お題:穏やかな食卓 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:717字

夕美の夕日
次会う日はいつだろうと思った。
夕美は静かに目を瞑る。
父親の運転する車の、後部座席に揺られている。
両親が離婚して、約半年が経った。別段、それが悪いことだとは思っていない。ただ、自分の知る両親は決して離婚するほど不仲でも険悪でも無いと思っていただけだ。
中学生にはめずらしく、「両親」というものに依存しているのかもしれないな、と思った。親はあくまで親で、自分の人生において二つで一つのパーツだったのだ。
それがある日いきなり、「私たちは一つで二つだったのだよ」と道を分かたれては困ってしまう。純粋な動揺だった。
夕美は知る由も無いが、原因は母親にあったらしい。詳細は分からなくても、娘には語りたく無い事情があるだろうことには気がついていた。
カーステレオから音楽が流れる。静かなギターの音色だ。どこにも行けなさそうなその音色は、今の夕美に寄り添っている。
半年ぶりに会う母親は、悲しいほど変わっていなくて、ただただ悲しかった。何も変わる必要がないのなら自分の元から去らなくても良かったのではないかと問い詰めたかった。
男女の別れを経験したことのない夕美にとって、一度は誰よりも親密になった誰かが決定的に自分から離れていってしまう喪失感は例えようもないものだ。
「夕美」
運転席から声がする。父の頬は夕日に照らされていた。
「晩御飯。何が食べたい」
それがありきたりな慰めであったとしても、今の夕美を解放するには十分な問いかけだった。
「ハンバーグ」
誰の、と頭をかすめる。母親の作るハンバーグは香辛料が聞いていて、他のどこでも食べられない味だった。頭痛がする。それが何を意味するのか、きちんと消化しきる前に日は沈んでしまうのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
饗宴 ※未完
作者:匿名さん お題:楽しい葬式 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:355字
目の前でどんちゃん騒ぎが繰り広げられている。棺桶の周りで、踊り、歌い、ただ騒ぐ。皆、喪服を着ているというのに、厳粛な空気など微塵も感じられない。 ――どういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:とんでもない耳 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:821字
わたくしがこれからするお話は、とある若者の物語です。 彼は、三人兄弟の末っ子で、そして、母は早くに死に、父と四人で暮らしておりました。 ある日のこと、その国の 〈続きを読む〉

佐藤りーまんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昼間の旅行 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:329字
「確かにこのあたりには来ないだろうな」佐藤の声に顔を上げる。周囲を見渡すと、石段の周囲に立ち並ぶ店にまばらに人影がある。雪菜は頷くと先ほど買ってもらった焼きまん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:平和と地下室 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:442字
「明日の講義、サボるけどお前は?」牧谷に聞かれて、林は手を止めた。「いや、俺は出るよ」了解、と答えて牧谷が立ち上がる。黒いリュックサックが音を立てた。時刻は午後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:汚れた狐 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:481字
獣の目を見たのは、その日が初めてだった。佐藤は荒ぶれた竹藪の奥で陽の光を避け、息を潜めている。昨日上級者向けの山を登っていると、正規ルートから外れ、遭難してしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:今年の豪雨 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:399字
窓を打つ雨音を聞いていると、高校の図書室を思い出す。古い紙が湿気を含んだ、独特の匂いが舞い上がってくる。そこにはいつも僕と彼女だけが居た。彼女はただ貸出カウンタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:439字
話したこともないクラスメイトの笑い声が、耳から離れないでいる。僕は頭を抱えた。長い髪が指の隙間を滑り抜ける。切り口からは黒く粘ついた血液が垂れ下がった。抱えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:ワイルドな豪雪 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:682字
「すげー雪だな。こりゃ」翔太が帽子のつばに手を掛け、空を見上げた。大きな平屋建ての瓦には、たっぷりと朝日を含んだ雪が乗っている。晴れた陽の光を反射して眩しいくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べた殺し 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:428字
手のひらから一羽の蝶が生まれるのが分かった。鱗粉を指に散らし、青く発光する羽を震わせている。背の高い白髪の青年は、手の中の命を慈しむように見つめていた。「またで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べたコンサルタント 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:614字
口の周りを拭った。髭にはところどころ冷えて固まった血がこびりついている。指先でほぐしながら唇を舐めた。「美味しかった?」隣の男がパソコン画面から目を逸らさずに聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:彼女が愛した風邪 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:707字
「秋人」無機質な彼女の声がした。ゆっくりと目を開ける。家庭用アンドロイドのユキが小さな土鍋を乗せた盆を持って立っている。「いいよ、そこに置いておいて」「お医者様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:過去のカップル 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:447字
目覚めても、涙は溢れていなかった。鳴り続けるスマートフォンを握りしめる。昨日の夜、いつものような食事の後に彼女に別れを告げられた。驚くほど呆気なく、つい一週間前 〈続きを読む〉