ユーザーアイコンNAO
お題:紅茶と光景 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1802字

星とお茶会、そして瑠璃
郵便ポストを見て仰天する体験なんて後にも先にも今回だけだろう。
上品な便箋。上品な封筒。こんな上流階級が仲の良い人だけの文通に使うような紙でしたためた手紙など今後はもうもらう事はない。いや、そもそも今回来た事自体が軌跡のようなものだった。
「それにしても、誰が?」
頭をひねりながら、手紙の内容を僕は詳しく読み始めた。

拝啓 田島 洋一様ことヨウ君へ
お久しぶりです。小学生の時以来だったかしら。私の事はきっと覚えてないでしょう?
もし覚えてくれていたら嬉しいですが、そうではなくてもあまり気に病まないで下さい。
なにせ、もう十年も前の事だもの。きっと顔を忘れてるかもね。
そういえば、大学に進学しているようね。東京の大学だったみたいね。友達から聞いたわ。
近々、東京に戻るから、もし予定が合えば世田谷の実家でのお茶会に招待するわ。
その時は、パパにこの手紙を見せてちょうだいね。

会えると嬉しいです。宮坂瑠璃より

当然ながら行くことにした。
何かの悪戯を思わず疑ってスマホからメッセージを送ってみた。嘘じゃない。間違いなく瑠璃だった。
八王子の駅で降りて、かなり歩いた。何年ぶりだろう。瑠璃は田園調布にずっと残っているとは聞いていたが、今どうしているだろう。
あまり、宴会とか人付き合いは得意ではないが、女の子の誘いというならやぶさかではなかった。
行く。絶対行く。ドキドキしてはいた。もともときれいな子ではあった。いまどうしているだろう?
この日のためにサークルやバイトの予定を変えてもらった。周りがにやにやしていたのは気にしない。
どうせ、女の子のことになると躍起になるのは、悪い事じゃない。むしろ自然だ。
決意を新たに足を進める。
実家はかなり『いいお家』であった。そりゃそうか。なにも変わってない。この近辺はそういう家が多い。しかしなんでまたこんなところのお嬢さんと同級生でいられたのだろう?今でも不思議だった。
チャイムを鳴らす。
「はぁい。少々お待ちを……」
玄関から女の子が出てきた。
「ヨウ君だよね?」
「そうだ。洋一だ」
「背、高くなった?」
「まあね」
「すっごい久しぶり!入っていってよ!」
予想以上だ。すごい美人。あの頃から美少女だったけど、それ以上。黒髪のお下げがサラサラロングヘアに変身。しかも似合う。パッチリ目も可愛らしく整った鼻も変わってねえ。
瑠璃一家は実家ぐるみで仲が良かったが、中学はごたごた、高校も別々。大学も別。そのせいか、しばらく会ってなかった。瑠璃のことは母経由で聞くしかない。今のところ……。

お茶会って、他に誰がいるのだろう?

そう考えると異常な『なにか』が込み上げる。『何か」が日常の風景を侵蝕する。暗く、明るく、暗く、明るく。色彩も異様に歪むような錯覚すら感じざるをえなかった。
「ヨウくーん?」
「んん?」
「ぼーっとしてる。彼女の事考えてたの?」
「はずれ」
「はぁ。だめだよ。いろんな人と付き合わなきゃ」
「ルリぃ、君はおかんかいな……」
「あははは、良く言われる!」
相変わらず、笑顔が明るかった。この天真爛漫なスマイルにはどんな美女も太刀打ちできないだろう。太陽より暖かい。はぁ、なんであんなネガティブモード入ってたんだろう。ばかみたい。
「さて、せっかくだからお茶会に行かないとね。ここで立ち話ってのもね」
「うん。まあな」
そういって二人は敷居の中に入っていった。

ダージリン。アールグレイ。アッサム。ドアーズ。シッキム。お茶菓子も勢揃い
イギリスにでも迷い込んだのかと勘違いしかねない。なんせ本格的だったのだ。
男はどうも俺だけらしい。俺と瑠璃以外は女五人。女五人。
気の強そうなお嬢さん。双子。体育会系っぽい元気ッ子。瑠璃の親友。
普通なら、がくがくに緊張する。男一人なんて慣れてない。
しかし、今回は瑠璃の家であることに助けられた。瑠璃関連でいろいろ話で来たせいか思ったよりも話が弾んだ。この子たち瑠璃の友達みたいだ。しかも仲いいな。ファンクラブか。
和気藹々とした様子で、それまでの事を話せた。これからの事も。
特に瑠璃の親友のミキちゃんと意気投合。同志よ。

