お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1270字

登山 ※未完
「山とか登るといいっすよ」
どうでも良さそうにそう言ったクソ生意気な後輩の言葉を、あの時どうして流せなかったんだろうか。
後悔してももう遅い。とにかく俺は今、山道の中に迷い込んでいる。
あ、遭難ってやつだこれ、と気づいた時にはもう、手遅れだったのだ。

色々と悩んでいた。人生について。将来について。ありきたりな悩みかもしれないけれど、就活がなかなかうまくいかず、俺はその日、高校時代の後輩を呼び出して飲んでいた。
「なんかさー、みんなどんどん内定取るわけ。お前も来年になったらこの辛さがわかるよ」
「んなこと言ったってやるっきゃないじゃないですか。目の前のことを淡々とこなすしかあんたには能がないんだから」
なんて、見下した発言をしつつハイボールを煽る後輩に、それでも何故か本気で怒る気にはならず、俺もビールに口をつけた。
「でもなあ、考えちゃうんだよ、暇ではあるからさあ、ふと余計なことをな」
「あーじゃあ暇じゃなければいいんだ。山とか登るといいっすよ」
気のない答えに、それでも何故か俺はやたらと心を掴まれた。
「山?」
「山。あ、あと俺院進するんで来年就活しないっす」
ごちそうさまでした、と言って後輩はさっさと帰って行った。
その背中を見送っていると、スマホが鳴った。慌てて手に取る。ドキドキとメールを開く。
それは、やはりというかなんというか、お祈りメールだった。
落胆し、スマホをしまいながら一人、ぽつりと呟く。
「山かあ」

そんなこんなで久々の丸一日空いた休日に、俺は単身山に乗り込んだ。結果は見ての通りだ。ここはどこだ。
右見ても木、左見ても木。前も後ろもわからない。
薄暗くなって、冷えてきた。ぞっとする。もしこのまま、夜まで帰れなかったら。
ーーあなたの強みを教えてください。
面接官の声がよみがえる。
「そんなもの、」
あったらこんなところで、こんなことにはなっていないだろうに。
風がザアと木々を揺らした。もうどのくらい歩いただろうか。足に疲れを感じ立ち止まる。深くため息をついて、空を見上げた。
深い、青。
思わず息を飲む。空はこんなに青かっただろうか。闇に包まれる寸前の、濃く深い青がすごく、綺麗だ。
ーー目の前のことを淡々とこなすしかあんたには、
後輩の声がよみがえる。
そうだな。気がつくと何故か笑っていた。
目の前の道を、淡々と進むしかないのかもしれない。

「先輩、遭難したって聞いたんすけど」
翌朝、血相を変えて現れた後輩はにやにやと笑う俺に絶句した。あのあと淡々と目の前の道を進んだらたまたま方向があっていたらしく、俺は何とか帰ることができた。奇跡に近い。心底ほっとした。ので、twitterに書き込んだ。どうやらそれを見てとんできたらしい。こいつもかわいいところがあるじゃないか。
呆れた顔をした後輩の頭をわしゃわしゃとかき混ぜると、彼は本当に気味悪そうな顔をした。
「なんすか。俺ちょっとだけ責任感じてたんすけど」
「いいや。ありがとな」
この経験を話せば内定取れるかな、とふざければ、彼はお
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
習作39 ※未完
作者:夢路 お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:449字
雪。雪。雪。 四方八方どこまで行っても雪しかない。 完全に迷ってしまったようだ。 携帯を確認する。当然のように圏外だ。 恐怖で鼓動が早くなる。 もし、このまま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な遭難 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:890字
遭難した。 久しぶりに帰った田舎、実家の裏側にある山をのんびりと散策していたはずが、このざまだ。ちょっとした散歩のつもりで普段着だった上に、日が暮れかけている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉

梨乃の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
登山 ※未完
作者:梨乃 お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1270字
「山とか登るといいっすよ」どうでも良さそうにそう言ったクソ生意気な後輩の言葉を、あの時どうして流せなかったんだろうか。後悔してももう遅い。とにかく俺は今、山道の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:安全な踊り 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:996字
足払い。を、間一髪で避けてストレート。向こうもかわして背後を取られる。右か左か。いや、と迷う暇もなく放たれる蹴りを振り向きざまに跳び避ける。一瞬ふらついた隙をつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1043字
ちりん。涼しげな音を立てて。吸い込まれていく。彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣 〈続きを読む〉