お題:8月の体験 制限時間:2時間 読者:50 人 文字数:3244字

夕暮れの記憶
「ねぇ、もう帰ろうよ」
カナカナカナカナ、ひぐらしの声が僕を不安にさせる。
「もう少し、あたしここにいたい」
「僕はもう帰りたいよ」
僕はその時、理奈の手を離した。

隣にいた理奈はいなくなっていた。

僕は、一瞬にして消えた理奈のぬくもりを手探りに探したけど何も掴めなかった。
怖くなった僕は、そのまま家に帰って動揺する気持ちのまま両親に話した。
捜索活動は続いた。一週間しても理奈は見つからず、神隠し何て言われて理奈のことは忘れられていった。
町外れの寂れた神社。
今じゃもう、神様さえいないだろう。
理奈が神様になってしまっていなければ。

その日は夏祭りがあった。
夕暮れの差し掛かった山の袂で、ちらちらと点り行く提灯を二人で眺めていた。
神隠しは夕暮れに起こりやすいってどこからか聞いた時、理奈は本当に連れてかれたのかもしれないと思った。
今なら僕もいっそうつれていって欲しかった。
理奈は今も変わらず、少女のままどこかをさまよっているのかもしれない。
僕も理奈と一緒に子供のままでいたかった。
そう思うのは僕ももう大人の仲間入りなのかな。
ねぇ、理奈。

パソコンに向かって誰かに謝ったり媚びたりして、日々が過ぎていく。張り付いた笑顔。
家に帰れば、大切な女性が僕を迎えてくれる。
不満が全然ない訳じゃないけれど、ありふれていて幸せな人生。
「おかえり、雅也」
「ただいま、優香」
この人と一緒にいたいと思った。この人とずっと一緒にいられるならきっと幸せだろうと。
僕らは、2ヶ月後に結婚式をあげる。
これまでに無い幸せがきっと僕らを待っているんだ。
夜、優香の柔らかい肌を感じながら、ふと理奈のことを思い出した。彼女を抱きながら理奈を思い出すなんて、申し訳ない気分になったが、思い出さずにはいられなかった。
今日は、8月10日。夏祭りは、今週の日曜日に確かあった。
「良かったら、一緒に夏祭りに行きたいな。地元のなんだけど」
半分眠そうな顔をした優香は、必死に目をあけながら
「いいね、夏祭り好きだよ」
とふんわり笑った。
その仕草があまりにも可愛くて僕はぎゅっと彼女を抱き締める。
その心地の良い熱に僕も眠気を誘われて、ゆっくり眠りに落ちた。瞼の裏か表か、あの時のひぐらしの音が僕の中に響いた。

突然帰ってきた僕に、両親は驚いて忙しなくしなくても良いご馳走の準備を始めた。
優香里は気を回して、ご馳走の準備を手伝い始めた。
「母さん、良いってば」
「そんなこと言ったって、夏祭りにろくな屋台でないでしょ」
「そうだったっけ?」
僕は、そういいながらスニーカーの靴紐を結ぶ。
「雅也、どこかいくの?」
「うん、夕暮れには戻るから。うちで待ってて」
優香は、気を付けてと微笑んだ。
天ぷらが上がる音がする。母さん張り切ってるなあ。
母さんは、よく裏山で取れる山菜を天ぷらにしていた。一番好きなのは、ふきのとう。
あれは、春先にしかとれないから期間限定で、レア感もあって、よく食べていた。
理奈もふきのとうが好きだった。苦いとか言いながらも、ふきのとうを選んで食べていた。
理奈と僕はいつも一緒に、なにかを食べたり遊んだりしていた。

