お題:走る転職 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:342字

走る転職と夢露
走る転職と夢露

夢露は走っていた
行く先はわからない
彼にとってのその夢に向かって走り続けていた

途中幾度もその夢を遮る人が現れた
「ごめん、いかなきゃいけないんだ」
彼は決まってそう返していた

また幾度も彼をサポートする者もあらわれた
「ごめん、それじゃ意味ないんだ」
彼は決まってそう返していた

そしてようやく彼は夢にたどり着いた
そこには赤いドレスを着た女性がいた

女性はこうたずねてた
「ここまで走ってきたの?」

夢露は彼女の言葉につられるままこう答えた
「うん」

あんなに他人を振り払ってきた夢露は
自分で話した言葉に驚きを隠しきれなかった

そして彼は夢にたどり着いたと同時に
また新たな夢を描かなければならないんだな

彼女と出会いそう感じたのであった

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の空 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:356字
文字が読めるようになってから、色のない本を手にとるようになった。ずっと白と黒の世界が広がっているのに、私の中に広がる世界はカラフルだった。ある時は外国の少年にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、におい 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:107字
かつては人。今は肉塊。お前の時間はすでに止まった。溶けて残る味のない骨なんかいらない。ほしいのは、そう。人形を作っていたもの。「腐腐、腐腐ッ、愚腐腐…」「いい匂 〈続きを読む〉

かたぎりの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:群馬の黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:114字
自宅で禅はイヤホンしていた。すると、なにやら聞きなれない曲が現れた。「なんだ、あのランダムCDかか。」疑問がはれて禅は独り身みたいに気が楽になった。そして再びイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:斬新な超能力 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:106字
自宅で昴はティータイムしていた。すると、なにやら喉に詰まる症状が現れた。「なんだ、あのお菓子か。」不安がとれて昴は胸のつまりがとれた。そして再びティータイムにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:斬新な超能力 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:128字
尊はいつもと変わらず料理をしていた。すると、なにやらビービーと変な音が現れた。「そんなことある!?」尊は近くを探した。「なんだ、あのPC故障の警告音か。」不安が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:興奮した決別 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:98字
自宅で仁は瞑想していた。すると、なにやら雑念が現れた。「なんだ、あのあの子への気持ちか。」疑問がはれて仁はすっきりした。そして再び瞑想にもどった。こんな夏の終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:絵描きの同情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:133字
仁は繰り返すように髪のセットをしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「そんなことある!?」仁はあたりを見回した。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」不安 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:そ、それは・・・冒険 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:520字
そ、それは・・・小説!?サークルの雑誌みてよ!友人が得意げに自分のページを開いてみせてくれたふむふむ、ふむふむえっ、えっとー、そ、それは・・・小説?口にはしてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:大好きな狐 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:110字
自宅で賢は髪のセットしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」疑問がはれて賢はふっと安心した。そして再び髪のセットにもど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:勇敢な声 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:103字
自宅で匠は寝坊していた。すると、なにやら見知らぬ車が現れた。「なんだ、あの親戚の叔父さんか。」不安がとれて匠はやれやれと思わず口にした。そして再び寝坊にもどった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:勇敢な声 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:102字
自宅で理は料理していた。すると、なにやらビービーと変な音が現れた。「なんだ、あのPC故障の警告音か。」疑問がはれて理はすっきりした。そして再び料理にもどった。初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:禁断の瞳 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:104字
自宅で龍は発声練習していた。すると、なにやら妙に高い声が現れた。「なんだ、あのヘリウムガスか。」ピンときてて龍はもやもやが晴れた。そして再び発声練習にもどった。 〈続きを読む〉