お題:死にかけの理由 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:830字
[削除]

カワセミになる ※未完
 ふと見上げると、天窓から大きな鳥が空を飛んでいるのが見えた。鴉のように真っ黒でもないし鷲のような特徴的な両翼を持っているわけでもない。僕はその鳥の名前を知らなかった。猛禽類にはあまり詳しくないのだ。
なかなか良い日ではないだろうか。僕は寝転んだままちらと枕元のデジタル時計を見た。10:23。壁に掛かったカレンダーは5月で、今日の日付である13日以前の日付はすべて大きく×印が書かれていて、今日以降の日付はすべて切り取られている。
 僕はこの日、この世を去る予定だった。
 ここで僕は自分が抱いていた自殺願望の原因についてとやかく論じるつもりはない。すべては僕自身と僕を取り巻く環境が合わなかっただけだ。君も嫌いな人がいたらなるべく関わらないようにするだろう?僕はこの世となんとなく合わなくて、だから死ぬという選択をしたんだ。つまり僕の中の「死」は希望的なものだった。家族を含めたすべての人間は僕の自殺を止めようとはしなかったし、僕もかまってもらいたい訳でもなかったから、遺品整理はすんなり終わった。元々あまり物を持つ人間ではないから、捨てた物といえばカラー版の鳥図鑑2冊と文庫本13冊と何枚かのシャツくらいだ。鳥図鑑はあと2冊あったが、1冊は―僕が一番最初に実母から買い与えられたものだ―死ぬ数日前に実母に返しに行った。さすがの僕でも実母に「遺品整理してて」とは伝えられず、黙ったまま渡した。実母は困ったような顔をしたが、理由も聞かず受け取ってくれた。実母は僕を気にかけてくれた数少ない人間だった。もう一冊は僕が自費で買った大きな図鑑で、写真が多く載せられたものだ。僕はそれを4歳の妹にあげた。妹とは血のつながりはないが、家族に近いような関係になれたと思う。彼女は図鑑の表紙をまじまじとみつめ、「ありがとうお兄ちゃん」と言った。利口な子供だと思う。
 遺品整理が終わって、街に出た。僕とは合わなかったけど、不動産情報を見るかぎりなかなか住みやすい街らしい。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:死にかけの理由 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:1100字
人を助けるのに理由がいるのかと、僕は死のうと思った寸前に言われた。 その後は車の急ブレーキで、僕は意識を失った。 そして今目が覚めてみれば、知らない天井を見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:簡単な火事 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1045字
炎は心を奪う。それは有機的なゆらめきと、色のせいだ。 暖色は心を温かくする。 そう思いながら私は、ガスコンロのレバーを捻った。 根菜類は水から。濁りが出る肉は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるき お題:もしかして多数派 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1022字
これって、あんまり光りませんよね? そう聞くと店員は何やら閃いたような顔をして、「暖かい光で、ふんわり照らしますよ」 と、僕の持っているテーブルライトを指差し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵描きの俺 ※未完
作者:ぽぽ お題:絵描きの俺 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:655字
ある日、男が訪ねてきて俺に言った。「私を絵の中に描いてください。」「肖像画ですか?」「いいえ。」「暖かい木漏れ日の中、鳥が囀る緑の庭、そこに居る幸せそうな女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:少女のコウモリ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:83字
少女のコウモリと楓楓はコウモリを大事にしていたコウモリは怪我でおちていた楓が拾ってきたもの楓は大切に育てて元の場所にそっと戻した夏の風はやはり気持ちがよい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:孤独な整形 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1193字
私は自分が嫌いだった。自分の醜い容姿が嫌いだった。この容姿のせいでいつもいじめられていたし、友達もできなかった。小学生時分は休み時間や放課後、誰も話す相手もいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かないドア ※未完
作者:ぱやしだキコ お題:計算ずくめの犯人 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:529字
入眠の際に見る、夢うつつの風景は決まっていつも雨の日のドア。それは頑丈そうでいて赤い錆びだらけの鉄の塊で、きつい血液の匂いを立ち上らせて土手の真ん中にドアのみで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:団地妻のブランド品 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1311字
「……どうして、これが売れると思ったんだ……」「だってぇ……これってば、いい商品でしょう?」「いや、どんな自信ですか……」 目の前に置かれたのは、古ぼけた紅いバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:団地妻のブランド品 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1680字
ぼくのお母さんは、毎日どこかへ出かけている。ぼくは、お母さんがどこへ行っているのか知らなくて、家にかえってくるときは、いつも夜になっている。ぼくが学校に行くと、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:頭の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1151字
どこまでも伸びていく青空。大きく堂々たる入道雲。ずっと先まで声を響かせる蝉。夏。夏。夏。こんな夏たちを生まれてから17年間ずっと見てきて、さすがに飽きたって思う 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:497字
世界の終わりを告げるかように太陽の照りつける夏。深水愛はただ一人海に向かった。彼女の抱える鞄は恋人だった男がプレゼントしてくれたものだ。中身も同様に元恋人のプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
エイの愛 ※未完
作者:匿名さん お題:愛の「えいっ!」 必須要素:プチ整形 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:436字
そのエイは意を決して海底美容外科に飛び込んだ。出迎えたのは白衣を着た初老のシュモクザメだった。気怠そうに安楽椅子に座り、左右に広がった頭部の両端に据えられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは恋人 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:543字
「ねぇ、あなたは誰?」…はっと目を覚ます。夢を見ていた。誰か、それも自分が見たことも聞いたこともない、現実では知り得ない女性の。「お前が誰だよ…?」大学生活を快 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな絶望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:269字
まあねこんな事やってるからこの暇つぶしする前の僕の嫌いな絶望やんと思った人は帰りの会で先生にいいまーすこのくだり知ってる人はマキシマムザホルモン知ってる人だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺とキス 必須要素:義眼 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:2158字
「...なあ」彼の義手を手入れしてる私を見て、呆れたように彼が言った。「なに?」「こんな俺と居て、気持ち悪くねーの?」「...さあね。少なくとも、今君から離れた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:斬新な青春 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:1444字
私が、十五,六の頃だったか。私の祖父母の家の近所には鬱蒼とした雑木林があった。光が差さず暗いことから、化け物林と呼ばれていたこと、そこに私に恋した一人の女性が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:理想的な春雨 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:746字
アジア地域でよく食べられるものらしい。原料は、国によって違うが、芋デンプンや緑豆デンプンなどから作られる。その人の好みによって、理想的な春雨が違うということだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:来年の団欒 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:913字
「来年はどうなってますかね、ここ」「また難しいこと言うね」カートを押しながら後ろをついて回る彼女に、私は手に取ったサバ缶のラベルを読みながら返事をした。随分と長 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな独裁者 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:984字
日本国政府が、肝入り政策として、Cool-Japan輸出を積極的に行っている。ゲーム・アニメ・マンガといった日本国特有のサブカルチャーが中心だ。その中に、"ダ 〈続きを読む〉