お題:死にかけの理由 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:830字
[削除]

カワセミになる ※未完
 ふと見上げると、天窓から大きな鳥が空を飛んでいるのが見えた。鴉のように真っ黒でもないし鷲のような特徴的な両翼を持っているわけでもない。僕はその鳥の名前を知らなかった。猛禽類にはあまり詳しくないのだ。
なかなか良い日ではないだろうか。僕は寝転んだままちらと枕元のデジタル時計を見た。10:23。壁に掛かったカレンダーは5月で、今日の日付である13日以前の日付はすべて大きく×印が書かれていて、今日以降の日付はすべて切り取られている。
 僕はこの日、この世を去る予定だった。
 ここで僕は自分が抱いていた自殺願望の原因についてとやかく論じるつもりはない。すべては僕自身と僕を取り巻く環境が合わなかっただけだ。君も嫌いな人がいたらなるべく関わらないようにするだろう?僕はこの世となんとなく合わなくて、だから死ぬという選択をしたんだ。つまり僕の中の「死」は希望的なものだった。家族を含めたすべての人間は僕の自殺を止めようとはしなかったし、僕もかまってもらいたい訳でもなかったから、遺品整理はすんなり終わった。元々あまり物を持つ人間ではないから、捨てた物といえばカラー版の鳥図鑑2冊と文庫本13冊と何枚かのシャツくらいだ。鳥図鑑はあと2冊あったが、1冊は―僕が一番最初に実母から買い与えられたものだ―死ぬ数日前に実母に返しに行った。さすがの僕でも実母に「遺品整理してて」とは伝えられず、黙ったまま渡した。実母は困ったような顔をしたが、理由も聞かず受け取ってくれた。実母は僕を気にかけてくれた数少ない人間だった。もう一冊は僕が自費で買った大きな図鑑で、写真が多く載せられたものだ。僕はそれを4歳の妹にあげた。妹とは血のつながりはないが、家族に近いような関係になれたと思う。彼女は図鑑の表紙をまじまじとみつめ、「ありがとうお兄ちゃん」と言った。利口な子供だと思う。
 遺品整理が終わって、街に出た。僕とは合わなかったけど、不動産情報を見るかぎりなかなか住みやすい街らしい。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:死にかけの理由 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:1100字
人を助けるのに理由がいるのかと、僕は死のうと思った寸前に言われた。 その後は車の急ブレーキで、僕は意識を失った。 そして今目が覚めてみれば、知らない天井を見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SADAO お題:自分の中の宗教 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:386字
お題、 自分の中の宗教 強い人、弱い人。それが精神でも肉体でもどうでもいい。 ひとは一人では生きていくことはできない。だから救いの手を僕は差し伸べるんだ。 自己 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:春の小説 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:441字
街一番の桜の木。その根元に一冊のノートが置いてあった。不思議に思い中を確認すると、それは誰かが手書きで書いた物語だった。内容は一人の少女の心情を唯唯書き綴った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼が愛した女 ※未完
作者:はるちか お題:彼が愛した女 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1079字
彼女の第一印象は最悪だった。「ここは俺に任せて先に行け」と言うのは死亡フラグの常套句になりつつある。戦場でそんなことを言ったやつは大抵思わぬ伏兵が現れたり最終兵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:裏切りの彼 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:830字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:ドイツ式の春雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:644字
「お母さん、今日ドイツ人のマット君が来るから」 息子から突然飛び出した言葉に私は心底びっくりさせられた。急に言われても困る。こちらにも心の準備というものがあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:ダイナミックな息子 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字
その日も彼は談話室の端に置かれている一人がけソファの上で窮屈そうに膝を抱え、真剣な眼差しで文庫本を読んでいた。私が彼を認識する時は決まって、談話室のあのソファの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:寒い旅行 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:880字
独り寝の寒さが心身とこたえる。元々一人用だったベッドがやたらと広く感じた。目を瞑れば、あの時の思い出が蘇って、全く眠らせてくれない。記憶に一人旅行をさせれば涙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にせくまもん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1062字
手の甲を顔に近づけて、吸い込んだ煙をゆっくり吐き出す。その手にまとわりついたバニラの匂いを静かに嗅いぐ。どうしてこんなことになったのか。二週間前に仕事を首になっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ダイナミックな外資系企業 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:545字
うちの会社は非常にアグレッシブだ。 調子のいい会社があるととりあえずM&Aを持ちかける。競合他社が現れるとあの手この手で裏工作をして潰そうとする。まるでヤクザ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの兄 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:648字
ぼくはね、兄さんが羨ましかったんだ。 明るくておしゃべりが上手で、友達がたくさんいて。宿題をサボったことなんてなかったし、授業で当てられても、いつもきちんと答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