お題:汚い狸 制限時間:2時間 読者:132 人 文字数:2175字

狸は今日も煙を吐く
大村健人は人には見えないものが見えた。
観念的な話ではなく、字義通りに人とは異なるものが見えるのである。
それは人の影のようなものが中空を平然と歩く姿だったり、宵闇の中でぼんやりと灯る火の玉であったりした。

自身の眼が常人のそれとは異なる物を映していることを自覚したのは健人が小学校中学年になってのことだ。

当時は秘密基地に憧れていた。
秘密という言葉を聴くだけで何か特別な物のように思え、基地という言葉がとてもかっこよく耳に響いた。
その二つが合わさっているのだから考えなど一つだ、自分も作るしかない。


丁度よく健人の家の裏が山になっていたのもあり、その時仲の良かった友達を誘って基地を作り始めた。

皆で資材を持ち寄り、一見しただけでは見つけられない奥まった場所に基地を建てた。
一番距離が近いのは無論健人だったため、一番秘密基地を利用したし、一番資材を持ち込んだ。

皆が帰る中一人だけ残っていることも珍しくはなかったが、取り立てて寂しいというような感情は湧かなかった。
自分の部屋以外の自分の場所を、自らの手で作り出したという愛着があったし、一人森の中で木立のさざめきを聞きながら呆けるのもなんだか性に合った。

それから暫くしてのことだ。
物珍しさも失せたのか友人たちはすっかり秘密基地に寄り付かなくなった。

健人だけは気の向いたときに足を運んでいたその折に、一匹の狸と出会った。
日が暮れはじめ、そろそろ帰ろうかと考えていた矢先のことだ。

「タヌキ?」

秘密基地を森に立てて暫くしても、健人は動物の類を目にした試しがなかった。
人気があるのを嫌ったのか分からないが、何かしらの音が聞こえることはあれど姿を見たのは初めての事だ。

ちょっとした警戒を抱いて狸から目を外さずにじっと見ていると、そこで驚くようなことが起こった。

「なんでえ兄ちゃん、じっとこっちを見てよぉ。挨拶もなしかい?」

世の辛酸を酒とともに飲み下したかのような、しゃがれた声で狸が喋った。

「しゃ、しゃしゃしゃべ!?」

慌てて尻もちをついた健人を見て、狸は人間らしく眉を顰める。

「狸が喋っちゃおかしいのか? 人間が喋るんだからそりゃあ狸も喋るだろうよ。失礼な奴だ」

狸は腰を抜かした健人の腹に器用に飛び乗ると、目を細めてまじまじと顔を見つめてくる。
一見するとかわいい顔をしていたが、その顔から酒ヤケのような声が出るのを聴くとどうにもちぐはくに思えた。

「ああ、お前さんモグリだな。俺みたいな奴を見るのは初めてか。こいつぁいけねえ」

狸は二本足で器用に立つと腕を組んでうんうんと唸る。
いい加減状況にも馴れが出てきたのか、腹に乗られているのがいやに重く感じる。

「お前さんみてえな奴はこっち側に迂闊に入り込みやすい。しゃあねえ、俺がちょいと節介焼いてやろうじゃねえか」

「は? 節介?」

「おうよ、夜の世界の歩き方ってやつだ」

狸が小さい手をこちらにちょいと差し出してきたので健人は習ってその手を掴む。

「違う違う、握手じゃねえよ。分かるだろ? 教わるんだぜ? 紙煙草の一本位は寄越したって罰は当たらねえだろ」

「んな!? 狸のくせに煙草吸うのかよ!」

「癖にってなんだよ、狸が煙吸っちゃあわりいのか」

狸はおもむろに後ろの毛皮へ手を突っ込む。
ごそごそと何かを探すような仕草をするとすぽっと何やら毛皮から引き抜いた。
マッチと、それから一本の煙草だ。

「躾のなってねえガキだぜ」

器用にマッチを擦って火を点け、煙草に灯す。
旨そうに煙を燻らせる姿は到底狸には見えない。

「ま、取り敢えず物が見えすぎる奴の心構えってのを教えてやっから明日っから煙草持って来いよ、一本でいい。格安だぞ」

「なんて・・・」

「うん?」

「なんて・・・性根が汚い狸・・・」

「うるせえ」

実にケチ臭い狸ではあったが、煙を好む偏屈な狸だけあって教え自体は有用なものだった。
危険な物に出会わない方法から、出会った場合の対処まで狸は雄弁に物を語ったし、時には健人のまだ知らぬ世俗や一般的な常識まで説いて見せた。

