お題:うるさい始まり 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:893字
[削除]

「再会」
 もしもあの頃の私が三谷くんのことを好きだったって言ったら、あなたは信じる?
 そんな言葉を急に投げかけられ僕は立ちすくんだ。

「えっ……?」

 思わず口から出たのは、自分でも酷く間抜けに感じるようなセリフだった。

「あは……なにそれ? そういう冗談はやめようよ」

 心臓に悪いからさ、と付け足すようにして言う。
 ルナは僕の言葉に何も返さず静かにほほ笑んだ。

 彼女の名前はルナで、漢字で書くと月という字で、ひそかに「うわスゲエ名前」と思っていたけど、そのことを彼女に打ち明けたことは一度も無かった。

 ルナってなんだよ、月って書いてルナって読ませるなよ、もっと漢字を大事にしようぜ、なんて思っていたけど、僕の周りの人間は誰一人として彼女の名前にツッコミを入れなかった。

 ひょっとしておかしいのは僕の方なんだろうかと感じた中学の日々。あの頃のルナが僕を好きだったとして僕はどう感じたのだろうか? やはり戸惑っただろう。

 色々な意味で。色々な意味で戸惑ったはずだ。まず僕は彼女の名前に戸惑っていた。そんなことでイチイチ頭を悩ませる僕は、最初から彼女にはふさわしくない男なのかもしれない。

「冗談よ」

 ようやくルナがその言葉を口にした時、僕は少しだけホッとして、やっぱり少しだけショックを受けていた。

 自分勝手なものである。どこかで彼女に惹かれていたのかもしれない。それはもしかして、好きだった、なんて冗談にでも言われたからかもしれないけど。

 いつもそうだ。僕は周りの言葉に流されやすい。自分の気持ちが本当なのか嘘なのか分からなくなる。だからステマとかは止めて欲しい。ステマされると欲しくなるからだ。

 あの頃の僕が買ってしまった目玉が飛び出すラクダの人形、なんであんな物を買ってしまったんだろうといつも後悔している。そんな気持ちは、もちろん口に出さないで僕は言った。

「まあ何にしろ大学が一緒になるなんて奇遇だね」

「そうね。これからよろしく」

 よろしくねと僕は答える。
 奇妙な再開は、これから始まる騒がしいスタートを予感させていた。

 
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:明るい駄洒落 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:563字
(#1) 居酒屋ステマ。 駅前商店街の一角に昔からあった古びた食堂を改装して、つい最近オープンした店。 通勤途中に何度も通り過ぎた路地の向こう。 ついに今夜、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:syromid お題:赤い死 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:442字
それは赤かった。深紅の、血のような赤。紅が俺は好きだ、紅の染まった俺を慰めるやつはもういない……。この世界は紅に染まればいい。深紅の薔薇の花びらが舞い、俺はそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かゆくなるぺろぺろ 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:916字
子供のころは肌が弱い子供だった。弱性のアトピーなんかもあったし、とにかく肌はあまり強くなかった。ちょっとした木々のある所に入ると、それでもうアウトだったりした。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:スポーツの消しゴム 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:959字
中学校のころだったか、小学校のころだったか、明確には覚えていないんだけど、その時の体育の時間、生徒同士で五十メートルか、百メートルかの、タイムを計るみたいなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:闇の犯人 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:1207字
停電した。電子レンジを使って、さらにIHのクッキングヒーターでお湯もわかしたからそれで停電したのか!?ブレーカー飛んじゃった!って思って風呂場脇にあるブレーカー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:僕が愛した狼 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:389字
彼はしばしば、作品を完成させなかった。 全身全霊をかけて作り上げた作品を、最後の最後で完成させなかった。それは完成に最も重要な部分で、それがなければ作品は作品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:保湿 お題:かっこいい話 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:528字
「……というわけで俺はひとり荒涼の地を歩いていたのだ」 部室のパソコンをいじっていた私は「あれ」と思って顔を上げた。「ちょっとまて東島。お前十五分前から話がなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:あいつと性格 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:759字
嫌な先輩がいる。どう嫌なのかと言えば、とにかくせこいのだ。例えば、飲みに誘われて「金ないから割り勘な」と来る。そこまではいい。だけど、お会計が4500円だとした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:夜のフォロワー 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:173字
太郎は家に帰ってからツイッターのリツイートを開始した。夜の遅くなってからのほうがリツイートしてくれる人も多いし、リツイートをちゃんと返せば、そのぶん、自分のサイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楠乃小玉@『織田信長と岩室長門守』発売中 お題:夜のフォロワー 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:151字
ツイッターをカチカチやる。色々な人がフォローしてくれる。お互いフォローするとフォロワーが増える。増えると、自分のサイトとか見てくれるひとが増えてくれしい。こうい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