お題:群馬のギャグ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:605字

グンマ ※未完
 群馬といえば、にほんの秘境と呼ばれた場所であった。
 そのことをニュースで取り上げた次の日に出演者が謎の失踪を遂げたことから、話題にしてはいけない黒いギャグとしてまたたく間に知れわたった。
 当然広まれば広まるほど、その怪奇は起こり続けた。1人、また1人と消息をたつ。
 いつしか管理人と呼ばれる人間がそのエリアを封鎖するまでその出来事は繰り返し繰り返し起こった。
 そして『あの場所』とついには名前をかえ、群馬は消えた。
 それがーー管理人という人間の底知れぬ野望のためだとは、誰も知らない。
 
 ーー実験施設。
 
 管理人が連れ去った人間を未来でも成長できるように調整された世界。全員が高い知能を持ち、演算能力機械として様々なことがらを予測する。
 その未来をビジネスとして管理人は売りさばいた。
 当然ながら、その未来を奪うおうと考える人間もいたが、群馬に入ることさえ叶わない。群馬という特性は、普通の人間に呼吸すら許されない。
 酸素濃度が他の場所に比べて極端に高いか、低い。数歩先で異なるその現象に対応する人間はいない。そこで昔から住んでる管理人以外は存在できない。
 実験された人間でさえ耐えきれないものもいたぐらいだ。まぁまぁそのために呼吸そのものをなくすという手段を選んだのだから、管理人にとってどうでもいいことだろう。
 彼らもまた人間でありながら、人間でないパーツで構成される。
  
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:限界を超えた粉雪 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:389字
年々降雪量が減ってスキー場は大弱り。逆転の発想、とばかりにオフシーズンの春・夏・秋を、草原のキャンプ地として開放。ご当地アイドルを呼んだり様々なイベントを組んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉

日ノ宮理李@バブみ昆布の即興 小説


ユーザーアイコン
013 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:綺麗な小説修行 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:586字
圧倒的ボリュームのあるものは人を寄せ付けない。 それは料理に限らずすべてのものが該当する。 そんなものを描写しようとすると、まず自分が体験しなければならない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:絵描きの衝撃 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:833字
人に努力を見られるわけにはいかない。「あのね、授業中は授業に集中してほしいわけ」 が、講師の目に触れれば当然怒られる。「特待生だからといって何をやってもいいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:たった一つの町 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:862字
人の噂を頼りにすることは何も間違ったことじゃない。 地図も、電車も、あらゆる情報は誰か知らない人が作り出したもの。そしてごくあたりまえのことだけど、それで仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:君の霧雨 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:840字
葬儀を終えて教室に戻ると、彼女は泣いてた。「……大丈夫?」「う、ん、へいき。もういっぱい泣いた」 静かに彼女が座る席の隣へ。「キレイな顔だったね」「うん、美人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:遅い映画館 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:932字
開店するショッピングセンターの中に映画館ができるそうだ。 少し電車に乗って移動しなければ見ることが出来なかったので、ボクも含めて住民からかなりの協賛を得られた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:日本、と彼は言った 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1015字
彼の故郷は日本だという。 地図上に確かにその国は存在するが、人が住んでたのは数百年も前の話。今じゃ日本人というのは存在せず、野生児と呼ばれる人間の一歩前の動物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
みみあめ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:死にかけの耳 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:764字
水の落ちる音を聞きすぎたせいか、マンションのホールに入っても同じ音が脳内で響いてる。 気にしないのが一番だが、これから彼女と落ち合うのだから元に戻さないと。聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
112.0 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:殺された芸術 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:749字
一般受けしないものを作ると異端と言われる。変態、天才。カテゴリーが違ってもわかるのは人とは違うなにかを持ってるということ。 それにしたって好きなものは好きなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
がいぶ ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:栄光の新卒 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1083字
新卒とは未来を作る人材のことをさす。 そのために、「部長と課長を首にします」 いつまでも居座り、実績をあげないものをきる必要がある。「どうしてですか?」「どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
0106 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:最強の門 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:891字
自分を主人公にした物語を書いて。 それが彼女が最後に残した言葉。「……」 彼女が眠る墓石にその内容を伝え、添える。 添えるといっても壊れたUSBメモリ。実際に 〈続きを読む〉