お題:左の神話 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1057字

愚かな右利き
 左利きの人は天才が多い。
 そういう風潮が、南タモツは嫌いだった。
 彼は左利きであるが、ちっとも天才ではなかった。
 それなのに、人は左利きであるというだけで、タモツを持ち上げるのだ。
 そして、彼が平々凡々であることに気付くと、落胆したようにため息をつき、今度は排斥し始める。
 「並んでご飯を食べると邪魔だ」とか、「右利きじゃないから字が汚い」とか、そういう叩く理由を見つけては、タモツを追い詰めてくる。
 挙句、「右利きに矯正されなかったってことは、育ちが悪いんだね」なんて面と向かって言ってくる者すらいた。
 勝手に期待して、勝手に落胆して、更には人格攻撃なんてどうかしている。
 左利きが天才が多いという風潮以上に、タモツは愚かな右利きたちが嫌いだった。
 そもそも、この世は右利きに生きやすいように作られすぎている。ハサミやリングノートは元より、改札機や座席のつくりに至るまで。右利きが多いからと言って、ここまで物を右に置かなくてもいいだろう、と思う。
 左利きの人に天才が多い、のではない。右利きが愚鈍過ぎるのだ。
 タモツは最近、そう思うようになった。

「へえ、南くんって左利きなんだ」
 またか、とタモツは思った。
 声をかけてきたのは、同じ英語のクラスを履修している喜多川という女子生徒だった。
「わたし、左利きって憧れてるんだよ」
「なんで?」
 え、と喜多川は言葉に詰まる。詰まらせるほどに、タモツの返事は不機嫌だったから。
「だって……ほら、かっこいいし」
「どこが?」
 喜多川は下を向いた。
「ごめん、何かウザいよね、わたし……」
 タモツは「そうだな」と言いたくなったが、それを止めるぐらいの心の温度は持っている。
「いつもさ、わたし思うの。個性的な人間になりたいって」
 喜多川の見た目は、それに反しているとタモツは思った。量産型女子大生、だなんて言われて、ネットにさらされそうな格好をしていた。恐らく、キャンパスですれ違っても、彼女だと同定することはできないだろう。
「だけど、全然できないから……」
「左利きなんていいことないよ」
 タモツはそれだけ言って、席を立った。そろそろ次の講義の教室に移動せねば。
「わたし、左手で字書くの、練習しようと思ってるんだけど、コツとかって……」
 タモツは振り返らなかった。コツなんて知らない。こっちは生まれつきなのだから。
 個性か。タモツは歩きながら自分の左手の平に目を落とす。
 そんなものこの世界では、凡庸よりも酷いものだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:キサラギ お題:左の神話 制限時間:15分 読者:202 人 文字数:736字
「本日の担当はPくんになります」突然僕の名前を呼ぶ奴がいた。誰かと思えば何ということはない、いつもの定期連絡だ。この声が何とも機械音らしからぬ生々しい女の声であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の空 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:356字
文字が読めるようになってから、色のない本を手にとるようになった。ずっと白と黒の世界が広がっているのに、私の中に広がる世界はカラフルだった。ある時は外国の少年にな 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:茶色い始まり 必須要素:男使用不可 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:3531字 評価:0人
幼稚園児の頃、画用紙を全部茶色とこげ茶色のクレヨンで塗りつぶしたことがある。 先生がそれを見て両親に何かを言ったらしく、わたしは楽しいところと騙されて、心療内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:許されざる新卒 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1186字
「面接を担当する山下です。今日はよろしくお願いします」「はい、よろしくお願いします」 声が震えているな、と山下は目の前の学生を見た。 少しくたびれたリクルートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:マイナーなクレジットカード 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1074字
深夜1時を過ぎた頃、一人の女が神社の石段を上っていた。 乱れた長い髪の下、その表情は鬼気迫るものがある。手にしたハンドバッグの口からは、木槌のようなものが覗い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:大好きな理由 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1387字
「あたしのことを大好きな理由を5個挙げて?」 かわいい女の子にこんなことを聞かれるシチュエーション、正直僕は憧れていた。 だけど、こんな形で叶えたいとは思わなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:出来損ないの笑い声 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1079字
わたしの通っていた中学には、「蛇男」という怪談があった。 体育館の床下から「蛇男」の笑い声が聞こえてくる、というもので、在校生ならみんな知っている怪談であった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今度の負傷 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:964字
トシダ高校の野球部は呪われていると評判だ。毎年必ず大怪我する生徒が出る。 指導方法などの問題ではない。何せ、みんな練習中以外の時間に怪我をしているから。 5年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3220字 評価:1人
業界最大の登録者数を誇るコミック系SNS「コミック・コミュニティア」、通称「コミティア」。 ここではプロ・素人を問わず、多くの漫画家が日夜作品を発表し、しのぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽しい英霊 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1185字
どこの国の部族か忘れてしまったが、「プンナムパパラヤー」という祭りがある。 非常に楽しげな響きなので、そのインパクトある名前はよく覚えている。 「プンナムパパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:贖罪の会話 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1265字
こんな中学にしては珍しい、いい先生なのだと思っていた。 中二の時の担任の太田先生は、クラス内で孤立しがちな生徒によく話かけていた。 わたしが通っていた学校は結 〈続きを読む〉