夜中。瑠璃と空を見た。望遠鏡を借りて空を見る。星が見えた。瑠璃とこれからどうするか。メモに何の予定を書き込むか、ぼぅっとそのことだけを俺は思案していた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:勇敢な私 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1220字
<人物>B男(13)学生A子(12)B男の同級生小太りの女子生徒(12)不良(14)<本文>○スクール教室 賑やかな休憩時間。 A子が多くの男子学生に囲まれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃谷 華 お題:記憶の瞳 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1613字
君は、いつだってそうだ。 俯きながら、それでもしっかりとこちらを睨みつけた少年が、私に言う。見覚えの無い、10歳ぐらいの少年。つやつやの少し赤みがかったこげ茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:ありきたりな豪雨 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:401字
<人物>田村美子(40)バーの店主藤堂春樹(45)バーの客<本文>○バー「サファイア」店内客がいない店内。田村美子(40)がカウンターで酒を飲んでいる。藤堂春樹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1785字
私はため息をついた。だいたいの検討だが、これからもずっと私の話は全く聞き入れてもらえないだろう。全くもって楽観的な予測をする気になれない。私を捕えた厳つい警官 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:黄色い挫折 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:378字
<人物>英雄(18)大学生豆代(16)英雄の彼女<本文>○公園家族連れが多い公園。英雄と豆代、ベンチに座っている。英雄、豆代から渡された弁当を広げる。弁当の中に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの快楽 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:211字
ゲルというのは、知っているか?モンゴルの移住できる家のことだ。そこで飼われている動物の中にアルパカもいたのだ。ただし、ほかの動物に餌を食べられ、自分の餌は少なか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にしのりんご お題:記憶の発言 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:795字
多分ここが地獄なんだろう。僕の神様は罰しないから、代わりにとは思うけれど、よくよく考えれば面白半分なのか。……なんて言ったけれど、実際のところ僕以外の人間の感覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:鈍い消しゴム 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1258字
<人物>大木拓也(23)営業背戸正臣(25)拓也の先輩・営業社員A女子社員<本文>○電車 通勤で混雑している満員電車。 大木拓也(23)が吊革にぶら下がり、ウト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死の沈黙 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1215字
愛が死んだ。比喩ではない。今、私の胸の中で確かに、愛が死んだのだ。雨の日に、浮かれて道に飛び出した蛙が車のタイヤの下敷きになるように。いとも簡単に、死んだのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:右の彼女 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1127字
相沢心(16)安川明人(16)生徒A・男生徒B・男生徒C・女○旅館の宿泊部屋 5、6人分の布団が畳まれている部屋。 部屋に、男女のグループ合わせて8人がクジを囲 〈続きを読む〉

NAOの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:緩やかな草 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2109字
目を開けると空。青々とした色彩が眼球を色鮮やかに刺激した。これほどまでに美しい目覚めは初めての体験だった。何せ野宿などした事がない私としては青空での目覚めは未経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:勇敢な私 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1708字
この世で苦手なものが二つある。オカルトとか残虐描写だ。私は幼稚園の頃、アニメの怖い場面を見てしまった事がある。暗い廊下で脅かされた事もある。怪談を聞いて夜眠れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:阿修羅山 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2150字
年老いた男が奇怪なものを見る顔をした。だが、それは仕方がない事だ。「あんた正気かい」「そう言われても無理はないですね……」申し訳なさそうにそう言ったのは、いかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:軽いにわか雨 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2137字
祖父が二週間前に亡くなった。葬式は親族間で慎ましく行われ、滞りなく埋葬まで済ませた。僕は学校から帰った後は体を動かすのが趣味だ。とにかく走ると忘れられる。怒られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:汚れた牢屋 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2068字
目を開けると闇があった。薄暗い闇が空間を支配しているのを僕は感じた。明かりはない。明かりが見えない。闇だけだ。絶望的な孤独がこの世のどんな毒よりも蝕んだ。ただし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:やわらかい殺人 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1367字
散らかった部屋の中に入ると、粘土状の死体があった。死体は人の形をしていたが、薄い橙色をした粘液の塊となっていた。ぬめった人の形がちゃぶ台から離れた位置で不自然に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:鳥のもこもこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1864字
若い女が一人。籠の中を眺めている。「もこもこ〜、もこもこ〜ごはんだよ〜。もこもこ〜、もこもこ〜ご飯だよ」奇妙な鼻歌を歌いながら籠のなかを恵理は見ていた。セキセイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:今日の失望 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1887字
長時間机に向かっていると体が訛る。といっても学生やリーマンの話ではない。文章を作る時の話だ。僕は沖。しがない作家だ。恋愛、SF、ホラーとジャンルは問わないがいろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:紅茶と光景 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1802字
郵便ポストを見て仰天する体験なんて後にも先にも今回だけだろう。上品な便箋。上品な封筒。こんな上流階級が仲の良い人だけの文通に使うような紙でしたためた手紙など今後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:NAO お題:絶望的な酒 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1789字
大都会の小さなネオンが中年の男の顔を照らしていた。中肉中背で、顔だけが初老の様にしわくちゃで頬に小さな古傷のあとが残っている。表情そのものは穏やかだが、黒いスー 〈続きを読む〉