お題:走る転職 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:342字

走る転職と夢露
走る転職と夢露

夢露は走っていた
行く先はわからない
彼にとってのその夢に向かって走り続けていた

途中幾度もその夢を遮る人が現れた
「ごめん、いかなきゃいけないんだ」
彼は決まってそう返していた

また幾度も彼をサポートする者もあらわれた
「ごめん、それじゃ意味ないんだ」
彼は決まってそう返していた

そしてようやく彼は夢にたどり着いた
そこには赤いドレスを着た女性がいた

女性はこうたずねてた
「ここまで走ってきたの?」

夢露は彼女の言葉につられるままこう答えた
「うん」

あんなに他人を振り払ってきた夢露は
自分で話した言葉に驚きを隠しきれなかった

そして彼は夢にたどり着いたと同時に
また新たな夢を描かなければならないんだな

彼女と出会いそう感じたのであった

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:たら子 お題:気高い秋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:886字
秋になると思い出すことがある。それは、夕方の色をした川縁だったり、美味しそうにふわふわと揺れるススキの束だったり。その中でも唯一無二の記憶は、実家の縁側で寝そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
針と糸 ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:楽しかった外資系企業 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:308字
それは記憶の紡績工場。いまなお続く老舗のお店。暗い暗い暗い暗い、しかし光る絹の糸。あすこが貴方の居場所でしょうよ。解こうとしても解けないんだもの。御誂え向き。嗚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:見憶えのある耳 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1332字
大学時代の田中という友人がとんでもないことになっていた。 SNS上でコンタクトを取ってきたので、気楽に「じゃあ久しぶりに会って飲もう」と言ったのが間違いだった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:たこさん お題:見憶えのある本 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:399字
伸ばした指先をじっと見つめる。視線の先には、薄汚れた古い本があった。屋敷の中でも、誰も来ない書庫の一番奥。なぜか、私はその本を知っていた。ただ、中身が思い出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女が愛した屍 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:718字
「火葬だなんてとんでもないわ」 それが敬虔なクリスチャンだった彼女の口癖で、なんでも来るべき救済のときに、人は元あった肉体で蘇るのだから、燃やしてしまうのは言語 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひのえ お題:鋭い罰 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1080字
「おっと」 ぼくはなにかを踏んだ気がして、立ち止まった。 場所は駅の中。とはいっても、雑踏の中でというわけではない。人はまばらで落ち着いた田舎の駅の、ホームの入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:記録にないいたずら 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1174字
「……もしもし?」 午後10時、鳴り響いた電話の受話器を取って、わたしは呼びかけた。「……、……、……」 返事がない。ゴボゴボというようなくぐもった音だけが聞こ 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:少女のコウモリ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:83字
少女のコウモリと楓楓はコウモリを大事にしていたコウモリは怪我でおちていた楓が拾ってきたもの楓は大切に育てて元の場所にそっと戻した夏の風はやはり気持ちがよい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:記録にないいたずら 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:226字
「ないない」必死に探したそれはもう、鞄の中も全部ひっくり返して探した「どういうこと」家に着くまでの道をまた歩いた少し暗かったけど仕方が無い「ないない」それでもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:夜と小説の書き方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:87字
勝はダンスしていた。すると心臓を突き刺すような痛みが現れた。「なんだ、あの戦いの傷か。」疑問がはれて勝は少し安心した。再びダンスにもどった。外は熱帯雨が激しかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京のデザイナー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:110字
東京の自宅で寛は部屋の掃除していた。すると、なにやら見覚えのないハガキが現れた。「なんだ、あの年賀状か。」疑問がはれて寛はふっと安心した。そして再び部屋の掃除に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:愛すべき小説家 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:123字
僕はなんとなくツイッターで小説を投稿していた。すると、なにやら熱狂するツイートが。「!?」僕は部屋のまわりを観察してみた。「ああ、テレビでサッカーやっていたのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの失踪 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:91字
鈴は買い物をしていた。すると、なにやら変な声がきこえた。「なんだ、おばさんか。」疑問がはれて鈴はすっきりした。そして再び買い物にもどった。帰り道は小蝿が顔にあた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:わたしの嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:90字
来は肉を焼いていた。すると、なにやら変な鳴き声がきこえた。「なんだ、近くの鳥たちか。」疑問がはれて来はすっきりした。そして再び肉にもどった。火力をあげて夜を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:早すぎた夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:81字
轟は散歩をしていた。すると、なにやら虫が現れた。「なんだ、新種の虫か。」疑問がはれて守はすっきりした。そして再び散歩にもどった。夏の夕方はやはり明るい。 〈続きを読む〉