お題:左の神話 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1057字

愚かな右利き
 左利きの人は天才が多い。
 そういう風潮が、南タモツは嫌いだった。
 彼は左利きであるが、ちっとも天才ではなかった。
 それなのに、人は左利きであるというだけで、タモツを持ち上げるのだ。
 そして、彼が平々凡々であることに気付くと、落胆したようにため息をつき、今度は排斥し始める。
 「並んでご飯を食べると邪魔だ」とか、「右利きじゃないから字が汚い」とか、そういう叩く理由を見つけては、タモツを追い詰めてくる。
 挙句、「右利きに矯正されなかったってことは、育ちが悪いんだね」なんて面と向かって言ってくる者すらいた。
 勝手に期待して、勝手に落胆して、更には人格攻撃なんてどうかしている。
 左利きが天才が多いという風潮以上に、タモツは愚かな右利きたちが嫌いだった。
 そもそも、この世は右利きに生きやすいように作られすぎている。ハサミやリングノートは元より、改札機や座席のつくりに至るまで。右利きが多いからと言って、ここまで物を右に置かなくてもいいだろう、と思う。
 左利きの人に天才が多い、のではない。右利きが愚鈍過ぎるのだ。
 タモツは最近、そう思うようになった。

「へえ、南くんって左利きなんだ」
 またか、とタモツは思った。
 声をかけてきたのは、同じ英語のクラスを履修している喜多川という女子生徒だった。
「わたし、左利きって憧れてるんだよ」
「なんで?」
 え、と喜多川は言葉に詰まる。詰まらせるほどに、タモツの返事は不機嫌だったから。
「だって……ほら、かっこいいし」
「どこが?」
 喜多川は下を向いた。
「ごめん、何かウザいよね、わたし……」
 タモツは「そうだな」と言いたくなったが、それを止めるぐらいの心の温度は持っている。
「いつもさ、わたし思うの。個性的な人間になりたいって」
 喜多川の見た目は、それに反しているとタモツは思った。量産型女子大生、だなんて言われて、ネットにさらされそうな格好をしていた。恐らく、キャンパスですれ違っても、彼女だと同定することはできないだろう。
「だけど、全然できないから……」
「左利きなんていいことないよ」
 タモツはそれだけ言って、席を立った。そろそろ次の講義の教室に移動せねば。
「わたし、左手で字書くの、練習しようと思ってるんだけど、コツとかって……」
 タモツは振り返らなかった。コツなんて知らない。こっちは生まれつきなのだから。
 個性か。タモツは歩きながら自分の左手の平に目を落とす。
 そんなものこの世界では、凡庸よりも酷いものだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:キサラギ お題:左の神話 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:736字
「本日の担当はPくんになります」突然僕の名前を呼ぶ奴がいた。誰かと思えば何ということはない、いつもの定期連絡だ。この声が何とも機械音らしからぬ生々しい女の声であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 お題:フニャフニャの風 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1081字
春の風。鋭いものの、そこに確かに暖かみと、どこか優しさを感じることが出来る。と、言えるのは私が花粉症ではないからであり、風が吹くたびにマスクをした人たちがとて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:東京の俺 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:472字
東京の俺から電話がかかってきた。「久しぶりだね。元気でやってるかい?」「まんずまずだっちゃよ。そっちこそ体は悪くしてねえべか?」「うわあ、すげえ訛ってんな。大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:高貴な勝利 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:400字
神の意思のもとに我が背に続け。我らの道の先に勝利がある。 馬に跨り、鎧に身を包んだ騎士は、眼前に集ったガラトキの民にそう呼びかけた。彼らは騎士の声に導かれ大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふわ ゆー お題:日本式の失敗 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:323字
日本式の失敗か資本主義のオッパイかと問われれば、世の男性の3分の2は後者を取るだろう。残り6分の1はケツ派で、残り6分の1が足裏フェチである。さて、今私が犯して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:うへへ、ダイエット 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1324字
荒れ果てる大地。その中でただ一人佇む。(いや、二人、か)私の足から出ている影。"何も無いところ"から伸びる影。その2つを見つめながら思い直す。私には姿が見えない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:冷静と情熱の間にあるのはパソコン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1088字
「インターネット老人会」なんて言葉がある。ネット上の流行やサービスの変化速度は速く、ほんの5年前のことでもレトロ扱いだ。それが、10年20年となるともう目も当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:天国の遭難 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1321字
どこまでも続く、真っ白な空間。東西南北どころか、上下左右の感覚すら曖昧になる。 ここは一体どこなんだ? 尋常の世界ではないことは確かであろう。 一番近い記憶は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:美しい土地 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1243字
見るがいい、と老人は部屋のカーテンを開けた。 大きな窓の向こうには雄大な平原と山々が広がっている。「この美しい景色こそが、私の最大の宝だ……」 そこでプツリと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:可愛い視力 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:3612字 評価:0人
「有馬さ、ちょっとチョづいてるよね」 田嶋の言葉に、「そう? そうかも」とわたしは一応の同意を示しておく。「やっぱヨネもそう思ってんの?」「思う? うん、まあ思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かと恋 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1299字
みーちゃんは言った。「恋とは落ちるものなのよ」と。「恋をしている間は、本当に恋なんてしていないの。恋とは落ちるものだから」 謎かけのような言葉だ。「答えになら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた王子 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1242字
成田って苗字だったので、そいつは「ナリキン」とか「王子」とかって呼ばれていた。 家が会社をやってて、お父さんが社長で、甘やかされて育ってきたんだな、と思わせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1095字
郊外に建つとある研究所に、ある夜雷が落ちた。 その衝撃で誕生したのが、ゾンビライオンである。 実験動物として秘密裏に飼育されていたこのライオンは、研究所に買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:あいつの薔薇 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1364字
木崎くんは常に、制服の胸ポケットにバラを差している。 わたしはそれが気になってならないのだが、誰に言ってもおかしな顔をされる。 「そんなのしてないよ」というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:赤い食卓 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1106字
「今日のお夕飯は、ナポリタン、エビのチリソース炒め、そして冷やしトマトよ」 私の妻は、赤い料理しか作れない。 料理自体はうまいのだが、何の縛りプレイなのか、宗教 〈続きを読む〉