お題:右の彼女 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1127字
[削除]

左の彼氏
相沢心(16)
安川明人(16)
生徒A・男
生徒B・男
生徒C・女

○旅館の宿泊部屋
   5、6人分の布団が畳まれている部屋。
   部屋に、男女のグループ合わせて8人がクジを囲んで、ゲームをしている。
   その中に、相沢心(16)と安川明人(16)がいる。
生徒A「次の告白は、安川!」
   周りの生徒が、安川に向かって楽しそうにはやし立てる。
生徒B「安川には嫁がいるもんな。つまんねーよ!」
生徒C「早く終われ―!」
   照れながらも手を振って、おちゃらける安川。
   緊張する心に、友達が落ち着かせるように背中に手を置く。
生徒A「じゃあ、安川が好きなのは~~」
   周りの生徒たち、盛り上げるように手を打つ。
安川「相沢」
   全員、心の方を見て、回答をワクワクと待っている。
心「私は……」
   長い沈黙。
   見かねた生徒Cが、強い口調で男子に
生徒C「あんたら、心困らせるんじゃないわよ。担任だって知ってるんだから。公認よ! 公認」
生徒B「なんだよ、つまんねー」
   周りの生徒達、不満そうに文句を言い合う。
   心、俯く。安川、心の横にきて、不満そうに心の腕を強めに引く。
安川「相沢、来て」
   心と安川部屋を出ていく。生徒Cは心配そうに見送る。

○廊下
   非常灯がともっている。時計の針の音が鳴り響く。人通りがない。
安川「なんで、答えてくれないの?」
心「ごめん……」
安川、溜息をつきながら、
安川「あやまって欲しい訳じゃないんだけど。俺の事、好きじゃない?」
   心、首を横に振る。
安川「やっぱり、言わない」
   心、居心地悪そうに俯く。
安川「俺は、相沢と何でも遠慮せずに言い合えるようになりたいのに。相沢はいつもだんまりだ」
心「だって、みんなにペラペラしゃべるのは恥ずかしいよ」
安川「そう」
   安川、時計を見る。
安川「部屋に戻ろう。皆に心配するよ」
   心、歩き出した安川の後を追う。

○旅館の宿泊部屋
   賑やかなゲームが続いている。
   心、こっそりと友達Cの隣に座る。
   友達C、心をちらちらを見る。
   心、友達Cに困ったように微笑みかける。
生徒A「次の告白は、なんと、相沢だ!」
   部屋の生徒達が、一斉に心を見つめる。
心「私は……」
   心は、目を泳がせる。わずかな沈黙のあと、
   心は照れて慌てるように、安川を見つめて、指を指す。
   心、勢いよく顔を両手で覆う。
   安川、心の反応を見て照れる。
生徒B「お前ら、青春してるなー!」
生徒C「爆発しろー」
   周りの生徒が、心と安川を冷やかす。賑やかな笑い声が部屋に響く。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ユビユッケ お題:俺と何でも屋 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1828字
「君はどうしてこの仕事をしてるの?」僕はカウンター越しに目の前に立つ少女に問いかけた。背は低く、髪は赤く、体には数本のベルトがかけられていて様々な小道具が装備さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
12才 ※未完
作者:dokoittan お題:可愛い流刑地 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1328字
小学5年生の時に通い始めた塾はいわゆる進学塾で、クラスで2番か3番目くらいには成績が良かった僕だったけれど塾の授業にはまったくついていけなかった。もっとも成績の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:可愛い流刑地 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1932字
遊び心だったんだ。ちょっとくらいならって、たまにはいいじゃんかバレやしないって高をくくっていた。仕事で鬱憤がたまっていたし、言い寄ってくる会社の子を追っ払うの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:dokoittan お題:どす黒いピアノ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1380字
高校二年生の時に友達たちとバンドを組んだ。パートはベース。楽器なんて幼稚園の頃にやっていたエレクトーン以来だったけれどLUNA SEAのJに憧れて毎日毎日練習し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:おいでよ夜中 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1599字
眠ることが怖くなったのはいつからだったろう。夜何かに怯えながら目を閉じて、太陽が瞼を焼いて明かりを届けてくれる朝が来ることを祈る様になったのは、一体いつからだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:でぃーえす@物書き お題:元気な冬 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:3528字
秋だ。 ちょうど大学の中心を突っ切る並木通りの並木も、そろそろ染まりきって、美しいオレンジを演出していた。「元気な冬?」 彼は先輩である女性に問いかける。 オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:隠された会話 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1091字
「世界の果てには何があるのかな」薄暗い洞窟の中で歩きながらエドナがそう呟いた。僕たちにとっての世界はこの薄暗い洞窟の中だけ。幼い頃からずっと、この洞窟の中で育っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yot お題:清い音 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:3464字
清川先輩の弓からはいつも清い音がしていた。◆うちの学校は、都市部の狭い土地に立てているくせに、部活に力を入れているものだから、色々な設備がぎゅうぎゅうに詰め込ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:dokoittan お題:情熱的な映画 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1682字
僕が谷村有美にハマったのは中学三年生の冬。兄から借りたカセットテープに入っていた一曲を気に入ってレンタルCD屋でアルバムを借りた。それまで女性アーティストにハマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:奇妙な自動車 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1414字
もし、君が明日死ぬとしよう。あくまでもこれは仮定だからね。そうだね。例えば、突然車に轢かれるとかどうだろうか。君が歩いていたら視界の端から車がやってきて気づけば 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:356字
彼女が男と屋上に行くのを、昨日も見た。 彼女とは去年から同じクラス。笑顔がかわいらしくて、勉強ができて、おしとやかで、とにかく高嶺の花だ。だから当然、彼女に恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い能力者 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:507字
能力者、それは、みんな隠しているが、僕のクラスには軽く10名いるだろうもともと、人間も能力者も同じというコサッタムラリアラートミデシーキョウに基づき建設された町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄作未満 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな駄作 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:127字
がしっ、ぼかっあたしは死んだ。スイーツ(笑)まるで将棋だな。びゅっびゅっ包囲せん滅陣西軍から阿鼻叫喚があがった。鼻水止まらん。小型ハンター大型ハンターかゆ、うま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なマンション 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:725字
家賃の安さに惹かれたのが間違いだった。安いのにはそれなりの理由があるという当然の考えすら思い浮かばなかった自分の愚かさにあきれたが時すでに遅し。駅から少し遠いの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の計算 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1028字
昔、蝋の翼で空を飛んだ男がいた。その男は太陽の熱で翼を溶かされ、空から落とされた。その後、長い年月を経て太陽にも耐え抜く鉄の翼が作られ、人は自由に空を飛べるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い殺人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:272字
ほんまやで、ほんまに見たんやで!そこの路地裏でな、見たんやで!暗闇に光る二つの瞳!ギョロギョロとしたそれは何かを探しとった!手には鋭く尖った凶器や!きっとあれで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なぬるぬる 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:445字
ベッドの隅へと追いやられ、捕まってしまう。腕や肩を掴まれそのまま彼の顔が目の前に迫ってきた。そっと羽が触れたような唇へのタッチ。くすぐったくて笑みが溢れた。目を 〈続きを読む〉