お題:フニャフニャのうどん 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:621字

たべ ※未完
 食べ物を粗末に扱わないのは基本中の基本であるが、熱いものが熱く出てくるのはどうかと思う。
 熱々の出来上がりが一番美味しいのはわかる。ジャンクフードは冷めると美味しくなくなるからだ。ただ……食べにくいのを我慢して食べるのは変。苦痛を味わずにいられるのが一番いい。
 そういう意味だとアイスは凍ってるという概念が固定化してるかな。溶けたら……アイスではないし? 熱々のアイスというのも聞かない。あるとすれば、凍ってないような食感がするものかな。
 それでまぁ……なにを考えようと、熱いのが食べれない私は変わらない。
 食べ物がぬるま湯になるまで口に運ぶことができない。
 麺でいえばフニャフニャになった食べ物が誕生するくらい待たなきゃいけない。その時間は料理によって様々であって、昼食の時間を大幅にとることもある。
「……」
 これについては……誰も困らないから別にいいのだと思うけど、たまにちらちら見られるのはいい気分がしない。
 他人の食べ方になにが問題があるのだろうか。別に遊んでもいないし、汚く食べてるわけでもない。ただ……湯気がでない食べ物があるだけ。
 でもまぁ……いいたくなる気持ちが少しはわかる。冷たい状態で出てくるものを頼めばいいと。それはそれでなんか負けた気がしてくるから困ったものだ。
 なんであれ一番重大なのは、私と一緒に食べてくれる友人がいないことだろうか。
 常に冷たい空気が食べ物と相反するように渦巻いてる。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女が愛した屍 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:718字
「火葬だなんてとんでもないわ」 それが敬虔なクリスチャンだった彼女の口癖で、なんでも来るべき救済のときに、人は元あった肉体で蘇るのだから、燃やしてしまうのは言語 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@ハナねね町長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:ありきたりな猫 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:741字
人を正しくするために必要なのは、人間という動物を理解することにある。なにがどうであれば、人間なのかを議論する必要がある。 二足歩行すれば人間か、言葉を話せれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:楽観的な音楽 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1085字
気分を変えるために場所を変えるのは実のところめんどくさい。その場で気分爽快になるのが一番であり、移動に時間をかけるのは凄くアホらしい。頭だって有効期限がある。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犬の広告 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:1025字
あるネットショッピングに犬ばかり広告がでるようになった。 こういうのは日頃から使ってる検索ワードで引っかかるらしいのだが家に犬はいない。誰かがパソコンを使って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:禁断の狸 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:824字
「今日は会えるかな?」「どうだろう。たぬきが好きな餌は罠にしかけたから、上手くいけば……」 彼は手元の携帯端末を覗き、「センサー的にはなにかを捕まえったぽい」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たべ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:フニャフニャのうどん 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:621字
食べ物を粗末に扱わないのは基本中の基本であるが、熱いものが熱く出てくるのはどうかと思う。 熱々の出来上がりが一番美味しいのはわかる。ジャンクフードは冷めると美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ゆめ ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:安全な朝日 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:888字
「おはよう」「……君はだれ?」 目の前にいるのは、知らない少女。 そして見知らぬ土地。空気でさえ触れたことのない冷たさを持ってた。「夢の中でずっと会ってるのにい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人の苗 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:愛と憎しみの愛人 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:761字
人肌が恋しくて、人の苗を購入した。 選んだものは栽培用といって、土に植える塊だ。 にょきにょきと人が土から育ってく。 しゃべることもできるため、会話用、相談用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:燃える料理 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:860字
「これ……なに入ってるの?」 彼女に渡された弁当箱には見たこともない色をした食べ物じゃないなにかが見えた。明らかに人間が口にしていいようなものじゃない。実験した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:出来損ないの巨人 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:645字
生まれてすぐ死んでしまう生物ーーそれが巨人。悪臭ばかりが人間の認識として残る。 巨人はかつて地球上で生活しており、その証拠として遺跡、化石が多数残ってる。 D 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:興奮した天井 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:892字
ゲームを遊んでると天井が落ちてきたり、壁が迫ってくるトラップを目にする。 非常にゆっくりした速度でプレイヤーを焦らせるのだが、現実的にありえるのだろうか? 今 〈続きを読む〉