健人が今まで健常に生きられたのは一重に狸のお蔭と言って良い。

それから幾ばくかの時が流れ、健人自身にも良識が付いた頃。健人は以前から気になっていたことを一つ、煙草と引き換えに質問した。

「お前ってさ、教え方上手いし妙に人慣れしてるけど・・・もしかして俺の前にも誰かに教えたりしてたのか」

「うん?」

健人の問いに狸は首を傾げると、当が得たように膝を叩き呵々と笑った。

「なんだ、気付いてなかったのか。演技だよ、演技。お前みてえな狸と喋れる人間なんざ、俺も見たのは初めてだ」

「んな! だましてたのかよ!」

「目の前で煙草がうろついてんだ。そりゃ、吸うだろ?」

当然なことだと言わんばかりに、狸は景気よく煙を吐いた。

「お前って・・・ほんと、汚い狸だな」

狸に対して抱いていた尊敬の念がさらさらと音を立てて崩れていくのを感じる。
狸は肩を落とした健人を見るとにやっと不敵な笑みを浮かべる。

「ちがいねえ」

天に煙を吐きつけた狸は、今日も実に旨そうに健人が持ってきた一本を吸っていた。






作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:藍色の何か。 お題:昨日の独裁者 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:2238字
「・・・昨日は大変だったね。」「・・・そうだな。」‘はぁ・・・’と吐息を吐くおれ達は単なる中学生だ。中学三年生。そう。科学が一番難しくなるときだ。時は昨日の三教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霜月 青鈍 お題:彼女の人 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1517字
今日も僕と彼女は僕が住むアパートの狭い和室で一日を過ごしていた。 日が暮れてきて薄暗くなった部屋で僕達は夕食の支度を始めた。 僕は壁に立てかけてある折りたたみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:刹那の夕飯 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1034字
柔らかく煮込まれた大根細かな切れ込みの入ったこんにゃくきっちりと結ばれた昆布に、出汁をよく吸って太ったちくわ。卓上ガスコンロによって背丈の増した土鍋は、向かいに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:官能的なコウモリ 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:710字
君はまるで蝙蝠だね、と云われた。ひどく紳士的な口調と物腰で云われたものだから、一瞬褒められたのかと錯覚してしまう。そんなわけないか。蝙蝠と云えば裏切り者の代名詞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:1000の高給取り 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:3089字
所詮貴方には成れない。そんなこと知っているけど?と身体の細胞が震えている。それとも、震えているのは私の身体だろうか。この世界は強者と弱者で構成されているらしい。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ありきたりな人々 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:1557字
ある日、偉い人が言った。「近頃の若者は、みんな揃って同じことばかり」「同じのっぺりとした顔をして、光のない瞳をして。話しかければ帰ってくるのは同じ答えばかり」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばにすか お題:彼女が愛した保険 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:690字
「いいお天気」5月の太陽が眩しくて、ため息みたいに言葉が漏れた。屋上からは青い空と、灰色の建物が見える。今日は一際、その色が濃く濡れていた。夏はすぐそこだと言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遠い病院 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1649字
ここがどこだかわからない。いや、そういう意味じゃなくてね。例えば古代の英雄ならば戦いの中に居るはずだ。そして華々しく、劇的に死ぬ。それはいいんだ、別に。いや、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ラ@メルスト お題:トカゲの小説合宿 制限時間:2時間 読者:22 人 文字数:1106字
暑い日だった。あの時はそんなことを気にもとめず、足下に転々と染みを増やすそれから目が離なかった。「ここな、虹色のやつがいるんだ」そっと耳打ちをしてにんまり笑った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:椎名 葛 お題:薄汚い空 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1366字
「ピアノよ」「ピアノ?」「そう、ピアノが聴こえるの」灰色に霞掛かる青い青い空の下で、彼女は僕に言った。「拙くて、でも耳に残るの。誰も居ないのにその音だけが聴こえ 〈続きを読む〉

ppw21の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:僕が愛した宴 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:708字
時折吹き抜ける風が周囲の木々を騒めかせ、煌々と光を放つ熾を爆ぜさせる。 パチリと飛んだ火花が顔の表皮をさらっては熱さを残して消えていく。 「俺さ」 揺蕩う火の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:来年のダンス 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:899字
「俺さ、ダンス苦手なんだよ」 意を決して放った一言に、きょとんと眼を丸くして、それからトニーは鼻で笑った。「あー、いいかマイク。お前には、そのー、ショッキングな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たこやき ※未完
作者:ppw21 お題:暗い哀れみ 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1006字
今以て立ち返るに、僕は所謂「デキる」人間ではなかったと思います。 素行こそは真面目でしたが、学校の成績はどのような時でも学年の中頃で収まるくらいで、運動に至っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:突然の命日 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1379字
数カ月前、国際連合が全世界に向けて一つの宣告をした。 半年後、宇宙より飛来する巨大な隕石によって、地球は致命的なダメージを被り、崩壊する。 初めの内はノストラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:ロシア式の悪 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:1100字
「友よ、ロシア式の悪とはなんだ?」 友人の唐突な質問に俺は図らずも片眉を上げる。 いつものことながら何かにつけ、不躾な奴なのだ。 ついこの間も、弁当の中に入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:意外!それはバラン 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:862字
「こんなはずれに呼びつけて、何用だ? バラン」 クロコダインはぐるりと辺りを見渡す。人里どころか草木の一本も生えていない岩肌の見える荒地だ。 本来であればこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:寒い諦め 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:626字
冬が近づいてくると、俺は決まってあることをする。 ふと、寒いなと感じたときに空に向かって息を吐くのだ。白くなればそれなりに寒くて、白くならなければまあまあ寒い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
所天 ※未完
作者:ppw21 お題:意外なところてん 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:876字
ダイニナカ島に住む島民は少し変わっている。 小さな顔に大きな目をしていて、目には鋭い瞳孔がある。ピンと先の尖った両耳に、お尻からはにょろりと尾が伸びる。 手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:漆黒の闇に包まれし団欒 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:486字
「随分なところまで来ちゃったな」 どこか疲れたような調子を伴う明の声に、悠里は頷いた。「そうだね」 熾の多くなった焚火を眺めて、思い立ったように悠里は腰を上げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:悔しい野球 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:834字
私には父親がいない。理由は分からない。 物心がついた頃には父が居なかった。所在をわざわざ母に訪ねるほどの度胸や神経もなかった。 故に今後もなぜ父がいないのか、 〈続きを読む〉