お題:見知らぬ狙撃手 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:807字

左手は…
 腹痛い。
 めっちゃ腹痛い。
 トイレに行きたい。

 登校中、俺は急激な腹痛に襲われていた。何故だ。家出る前に既にうんこしてきたというのに…。それだけに、この便意は予想外だった。

「次は鶴橋、鶴橋です。JRに乗り換えのお客様は、この駅でお降り下さい」
 ぎゅうぎゅう詰めの電車に揺られながら、1人腹痛と戦っていた。次の駅までの辛抱だ。あと少し…

「くっさ」
 後ろにいた漫画村を読んでいる男が呟いた。
 しまった、気付かないうちにオナラをしてしまったか?
 公共施設の空気を汚さないようには意識していたのだが…くそっ。糞だけに。


「鶴橋、鶴橋です。お忘れ物のないようご注意下さい」
 来た。俺は他の客を抜けて扉に最接近。開いた瞬間、一目散に駆け出した。

「どこだ?トイレは…」
 案内板を見て場所を確認する。この階段を下りればいいようだ。


 階段に足をかけたその時、通勤通学中の駅という日常的な世界とは、到底不釣り合いな音が響いた。

 銃声だ!

 しかし俺はそんなこと関係ない!

 実が今にも出そうな肛門を必死で閉じながら、階段を駆け下りていた。
 銃声など聞き間違いだろう。余りに漏れそうだから幻聴がするだけだ。

 しかし、それは間違いだと知るまでは一瞬だった。

「痛っ?!」

 もう一度響いた銃声。耳にすると同時に、肩に尋常でない痛みが走った。
 手で押さえると、手の平が血塗れになっていた。

「くっ……」

 思考が追いつかない。何故俺は撃たれた?俺は生きられるのか?このまま死んでしまうのか?

 俺はうんこを漏らして死ぬのか?

 嫌だ。漏らしたくない。昨日焼き肉食ったから絶対臭い。漏らしたくない、漏らしたく…


「あぁぁっ!?!」

 3発目の銃弾が足に直撃した。俺は階段を転げ落ちた。
 足に手を当てた右手は血塗れになっていた。

 そしてお尻に手を当てたひで

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:みっぴ変態論 お題:見知らぬ狙撃手 制限時間:2時間 読者:147 人 文字数:3847字
部屋に戻ってきて、私はまずシャワーを浴びる事にした。浴室で今日一日のことを思い出してみる。大半は移動時間だったけれど、海は綺麗だし、部屋は広いし、食事はおいしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:女の猫 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:142 人 文字数:751字
女にふられ続けた俺はついに、家で飼っていた雌猫に欲情するようになった。雌猫に愛をささやき、そっと優しく撫ぜてやったりしていると、雌猫が何と人化するという奇跡が起 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:たった一つのコウモリ 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:1085字
駅前で、赤い1つのコウモリ傘が僕を待っていた。ニコニコしながら立っている、髪の長い女の人。赤いワンピースを着ていた。僕な黄色い帽子をぎゅっと握りしめ、僕の知らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥のオンラインゲーム 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:185 人 文字数:818字
きっと、空も飛べるはず。昔、有名なロックバンドが好きだった彼女が、山道から見下ろした街を見て、一言つぶやいた。当時の俺は、そんなくだらない冗談にも同調して、きっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:未熟者 お題:人妻のモグラ 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:283 人 文字数:2077字
あるところに、モグラの穴に繋がる便器が存在した。 その便器はとある住宅の一階に備え付けられた一般的な洋式トイレであり、見た目には何一つ特筆するものはないごく普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緑の星 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:285字
部屋の窓から夜空を見上げると、一つの光りが目にとまった。それは緑色に輝く星だった。その光りは一際輝いて見えた。徐々に輝きを増しているかのようにも思えた。その星が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:マラソン お題:壊れかけの小説練習 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:694字
胃の中は空っぽでもう吐く物もない。出来心で呟いただけだったのに、こんなことになるなんて。ドアの外から心配の声が聞こえる。そろそろ部屋に戻らなければ。流されていく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざるあいつ 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:1337字
「なんだよこれ、あのさあ、いや……」 弱弱しく呻く声は狭い個室の中、柔く反響しては消えていく。 引かれた少しばかり毛の硬いマットの上、声の主である男は洋式便器と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:マルチ お題:恥ずかしい彼方 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:256 人 文字数:843字
我は便器である。ただの便器ではない。ウイルス対策ソフトである。平仮名にしてはいけない。兄弟には扇風機やゴキブリ、林檎や馬や太陽や手のひらがいる。我が家族にながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:斧寺 お題:見憶えのあるダイエット 必須要素:便器 制限時間:30分 読者:407 人 文字数:909字
久美は便器の前に立っていた。和式の便器だ。ここは学校の便所である。彼女は何としても痩せたいという思いを胸に秘めて、そこにいたのだ。決心をつけ、便器の上に乗った 〈続きを読む〉

小栗ジョンの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:素朴な山 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1022字
山に登りたい⛰ ラムネを飲んでいるとき、不意にそう思った。 何故私は山に登りたいのだろう? それは、山には神様が住んでいるからだ。 山の神様は、どんな願いも叶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:つまらない修道女 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1350字
「あー」 あー これはあれ アメリカ 貞子の家 略してミラクルジェット 氾濫した池に入った三毛猫 助けようとしてマヨネーズの海に溺れる そうか、そういう事だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:簡単な独裁者 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:9字
トマトが食べたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:名前も知らない足 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:987字
家の隣のそのまた隣。 雑草が生い茂った空き地。 そこには大きな足があった。 太くて僕の背くらい大きい、でも明らかに人間の足であるそれが、空き地に転がっていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:頭の中の小説練習 必須要素:若者使用不可 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1023字
ピンポーンとチャイムが鳴った。 うーん、今いいとこなのになぁ…と思いながら腰をあげる。「はいー」「宅配でーす」 メガネのおじさんが荷物を持って待っていた。これ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:真紅の怒りをまといし排泄 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:845字
その試合結果を見て絶望した。 33-4。 あり得ない。 飲み会で集まる直前に確認したときは、4回裏終了時点で0-4。阪神が4点もリードしていた。エース菅野から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:捨てられたピアノ 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:897字
捨てられたピアノはそこにあった。 それを目にした瞬間、助けを求められている感じがした。 使い古されてできた傷はただの汚れには見えず、持ち主に愛された印に見えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:知らぬ間の「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:836字
目にも留まらぬ速さでこちらに駆けてきた者の名は、赤田智和。イタリア人とサウジアラビア人のハーフで、ブラジル国籍を持っている。「How are you?」 全力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:明日の銀行 必須要素:1000字以上 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1093字
「強盗だ!!金を出せ!!」 そう大声で叫びながら、銃を持った男が銀行に押しかけてきた。一瞬で場は大混乱に陥り、逃げ惑う人や立ちすくむ人がほとんどだったが、写真を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:静かな躍動 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:741字
「マジか」 玲奈の手に掲げられたそのチケットを見て私は呟いた。「マジやで」 玲奈は無表情を装っているが、頬が僅かに緩んでいるのがわかる。 私が教室に着いてすぐ話 〈続きを読む〉