お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:449字

習作39 ※未完
 雪。雪。雪。
 四方八方どこまで行っても雪しかない。
 完全に迷ってしまったようだ。

 携帯を確認する。当然のように圏外だ。
 恐怖で鼓動が早くなる。
 もし、このまま救助されなかったら。その先にある現象を考えてしまう。

 雪に足を取られながらも必死に歩いた。
 嫌だ、こんなところで死にたくない。
 いつの間にか夕陽が落ちようとしていた。
 このまま日が沈んでしまったら、俺の命も沈んでしまう。

 そう思い、絶望に落ちようとした刹那、前方に明かりが見えた。
 急くようにそこへ走る。
 ログハウスが見える!暖かそうな明かりが漏れている。助かった!

 この奇跡に感謝しつつドアを叩く。

 「もし!誰かいませんか!」

 鍵が開く音がして、木が軋む音と同時にドアが開く。
 雪のように美しい女性がいた。

 「突然すみません!遭難したんです!泊めていただけませんか!」

 「そういうことでしたら、いいですよ」

 彼女はにこりと微笑んで俺をいざなった。
 ドアが締まった。
 そして
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
登山 ※未完
作者:梨乃 お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1270字
「山とか登るといいっすよ」どうでも良さそうにそう言ったクソ生意気な後輩の言葉を、あの時どうして流せなかったんだろうか。後悔してももう遅い。とにかく俺は今、山道の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な遭難 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:890字
遭難した。 久しぶりに帰った田舎、実家の裏側にある山をのんびりと散策していたはずが、このざまだ。ちょっとした散歩のつもりで普段着だった上に、日が暮れかけている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:楽しかった故郷 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:494字
あるよく晴れた昼下がりの日。 町外れの丘からはいつもと変わらぬ町が見えていた。 私は仲の良い彼と一緒に過ごしていた。 平和で幸せで、暖かかった。 私は野に生え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:つまらない机 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:262字
少年が使っている勉強机。 何の変哲もない机だ。 しかし、少年が寝静まると、このありふれた勉強机はあらゆる夢を見せる舞台に変貌する。 おもちゃ箱から、おもちゃた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:大きな人間 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:278字
住んでいた島に、突如巨人が攻め込んできた。 大きな大きな体躯の人間。それが巨大な船に乗って、海を渡ってやってきた。 武装した巨人たちは、島の中を見渡した。 耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:真紅の怒りをまといし空想 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:437字
男が呪文を唱えると、周囲から目に見えない力が集まって、力場が形成された。 それが凝縮されて、カタチが現れる。 赤く赤く燃える炎を纏った魔神。 そう言いようのな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:明日の祖母 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:557字
後悔の念がいつまでも絡みついて消えない。 遺影に映る祖母を見て、わたしはそう思った。 わたしの親は忙しく家を開けることが多かった。 幼いわたしの面倒を見てくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:見憶えのある検察官 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:293字
殺人事件の弁護人として、ぼくは法廷に立っていた。 検察官は赤いスーツを身にまとったスルドそうな雰囲気の男だ。 胸元のヒラヒラが特徴的だ。なんでも無敗の男だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:黄色い決別 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:256字
古ぼけた小さな電車に足を踏み入れた。 ぼくは東京へ続く電車に乗ろうとしていた。 そしてこんな田舎とは別れを告げる。 今まで、この狭くて何もない田舎には嫌気が差 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:男の何か 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:583字
ない。あれがない。何がないのだ。ナニがない。 起きた瞬間、おれは本能的な恐怖を感じた。 やけに股が軽いと思って見てみれば、男の子の象徴がなくなっていることに気 〈続きを読む〉