意味だとアイスは凍ってるという概念が固定化してるかな。溶けたら……アイスではないし? 熱々のアイスというのも聞かない。あるとすれば、凍ってないような食感がするものかな。
 それでまぁ……なにを考えようと、熱いのが食べれない私は変わらない。
 食べ物がぬるま湯になるまで口に運ぶことができない。
 麺でいえばフニャフニャになった食べ物が誕生するくらい待たなきゃいけない。その時間は料理によって様々であって、昼食の時間を大幅にとることもある。
「……」
 これについては……誰も困らないから別にいいのだと思うけど、たまにちらちら見られるのはいい気分がしない。
 他人の食べ方になにが問題があるのだろうか。別に遊んでもいないし、汚く食べてるわけでもない。ただ……湯気がでない食べ物があるだけ。
 でもまぁ……いいたくなる気持ちが少しはわかる。冷たい状態で出てくるものを頼めばいいと。それはそれでなんか負けた気がしてくるから困ったものだ。
 なんであれ一番重大なのは、私と一緒に食べてくれる友人がいないことだろうか。
 常に冷たい空気が食べ物と相反するように渦巻いてる。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の空 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:356字
文字が読めるようになってから、色のない本を手にとるようになった。ずっと白と黒の世界が広がっているのに、私の中に広がる世界はカラフルだった。ある時は外国の少年にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、におい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:107字
かつては人。今は肉塊。お前の時間はすでに止まった。溶けて残る味のない骨なんかいらない。ほしいのは、そう。人形を作っていたもの。「腐腐、腐腐ッ、愚腐腐…」「いい匂 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
5525 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:これはペンですか?違うわ、それは血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:821字
人は比較する動物。 誰かを貶めたり、蔑んだり、けなしたりする……。 うーん、どれも同じ意味か。やることは変わらない。人に嫌われることをするってこと。どんなに好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
1216 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:免れた曲 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:725字
欲を制限できる医療技術が開発された。そのことにより犯罪は大幅に減り、人口増加率も普通以下へと落ちた。地球上に存在できる人の数が決められ、かつてあった温暖化現象 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:同性愛の善意 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:640字
牙というのは全てが優しさできているわけじゃない。「あぁそういうことか」「そう、そういうことなの」 ルームメイトは自分で犯した罪を理解したのか、ごまかすつもりな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
わたし ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:わたしの嫌いな殺人犯 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:907字
人の声を近くで聞いた気がする。「……?」 そんなに離れてないはずだけど、その影がみえない。 クマかシカだったのだろうか。いや、しゃべる動物を他に知らない。わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:捨てられたマンション 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:893字
人の温もりがほしいとは思っても、願いはしない。 なぜならばボクがこうしてぼくであるように、世界はセカイでしかない。裏切ることもなく、ただ進む。自然の摂理。因果 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:永遠の野球 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1022字
人は成し遂げたとき、生きる目的を失う。 いわゆる達成感の強さが、生力を奪う。 大抵の人間は夢を現実として叶えることはない。 お金持ちになりたい、アイドルになり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひとのうつわ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:でかいお茶 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:755字
「ねぇ聞いてるの?」 母親が朝から何度目になるかわからない問いを告げてくる。「……」 私といえば会話する気はもうとうない。というよりか、表情を作るのさえ生きると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:アルパカのロボット 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1064字
研究課題というのは付きないもので、かつて存在してた生き物を機械として蘇すことも造作もない。なぜなら我々人間も今は機械化され人間という部分はもはや2足歩行するこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:俺の小説 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1076字
文字を見るのに最適な時がある。 それは朝。 脳がはっきりしないときに、頭を働かすからだという説はあるが根拠はない。集中できてしまえば、いつでも意味はある。 3 〈続きを読む〉