お題:穏やかな食卓 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:717字

夕美の夕日
次会う日はいつだろうと思った。
夕美は静かに目を瞑る。
父親の運転する車の、後部座席に揺られている。
両親が離婚して、約半年が経った。別段、それが悪いことだとは思っていない。ただ、自分の知る両親は決して離婚するほど不仲でも険悪でも無いと思っていただけだ。
中学生にはめずらしく、「両親」というものに依存しているのかもしれないな、と思った。親はあくまで親で、自分の人生において二つで一つのパーツだったのだ。
それがある日いきなり、「私たちは一つで二つだったのだよ」と道を分かたれては困ってしまう。純粋な動揺だった。
夕美は知る由も無いが、原因は母親にあったらしい。詳細は分からなくても、娘には語りたく無い事情があるだろうことには気がついていた。
カーステレオから音楽が流れる。静かなギターの音色だ。どこにも行けなさそうなその音色は、今の夕美に寄り添っている。
半年ぶりに会う母親は、悲しいほど変わっていなくて、ただただ悲しかった。何も変わる必要がないのなら自分の元から去らなくても良かったのではないかと問い詰めたかった。
男女の別れを経験したことのない夕美にとって、一度は誰よりも親密になった誰かが決定的に自分から離れていってしまう喪失感は例えようもないものだ。
「夕美」
運転席から声がする。父の頬は夕日に照らされていた。
「晩御飯。何が食べたい」
それがありきたりな慰めであったとしても、今の夕美を解放するには十分な問いかけだった。
「ハンバーグ」
誰の、と頭をかすめる。母親の作るハンバーグは香辛料が聞いていて、他のどこでも食べられない味だった。頭痛がする。それが何を意味するのか、きちんと消化しきる前に日は沈んでしまうのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の殺し屋 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:421字
過去に一度だけ、殺し屋に狙われたことがある。なぜ狙われたのか、それは依頼者が俺に対して些細な恨みを覚えていて、「自分が手を下すのではないからいいだろう」とか安 〈続きを読む〉

佐藤りーまんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:汚れた狐 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:481字
獣の目を見たのは、その日が初めてだった。佐藤は荒ぶれた竹藪の奥で陽の光を避け、息を潜めている。昨日上級者向けの山を登っていると、正規ルートから外れ、遭難してしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:今年の豪雨 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:399字
窓を打つ雨音を聞いていると、高校の図書室を思い出す。古い紙が湿気を含んだ、独特の匂いが舞い上がってくる。そこにはいつも僕と彼女だけが居た。彼女はただ貸出カウンタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:439字
話したこともないクラスメイトの笑い声が、耳から離れないでいる。僕は頭を抱えた。長い髪が指の隙間を滑り抜ける。切り口からは黒く粘ついた血液が垂れ下がった。抱えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:ワイルドな豪雪 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:682字
「すげー雪だな。こりゃ」翔太が帽子のつばに手を掛け、空を見上げた。大きな平屋建ての瓦には、たっぷりと朝日を含んだ雪が乗っている。晴れた陽の光を反射して眩しいくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べた殺し 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:428字
手のひらから一羽の蝶が生まれるのが分かった。鱗粉を指に散らし、青く発光する羽を震わせている。背の高い白髪の青年は、手の中の命を慈しむように見つめていた。「またで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べたコンサルタント 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:614字
口の周りを拭った。髭にはところどころ冷えて固まった血がこびりついている。指先でほぐしながら唇を舐めた。「美味しかった?」隣の男がパソコン画面から目を逸らさずに聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:彼女が愛した風邪 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:707字
「秋人」無機質な彼女の声がした。ゆっくりと目を開ける。家庭用アンドロイドのユキが小さな土鍋を乗せた盆を持って立っている。「いいよ、そこに置いておいて」「お医者様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:過去のカップル 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:447字
目覚めても、涙は溢れていなかった。鳴り続けるスマートフォンを握りしめる。昨日の夜、いつものような食事の後に彼女に別れを告げられた。驚くほど呆気なく、つい一週間前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:今日の山 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:560字
「筆記用具を置いてください」聞き慣れた教師の無機質な言葉で、現実に引き戻された。とっくの昔に切れた集中力の切れ端を集めて、マークミスが無いか確認する。後ろから回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:空前絶後の悲しみ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:455字
空前絶後の悲しみは、不意に襲ってくる。今日は食器を洗うため、スポンジで泡を立てていると、視界が歪み涙が溢れてきた。理由などない。ただ、感情を排泄するように生理現 〈続きを読む〉