お題:群馬のギャグ 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:605字

グンマ ※未完
 群馬といえば、にほんの秘境と呼ばれた場所であった。
 そのことをニュースで取り上げた次の日に出演者が謎の失踪を遂げたことから、話題にしてはいけない黒いギャグとしてまたたく間に知れわたった。
 当然広まれば広まるほど、その怪奇は起こり続けた。1人、また1人と消息をたつ。
 いつしか管理人と呼ばれる人間がそのエリアを封鎖するまでその出来事は繰り返し繰り返し起こった。
 そして『あの場所』とついには名前をかえ、群馬は消えた。
 それがーー管理人という人間の底知れぬ野望のためだとは、誰も知らない。
 
 ーー実験施設。
 
 管理人が連れ去った人間を未来でも成長できるように調整された世界。全員が高い知能を持ち、演算能力機械として様々なことがらを予測する。
 その未来をビジネスとして管理人は売りさばいた。
 当然ながら、その未来を奪うおうと考える人間もいたが、群馬に入ることさえ叶わない。群馬という特性は、普通の人間に呼吸すら許されない。
 酸素濃度が他の場所に比べて極端に高いか、低い。数歩先で異なるその現象に対応する人間はいない。そこで昔から住んでる管理人以外は存在できない。
 実験された人間でさえ耐えきれないものもいたぐらいだ。まぁまぁそのために呼吸そのものをなくすという手段を選んだのだから、管理人にとってどうでもいいことだろう。
 彼らもまた人間でありながら、人間でないパーツで構成される。
  
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
饗宴 ※未完
作者:匿名さん お題:楽しい葬式 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:355字
目の前でどんちゃん騒ぎが繰り広げられている。棺桶の周りで、踊り、歌い、ただ騒ぐ。皆、喪服を着ているというのに、厳粛な空気など微塵も感じられない。 ――どういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:とんでもない耳 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:821字
わたくしがこれからするお話は、とある若者の物語です。 彼は、三人兄弟の末っ子で、そして、母は早くに死に、父と四人で暮らしておりました。 ある日のこと、その国の 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみLOの即興 小説


ユーザーアイコン
目13 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:誰かの目 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:774字
そこは文字通り鏡の世界だった。 クラスでちやほやされる存在だった私が今じゃ影。無視される毎日だ。これを入れ替わった私が体験してたのならば、入れ替わりたいと思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:いわゆる階段 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:839字
いったい登り始めてどれくらいの時が経っただろうか。「……」 螺旋階段は上に続いてるのが見えるだけで数分前と何も違いがない。下でも見れればよかったのだが、螺旋階 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:赤い食卓 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:785字
「なにこれ?」「ハンバーグです」 ハンバーグ……なのか。見事に真っ赤な円。言われてみればそう見えることもあるだろうが、唐辛子を塗りまくった下手な料理にしか見えな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:くだらないモグラ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:988字
バニラピーチというのをご存知だろうか。 無論私は知ってる。 もったいぶるつもりはないので説明するが、バニラピーチというのは世間に広まってる桃とは違う用途で使用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:俺は傘 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:545字
善と悪が人の中に存在するなら、すべては悪である。 なぜなら、善は佐久間まゆを奪った。 コトの発端はただの接触。傘がぶつかったとかそういう理不尽な行動で彼女は連 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:うわ・・・私の年収、小説の書き方 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1143字
お嫁においでと言われていろいろ準備してきたものの……。「物置く場所ないじゃない」 彼の部屋に入ってみると、うわ……部屋の中本だらけ。「あとでやろうと思ったらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:暑い殺人 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:795字
地球エコ計画。 その1、緑を増やす。 これにより、空気がよいものへとなる。 その2、野生生物の住処を増やす。 これにより、駆除対象という人間のご都合ワードがな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ぴあの ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:未熟なピアノ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:777字
音に生命が宿る時、それは神話を作る。不思議な声が耳をすませば届いてくる。それが世界の理であり、この世を統べるものの力でもある。汝はただ動かされる下僕。主を持つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:そ、それは・・・踊り 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:801字
この町の異様さを世間に知ってもらうためには見えないことが前提条件。 バレずに取得できる前提がデータが必要。いわゆる盗撮。ばれない盗撮を完遂するしかない。 普通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみLO お題:簡単な私 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:738字
今日は久々の登校日。「ん……」 誰も私を気にしないから普通に遅刻して入室できた。 教師でさえ私を無視するのだからほんとどうかしてる。 ただプリントや、試験なん 〈続きを読む〉