お題:フニャフニャのうどん 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:621字

たべ ※未完
 食べ物を粗末に扱わないのは基本中の基本であるが、熱いものが熱く出てくるのはどうかと思う。
 熱々の出来上がりが一番美味しいのはわかる。ジャンクフードは冷めると美味しくなくなるからだ。ただ……食べにくいのを我慢して食べるのは変。苦痛を味わずにいられるのが一番いい。
 そういう意味だとアイスは凍ってるという概念が固定化してるかな。溶けたら……アイスではないし? 熱々のアイスというのも聞かない。あるとすれば、凍ってないような食感がするものかな。
 それでまぁ……なにを考えようと、熱いのが食べれない私は変わらない。
 食べ物がぬるま湯になるまで口に運ぶことができない。
 麺でいえばフニャフニャになった食べ物が誕生するくらい待たなきゃいけない。その時間は料理によって様々であって、昼食の時間を大幅にとることもある。
「……」
 これについては……誰も困らないから別にいいのだと思うけど、たまにちらちら見られるのはいい気分がしない。
 他人の食べ方になにが問題があるのだろうか。別に遊んでもいないし、汚く食べてるわけでもない。ただ……湯気がでない食べ物があるだけ。
 でもまぁ……いいたくなる気持ちが少しはわかる。冷たい状態で出てくるものを頼めばいいと。それはそれでなんか負けた気がしてくるから困ったものだ。
 なんであれ一番重大なのは、私と一緒に食べてくれる友人がいないことだろうか。
 常に冷たい空気が食べ物と相反するように渦巻いてる。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:833字
人に努力を見られるわけにはいかない。「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」 が、講師の目に触れれば当然怒られる。「特待生だからといって何をやってもいいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:たった一つの町 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:862字
人の噂を頼りにすることは何も間違ったことじゃない。 地図も、電車も、あらゆる情報は誰か知らない人が作り出したもの。そしてごくあたりまえのことだけど、それで仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:君の霧雨 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:840字
葬儀を終えて教室に戻ると、彼女は泣いてた。「……大丈夫?」「う、ん、へいき。もういっぱい泣いた」 静かに彼女が座る席の隣へ。「キレイな顔だったね」「うん、美人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:遅い映画館 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:932字
開店するショッピングセンターの中に映画館ができるそうだ。 少し電車に乗って移動しなければ見ることが出来なかったので、ボクも含めて住民からかなりの協賛を得られた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:日本、と彼は言った 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1015字
彼の故郷は日本だという。 地図上に確かにその国は存在するが、人が住んでたのは数百年も前の話。今じゃ日本人というのは存在せず、野生児と呼ばれる人間の一歩前の動物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
みみあめ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:死にかけの耳 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:764字
水の落ちる音を聞きすぎたせいか、マンションのホールに入っても同じ音が脳内で響いてる。 気にしないのが一番だが、これから彼女と落ち合うのだから元に戻さないと。聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
112.0 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:殺された芸術 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:749字
一般受けしないものを作ると異端と言われる。変態、天才。カテゴリーが違ってもわかるのは人とは違うなにかを持ってるということ。 それにしたって好きなものは好きなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
がいぶ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:栄光の新卒 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1083字
新卒とは未来を作る人材のことをさす。 そのために、「部長と課長を首にします」 いつまでも居座り、実績をあげないものをきる必要がある。「どうしてですか?」「どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
0106 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:最強の門 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:891字
自分を主人公にした物語を書いて。 それが彼女が最後に残した言葉。「……」 彼女が眠る墓石にその内容を伝え、添える。 添えるといっても壊れたUSBメモリ。実際に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:ひねくれたモグラ 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1002字
陽の光を浴びれば、すぐに立ちくらみをすることから彼女はモグラ、あるいは吸血鬼と呼ばれてる。「……しぬ」「早く着替えて……また遅刻するよ」 あぅと怪しい擬音を発 〈続きを読む〉