夕暮れに差し掛かった頃、僕はあの日以来近づかなかった神社に来ていた。
少し高台にあるこの神社から、昔と変わらない提灯の灯しが見えた。
「理奈」
思わず口にした名前は、優香でも母さんでもなかった。理奈、もし、僕も一緒に連れてってくれたなら。
「雅也くん」
僕は、後ろを振り向いた。
間違いなく理奈の声だった。
少女のままの理奈の声が。
「理奈?いるの?」
「雅也くん、あたしはここにいるよ」
理奈の声が聞こえるのに、理奈は見えない。
「理奈、ごめん。僕、理奈が見えないみたいなんだ」
「雅也くん、それは当たり前のことだよ。雅也くんは大人になったんだもの」
何か悟りを含んだ子供の声が当時と同じくらいの高さから聞こえる。
「理奈はどこにいっていたの?」
「理奈はね」
理奈はしばらく考えるように、黙った。
「理奈、雅也くんとお祭りに行きたいな」
「お祭り?いいよ。好きなもの買ってあげるよ」
「理奈はなにも要らないよ」
左手が何かにぐいっと引っ張られる。
僕は引っ張られるまま、
短い足と小さな手を一生懸命に振って、理奈に着いていった。
「速いよ、理奈ちゃん」
「雅也くん、遅いよー!お祭り終わっちゃうよ」
理奈ちゃんが走っていってしまう。僕は、慌てて理奈ちゃんについていく。
「雅也くんなに食べたい?理奈、お手伝い頑張ったから雅也くんに何か買ってあげるよ」
「え!本当に?どうしようかなー、僕、理奈ちゃんと一緒に食べられるものが良いな」
理奈ちゃんは、うーんと考えて、
「じゃあ、わたあめにしよう」
と戦隊ものが書かれたわたあめを一つ選んで、少し背伸びをしてお金を出す。
僕らはベンチに座ってわたあめを二人でかじった。ふわふわで口に入れるとスッと溶けていく。夢を口の中に入れている気分だ。
とても幸せでこれがずっと続けばいいと僕は本当に思っていた。
「雅也くん、花火見よう」
「うん、花火見よう」
空はいつのまにか紺色一色に塗り立てられている。僕らは紺の空に上がる花を楽しみに、またあの神社に行く。
高台から見る花火。僕らの特等席だ。
「雅也くん、楽しい?」
「うん、楽しいよ。理奈ちゃん」
理奈ちゃんが僕の手をぎゅっと握った。
「雅也くんは、今幸せ?」
「え?わからないよ、そんなの」
理奈ちゃんは、僕の手を離した。
僕は慌てて理奈ちゃんの手を探す。
あの時と一緒だ。理奈、理奈ちゃん、どこかに行ってしまうのはもう。
「姉ちゃん!!」
「雅也!」
目の前の景色が花火になって弾けた。
紺色の空が瞬く間に橙色に戻って、僕はそこら辺の草を掴んで仰向けに倒れていた。
「優香…」
優香が駆け寄ってきて、僕を抱き締めた。
理奈とは違う、もっと柔らかくて心地よい温かさが僕の体をめぐる。
「雅也の帰りが遅いから、お母さんと私で手分けして探してたの」
「どうしてここが分かったの?」
「小さな女の子が教えてくれたの」
「女の子…」
優香の後ろに、女の子が立っていた。
僕を微笑みながら見つめている。
理奈だ。姉ちゃんだ。
「よかった、雅也くん」
少女には似合わない、大人の表情を浮かべた理奈は優香を見た。
「あたしは雅也くんの幸せを一番に願ってるんだよ」
理奈、何か声をかけたいのに何も声が出せない。ただ涙が止まらずに流れていく。
「雅也くんが苦しんでいたなら、あたしが雅也くんを連れていこうって、思ってた。でも、雅也くん。あなたは幸せになれる」
理奈は笑う。優しく、どこか見透かすように、でも突き放さずに。
「理奈、僕は大切な人を見つけたんだ。もう、大丈夫だよ」
「雅也?」
優香が不安そうに僕の顔を見る。
「ずっと見ててくれていたんだね、理奈」
「そうだよ、あたしは雅也くんのお姉ちゃんだからね」
理奈に手を伸ばす。理奈の手が僕の手に触れる。
その先から理奈は夕暮れの光になって消えていく。
「雅也くん、どうか幸せになってね。お姉ちゃんと約束だからね」
「うん、わかったよ。お姉ちゃん」
優香は、静かに目を閉じて僕の声に耳を傾けていた。
夕暮れが紺色に塗られていく。
「雅也、帰ろうか」
「ありがとう、優香」
立ち上がって空を見上げる。
「優香、わがまま一つ良いかな?」
帰ろうとしていた優香が驚いてこちらを見た。
「花火、一緒に見たいんだ」


