お題:明るい潮風 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:682字
[削除]

猫と僕と冒険の書 <34>
「おまえら、小鉄に何をした!」
「ただ鎮静剤を打っただけダ、じきに目覚めル。それより、おまえたちだが、」
 小鉄はただ眠っているだけだと言い張るが、どうにも変だ。どう変か言えと言われたら言葉に詰まるが、変なものは変だ。僕が言い返せないでいるのをいいことに、男は小鉄を掴み上げて僕によこした。
「やつは関係ない、たまたま船に引き上げてくれただけだと言ウ。だからおまえたちを近くの港に連れて行って船に乗せてやル。ここでのことは忘れロ、いいナ」
「それじゃあジムはどうなって……」
「おまえには関係のないことダ」
 僕は袋をかぶされた。瞬時にして世の中が真っ暗だ。感じるのはさきほど渡された小鉄の体温だけ。そしていきなり腕を掴んだ何者かの手の温度だけだった。そう、僕は袋をかぶせられ、突如誰かに腕を掴まれ歩くことを強要された。腕を強く先導され、トラックの荷台に乗せられた。
 エンジンのかかる音がしてトラックが動き出した。目隠しされたような状況で周囲のことは一切わからないが、小鉄がごそごそ動いているのはわかった。
「~~~~?」
「~~~~?」
「~~~~~~……」
「~~~~。~~~~」
「~~~~~~!」
 世界が真っ暗の中、いきなり悲鳴が聞こえバタバタ音がしたかと思ったら、同様にいきなりしんとした。わけがわからない。
 ずるっと落ちかけた袋をそのままにしていたら、だんだんと開けてくる視界の中に、気絶している男たちとはっきり目を覚ましている小鉄がいた。
「小鉄!」
「にゃん」
 どうやら、トラックの運転手も含め、小鉄が伸したらしい。小鉄はどこか誇らしげだ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:伐滓熨斗十@なろう お題:明るい潮風 制限時間:30分 読者:447 人 文字数:436字
「お嬢さま、本当にやるのですか?」 黒いセダン、三面スモーク、ピカピカに磨き上げられた車体。車に詳しくない人でも、一目でぶつけてはいけないタイプの車。その運転席 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:裏切りの彼 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:830字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ドイツ式の春雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:644字
「お母さん、今日ドイツ人のマット君が来るから」 息子から突然飛び出した言葉に私は心底びっくりさせられた。急に言われても困る。こちらにも心の準備というものがあるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:ダイナミックな息子 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字
その日も彼は談話室の端に置かれている一人がけソファの上で窮屈そうに膝を抱え、真剣な眼差しで文庫本を読んでいた。私が彼を認識する時は決まって、談話室のあのソファの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:寒い旅行 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:880字
独り寝の寒さが心身とこたえる。元々一人用だったベッドがやたらと広く感じた。目を瞑れば、あの時の思い出が蘇って、全く眠らせてくれない。記憶に一人旅行をさせれば涙を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にせくまもん お題:悲観的な多数派 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1062字
手の甲を顔に近づけて、吸い込んだ煙をゆっくり吐き出す。その手にまとわりついたバニラの匂いを静かに嗅いぐ。どうしてこんなことになったのか。二週間前に仕事を首になっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ダイナミックな外資系企業 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:545字
うちの会社は非常にアグレッシブだ。 調子のいい会社があるととりあえずM&Aを持ちかける。競合他社が現れるとあの手この手で裏工作をして潰そうとする。まるでヤクザ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:男の本 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:937字
父にはきっと秘密があると子供のころからずっと思っていた。だからドキリとした。父が使っているタンスの奥からボロボロになった日記帳が出てきたときは。私は物心つく前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:素人の犬 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:978字
「全然動かないじゃん、ここの子たち」 妻が退屈そうに呟く。近所のホームセンターのペットショップの犬たちはやる気がない。新しくできたイオンのペットショップの犬た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:静かな場所 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:431字
不動産屋に紹介されたときは、あまり期待していなかったけど、いざ住んでみると、なかなか良い街だった。まさに閑静という言葉がぴたっりで、道路も街並みも整っていて。 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した小説修行 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:827字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ラストはプレゼント 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:687字
「此処は君も知っている部屋だろう」と、其の男は言った。言われてみれば、確かに見知った部屋のような気もするから不思議だ。部屋の何もかもが古びている。ワックスの禿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家のわずらい 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:459字
困った。非常に困った。俺は売れっ子小説家と言われるほどには売れている、この道13年の恋愛小説家だ。何度かドラマや映画など実写化もされたし、有名な方に入る…はず。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された貯金 必須要素: 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1170字
駅のプラットホームには冷たい風が吹き抜ける。 電車が通るたびにそれに吸い寄せられていく風が生まれている。多分そういう流体力学が働いているんだろう。詳しいことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした狼 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:98字
旧約聖書は好きだ、予言ではないけどどこか退廃しているイメージわたしは仮にあの方舟に乗った数少ない証言者だとしたらおどろくかね。まあ偶然乗り合わせたただの老狼で、 〈続きを読む〉