お題:やわらかい王子 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:732字
[削除]

卵王子 ※未完





「やあ。......どうやら君が、噂のお姫様のようだね」
 
 困惑している。どうすればいいのかわからないしこの状況に脳の理解が追いついていないし何よりも自分が何を見ているのかこれは一体、ああもう頭が。
 本当に何一つわけがわからないので、とりあえず一つ一つずつ整理していこう、と思う。一先ず視界を一時遮断し、今度は聞こえてくる声によく耳を傾けてみる。
 まずは声から。

「あれ、どうかしたのかい、きゅっと目を閉じて......もしかして具合でも悪いのかな?」

 おいそれお前のせいだ。
 聞こえてくる声に一切の違和感はない。恐らくは二十代前半であろう位の、若々しくも凛々しい声。おとぎ話に出てくる様な王子様の声、といえば中々に近しいイメージだろうか。
 
 とはいえ、声だけではやはり判断しがたい。これは明らかに『人間の男性』が発したものであり、その他の何者でもないことは明らかだ。けれど、この部屋にいるのは私一人なはずだ。それらを踏まえた上で判断するならば、私の気がつかぬうちに男の人が部屋に侵入していることになる。
 やだそれ怖い。

 それならばさっきの光景の方がマシなのでは、と。
 そう考えてもう一度、まさかさっきの自分の見たものは本当なのか、それとも幻か何かでも見ていたのかと。
 それを確かめてやるべく、大きく目を見開いて。


「................ああ、間違ってないなぁ......」

 
 眼前のテーブル、その上にちょこんと置かれた小皿。
 その更に真ん中、卵が座っていた。

「どうかしたのかい、私でよければ力になるよ?」
 
 喋っていた。

 ......とりあえずお昼ご飯には、たまgご飯を。
 

 
 
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:君の喜び 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:434字
最初は花を贈った。 君はすぐさまそれをゴミ箱に放りこんだ。「花なんて、大嫌い。あんなの、すぐに萎れちゃうじゃない。」 次はラブレターを贈った。心をこめて、10 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人気者ソウタ ※未完
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:群馬の子犬 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:666字
オイラはソウタ!人間にそう呼ばれている。楽しいことが大好きで、身体を動かすことも大好き!だから、人間と遊ぶのはすっごく大好き!!おっ、今日は近所の太郎が遊びに来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:不屈の軽犯罪 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1126字
とんでもないとんでもない。飛んでも無いどこにもない。一変・大変・状況・改変・回転・雷鳴・時間が変わった。どんとんどどんと鐘が鳴る。あれは108n個の煩悩だ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:志鳥ふみか お題:昨日の悪魔 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:1353字
散らかり放題の自分の部屋を見て、溜息を吐いた。 嘆いても仕方がない。今日もあの小悪魔どもはやってくるのだ。被害を最小限に食い止める努力はせねばならぬだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:昼の慰め 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:1408字
燦々と注ぐ真昼の光を透かして、薄紙のような朱色の花は燃え立つように鮮やかだった。 危険動植物管理課が所有する植物園の、門から最も遠く離れた位置にその花畑はある 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ふす お題:斬新な道のり 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:809字
このまっすぐな道を進めば初まりの村に着くと本能が告げている。と、言うよりはゲーム界では割とお約束というものだと思っていた。本能はそう、告げているのに、目を覚まし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:犬のパイロット 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1021字
家のベランダからすぐ下のところには公園がある。その公園には遊具があって、結構広い。日曜とか子連れ狼・・・子供を連れたママさん方などで、結構賑わっている。まあ私も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹茶飯盒 お題:愛と死の成熟 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:155 人 文字数:1041字
「君が好きだ……。」「ええ、私も……。」 暗い部屋の中で、一組の男女が抱き合っていた。 翌朝。男は死体となって発見される。「ナイフで一突きってえ所か……。」「え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:れいら@暗教余韻 お題:純粋な顔 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:125 人 文字数:831字
あなたはなんて美しい人なんでしょう。歯の浮くようなお世辞。貼り付けたような笑顔。そんなもので私に気に入られようとしても無理に決まっている。世の中そんなに甘くない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:nur155 お題:茶色い境界 必須要素:1000字以上 制限時間:15分 読者:155 人 文字数:588字
小さい頃、想像遊びをするのが好きな子供だった。授業中や、休み時間に友達と遊んでいるときでも、ふと気づくと想像の世界に入ってしまい、人の話を聞いていないなんてい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来の負傷 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:504字
おれはいつも未来のことを考えている。備えあれば憂いなしだ。今、こうして会社に向かう電車の中でも客先のプレゼンで話す内容を反芻して備えている。プレゼンが終わった後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻のヒーロー 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:390字
彼女いない歴=年齢の俺。彼女欲しい。 最近気になっている人がいる。隣に住む斉木さんである。 会う度に笑顔で挨拶をしてくれる。きっと俺の事が好きなんだと思う。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた駄洒落 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:378字
アルミ缶の上にミカンが置かれている。飛んでいる布団がある。チーターが落ちている。何だここは?「ここは捨てられた駄洒落の行くところ。」「うわっ」びっくりした。いき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い心 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:356字
彼女が男と屋上に行くのを、昨日も見た。 彼女とは去年から同じクラス。笑顔がかわいらしくて、勉強ができて、おしとやかで、とにかく高嶺の花だ。だから当然、彼女に恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い能力者 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:507字
能力者、それは、みんな隠しているが、僕のクラスには軽く10名いるだろうもともと、人間も能力者も同じというコサッタムラリアラートミデシーキョウに基づき建設された町 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄作未満 ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな駄作 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:127字
がしっ、ぼかっあたしは死んだ。スイーツ(笑)まるで将棋だな。びゅっびゅっ包囲せん滅陣西軍から阿鼻叫喚があがった。鼻水止まらん。小型ハンター大型ハンターかゆ、うま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なマンション 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:725字
家賃の安さに惹かれたのが間違いだった。安いのにはそれなりの理由があるという当然の考えすら思い浮かばなかった自分の愚かさにあきれたが時すでに遅し。駅から少し遠いの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の計算 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1028字
昔、蝋の翼で空を飛んだ男がいた。その男は太陽の熱で翼を溶かされ、空から落とされた。その後、長い年月を経て太陽にも耐え抜く鉄の翼が作られ、人は自由に空を飛べるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:賢い殺人 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:272字
ほんまやで、ほんまに見たんやで!そこの路地裏でな、見たんやで!暗闇に光る二つの瞳!ギョロギョロとしたそれは何かを探しとった!手には鋭く尖った凶器や!きっとあれで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的なぬるぬる 必須要素:唾液 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:445字
ベッドの隅へと追いやられ、捕まってしまう。腕や肩を掴まれそのまま彼の顔が目の前に迫ってきた。そっと羽が触れたような唇へのタッチ。くすぐったくて笑みが溢れた。目を 〈続きを読む〉