夜空は、僕と理奈の時間を進めてくれた。
理奈との別れは僕のこれからのありふれた幸せへと導いてくれるのだろう。

ねぇ、理奈。ううん、お姉ちゃん。
今度、子供が産まれるんだ。
お姉ちゃん、この子にもありふれて尊い幸せが来るように願っててくれるかな。

耳元で小さく、カナカナカナとひぐらしが鳴いた。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の体験 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1371字
これは私が、少々厨二病を自覚しサブカルチャーを愛している私が、何十回と見たことのある"時間ループ"に入ってしまった話である。__8月のある日。闇の力が目覚めてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炭酸ソーダの雨|N.S お題:8月の体験 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1912字
誕生日と言われても歳を取るだけなのだから、祝うこともなければ話すこともないなんて物言いは、腹を痛めて産んだ母がいる身にもなると思い出せば愛でたいことには違いない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはら@文フリ感謝 お題:8月の体験 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1582字
八月には亡者が帰ってくる。ほおずきでランタンを作り迎え火とする。足りなければ雨が降る。降り注いだ雨のしずくに月光降り注ぎ、死者の道行きを照らし出す。 静村玲子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かの冬休み 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:2697字
あ~あ。雪が降る都会の道を、俺はとぼとぼと歩いていた。今日から冬休みが始まる。しかし、現在中学二年生の俺は今までの冬休みをどこか近くの旅館に泊まりに行くか、年末 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と地下室 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:887字
ああ、おはよう。 うん、今日は〇月×日。そう、君の誕生日だ。ちょうど日曜日。僕の仕事も休みだ。つまり、今日一日は君のために使えるってことだ。 本当に、こんなと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:たぬき お題:緩やかな職業 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1943字
電子の紙に枠を作り、その中に絵を書いていく。丸い吹き出しを書いてその中に台詞を打ち込んで、最後に印刷所に送信して私の仕事は終わる。 私は漫画家ではなく、同人作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:2つのピアニスト 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:3543字
夜の学校、なんてベタな響きだろう。僕がここに来るに至ったのは、従姉妹の同級生である女の子から送られて来た一通のメールからだ。そこには、このように書かれていた。『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夜柴芝生 お題:調和した円周率 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:2704字
「突然やけどな、うちは円周率っちゅうもんを認めてへん」 本当に突然である。脈略のない話の展開に驚いて、思わず手から教科書がこぼれ落ちてしまったほどだ。慌てて拾い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:薫女(ゆきめ) お題:彼女の場所 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:2163字
私の場所は暖かくて、そして、虚無に塗れていた。 配属された軍事施設の中には、トレーニング用のプールがある。私はいつもそこで、長い髪を揺らし、ゆらゆらと揺蕩って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たぬき お題:でかい銀行 制限時間:2時間 読者:25 人 文字数:1097字
鈴虫の声が聞こえる。蒸し暑い夜を一人で越えるのは何度目だろうか。 あの人は今日も仕事で家を空けている。自分で選んだ人のはずなのに、これは間違った結婚だったので 〈続きを読む〉

絹糸の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:誰かとお尻 必須要素:テニスボール 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:725字
金屋:ねぇ、尻の間にテニスボール挟まった場合どうしたらいい?スズ:は?ww待って詳しく教えて金屋:いや、いつも通り電車乗って座ったらテニスボールすっぽりはまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:少女の家事 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:956字
少女は生まれたときから家族を知らなかった。物心付いたときには回りにはたくさんの同じくらいの子供と、先生達に見守られていた。少女は家族を知りたいとは思わなかったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:暗い幻覚 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1052字
眠るのが怖い時がある。目を閉じて視界が暗くなるその状態で、意識を飛ばすのがとても怖い。誰かに襲われたらどうしようとか、一人でいることがとても怖くなる。だからいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:8月のキス 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:852字
8月は甘くない。夏は開放的になるから、誰だってふしだらがあって当たり前だ。私だって高校生の時は好きでもない奴等と好き勝手に体を重ねていた。制服で食われるのは今し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:ありきたりな国 制限時間:4時間 読者:43 人 文字数:790字
がつんと食べたいという気もきっと起こらないのかもしれない。私が眺めていたのは、食堂のメニュー。大きさは「並」しかない。「なあ、お姉さん。大盛とかないの?」「おお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:797字
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:思い出のサーカス 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:902字
(冷たい牢に閉じ込められた大きな猛獣。火の上を渡る人間と空を飛ぶ少女。大きなブランコから手を降る少年と、玉に乗って怪しげに微笑む道化師。)…ああ。これがきっとサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:とんでもない死 制限時間:2時間 読者:48 人 文字数:1061字
夜寝ている間に死んでいた私の気持ちを誰が分かるだろうか。変哲の無い1日の終わりに、私は命まで終わらせてしまった。本当に特別なにもしていない。死んでしまったことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:うへへ、電話 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:1527字
初めて付き合った彼女はバーチャルに近い。俺達はオタクしか集わない、言わばオタク専用のマッチングアプリで出会った。当たり前だが、オタクなので精通している場所が一緒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:生きている話 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:801字
今日もいつも通り、お昼前に目が覚める。布団を上げてぼんやりと空を見る。空腹を感じてくる頃は大体お昼時だ。こんな貧乏だと気分が良い時や上げたい時にツナ缶をひとつ食 〈続きを読む〉