お題:愛と死の沈黙 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:1215字
[削除]

愛の幻
 愛が死んだ。比喩ではない。今、私の胸の中で確かに、愛が死んだのだ。雨の日に、浮かれて道に飛び出した蛙が車のタイヤの下敷きになるように。いとも簡単に、死んだのだ。
「そう、ね」
 声が裏返りそうになるのを必死で隠しながら相槌を打つ。大丈夫、きっと大丈夫だ。机の上で組んだ手が震える。ばれるな。隠し通せ。
「ああ。結良のことが嫌いってわけじゃねえけどさ、ほら、なんか違うじゃん」
 私はそうは思わないよ。あんたと始まるって、考えてた。それなのに。たった一言で、さっきまで確かにこの胸の中にあったはずの熱が、驚くほどに冷めてゆく。恋愛は一人じゃできないって、誰かが言っていた。愛は二人ではぐくむものだって、誰かが言っていた。私たちの間にあったのは、愛じゃない。もっと、形のない、透明であやふやなもの。名前もない。吹けば飛ぶようなもの。
「あー、ほんと、出会いがねぇなぁー」
 真っ白なマグカップの中に入ったコーヒーを飲みながら、彰が言った。一口飲んで、「思ったより苦い」と悪態をこぼす。その薄くて形のいい唇に見惚れていた。私は一体、この男のどこに惹かれていたのだろうか。形のいい後頭部。痛みを知らない、つややかな黒髪。女の私がうらやむほどのパッチリ二重。私よりこぶし一つ分高い背。薄すぎない胸板。節張った手。バランスよく筋肉のついた脚。少し甲の高い足。
「結良もそう思わねえ?」
「そうね」
 今日の昼、駅前で彰を見つけた時は輝いていたはずのすべてが、今はくすんで見える。愛が死んだから。正確には、私が押し殺したから。彰にばれる前にと、脈がないとわかった瞬間に、殺した。私は、飛び出した雨蛙じゃない。ひき殺した、車のほうなのだ。
「聞いてる?」
「うん」
 コーヒーカップを置く、ガチャリという音が耳に突き刺さる。そういうところ、ほんと乱雑なんだから。気になったけど、不思議とうんざりはしなかった。そんな小さなことよりも、死んだ愛の行方が気になるのだ、私は。彰の、くりくりと丸い双眸が私を見つめる。人懐っこいところだろうか。放っておけないところか。
「なあ、本当に大丈夫か」
 彰の顔が、ぐいと近づく。そういうところだよ、あんたの。こういうところが、私の心にするりと入ってきて、隙間を埋めていく。安心してたんだ、ずっと、この温度に。彰が、私の心の隙間を埋めてくれた、ぬくもりに。
「結良」
「ああ、うん、大丈夫」
 もう決着がついたから。
「課題のやりすぎで、疲れてるのかな」
 ぐー、と体を伸ばして、ごまかした。気が付かれないように、静かに、気持ちに蓋をした。
 きっと、私たちの間に会った感情は、依存だ。愛のない。癒着に近い、依存。開いた隙間を埋めるように、ぴったりとくっついていただけなんだ。
 ねえ、そうでしょう? と愛に語り掛けても、何も返ってこなかった。投げかけた言葉は、愛がいたはずの心の隙間に落ちて、霧のように消えた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:冷静と情熱の間にあるのは博物館 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2512字
海の近くの小さな文学館。響きだけでなかなか美しいものだけれど、なんと私が住んでいる街に本当にあった。それを知ったのは何ヶ月も前で、そしてずっと行っていなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:戦争と男祭り! 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:456字
昔々、ある国に殿様がおってな。 その殿様は、ある悩みを抱えておったそうな。「のう、百姓どもを皆、兵にできぬのか?」「それはなりませぬ。そのような事をなされれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:賢い小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1384字
(今日は佐藤悠二さんの誕生日です)久々に開いたPCのディスプレイに表示されて、息を飲む。 何年か前に、悠二は死んだ。 酒も飲まずに夜を持て余していて、吸いたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:誰かは食堂 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:369字
昼の時間、学食が混雑する光景は、何処でも見られることだろう。 席の奪い合いが激化するのは、必然の事である。 一番――恐らく、誰しもが考えるのが、より早く食堂へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シーシュポス条件 お題:日本霧 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:912字
真っ白な霧に覆われた道路を一両の車が走る。僅か先しか見渡せないほどに霧は濃く、まるで異世界に迷い込んでしまったかのような気分さえ車内の彼らに感じさせた。「ここ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:hoge お題:死にぞこないの錬金術 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:922字
陰鬱な黒い山脈を背に、その小屋は、ぽつんと立っていた。 私がこんな場所に来たのは、迷ったわけではなく、依頼を受けた為だ。 内容は、この小屋に住む錬金術師から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おかゆはガチャに課金しない お題:昼間の演技 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:739字
青い器に盛られたスープは透明感のある赤褐色で、まだ湯気を立てている。冷たく冷えた指先を器に押し当てて暖を取りながら、付けっ放しのテレビを眺め、レンジの中で未だ回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:黒い即興小説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:465字
(公表された内容) ■■■■■、■■■■■■、■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:経験のない体験 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:654字
紺碧の海を臨む小さな村に、檜皮色の小さな教会が建っている。 その教会には、木彫りの聖母像があり、彫像は村の名物となっていた。 彫像は村の人々に大切にされてきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:遠い彼方 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:579字
宇宙人との接触。それは人類の見果てぬ夢だ。 我々は、過去何度も外宇宙へ探査船を送り、調査を続けてきた。 だが、未だにその夢は成就できずにいた。 もう何度目の打 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの兄 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ぼくはね、兄さんが羨ましかったんだ。 明るくておしゃべりが上手で、友達がたくさんいて。宿題をサボったことなんてなかったし、授業で当てられても、いつもきちんと答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