お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1043字

硬貨
ちりん。
涼しげな音を立てて。
吸い込まれていく。

彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣りとしてぼくを受け取った。レジスターで眠っていたぼくは突然明るい世界に放り出されて、眠い目をこすりながら考えたのを覚えている。
今度は、ぼくはなにに、使われるんだろう。

彼女はぼくをぶたの貯金箱に入れた。大事そうに、そっと入れられて悪い気はしない。たくさんの仲間と一緒に、ぼくは自分がまた日の目を浴びる日を待っていた。
ぼくは彼女が好きだったから、なるべくそばにいたかったから、本当は少しだけ、ずっと使われなければいいのに、なんて思って。でも、彼女が好きだから、彼女がちょっとでも幸せになるために、使われたらいいなって。
わくわくしながらその日を待った。自分が彼女を、笑顔に出来る日を、待った。

ちりん。表で風鈴が鳴る。

夏のあつい、あつい日のこと。ついにその時がきた。
ここのところ彼女は様子が変だった。毎日、疲れているようだったし、泣いていることもあった。
その日、誰かが来ていた。何か言い争うような声がして、そして突然、ぼくたちは外に放り出された。随分窮屈になったぶたの貯金箱が割られたようで。ぼくは久しぶりに浴びた太陽光の、あまりの眩しさに目を瞑る。
「もう、これだけなの」
涙声に目を凝らせば、彼女が立っていた。初めて会った時からもう何年も経っていたから、少し大人びて。髪を短く切り揃えて、手にはチョコレートではなくタバコが握られていて。
と、浅黒く大きな手が無造作にぼくらをかき集めた。
知らない男が、舌打ちと共に彼女を睨みつける。
「ねえ、」
彼女は怯えたように彼にすがりついた。
「わかれるなんて、いわないで」
頭を殴られたような衝撃が走った。彼女は、とても苦しそうだ。男はぼくらを乱暴に封筒に押し込んだ。そしてせせら嗤う。彼女を、振りほどく。
「金の切れ目が、なんとやら、ってな」
ちりん。
鍵が落ちる音がした。多分、合鍵、だ。

彼女を笑顔にする日をこんなにも待ちわびていたのに。最後に見た彼女は泣いていて、ぼくは今、彼女を捨てた男の手の中に。
やかましい音の中、彼はぼくを取り出した。ゲームセンターのようだ。そして自販機に向かうと、容赦なくぼくを投げ入れる。
ちりん。
涼しげな音は喧騒に吸い込まれていく。
出てきた缶ジュースに、毒が入っていることを切に願いながら、ぼくはまた、目を閉じた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
サポーター ※未完
作者:ムラサキセロリ お題:許せない貯金 必須要素:七五調 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:261字
彼はいわゆるサポーターだった。週末になるたびお気に入りのサッカークラブを応援する生活。月に一度、県外に遠征するのが大好きな人だった。貯金はない。家にもいない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
傷の貯金 ※未完
作者:匿名さん お題:傷だらけの貯金 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:692字
彼と初めて会ったのはいつ頃だったでしょうか。たまたま授業で隣の席になり、お話する機会があったのです。彼は本当に優しいお方でした。頭も良く、性格も優しく、非の打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:戦艦のデマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:664字
(#13) 目の前に広がる光景に息を飲んだ。 見渡す限りの炎。それらから立ち上る黒煙。そこかしこに転がっている死体。 操縦桿を握りしめる手のひらからは止めどなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
限界点 ※未完
作者:真弓ヽ(=ε=)ノ お題:空前絶後の嘔吐 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:367字
「おえっ!」吐いてしまうのはこれで何度目だろうか。数えるだけでまた吐き気を催してくるので彼はそのことについて考えないようにした。「やはり食中毒か…」排水溝の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:shojin お題:かゆくなる光 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:249字
私の遠い先祖は吸血鬼だったらしい。かつては夜の支配者だった吸血鬼は夜が明るくなるにつれ姿を消した。その血は人と混ざり今も生きている。しかし吸血鬼の特性はもうほと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:597字
俺は○○。普通の社会人だ。もう一度いう、普通の社会人だ。ただ一点を除いては。その一点というのは、信じてもらえないかもしれないが、俺の手の甲のアザに「ところてん」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:自分の中のところてん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:863字
緩衝材というのはなんにでも必要であり、「えっと遅れた理由は?」 あたりまえのように人間の中にも存在する。「寝坊のようなものかな?」「寝坊じゃないの?」「うーん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:勇敢な、と彼は言った 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1010字
そう、確かにテリーは勇敢だった。ただそれは残念なことに、あふれる勇気からくるようなものじゃなかった。奴には足りないものが一つあって、それが無いゆえの行動が勇敢に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの命日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1151字
「『ケンタくんの命日』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルの時点で嫌な予感しかしないけど、いいわ、聞くわ」 大鷺高校文芸部の部室で、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:373字
私は、田舎から出てきたばかりのオタク女子こんな私に友達ができるだろうかと、不安を抱えながら心配させまいと秘めたままそんな尽きない私の悩みは解決しないまま、これか 〈続きを読む〉

∠R(H)INO(CEROS)の即興 小説


ユーザーアイコン
登山 ※未完
作者:∠R(H)INO(CEROS) お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1270字
「山とか登るといいっすよ」どうでも良さそうにそう言ったクソ生意気な後輩の言葉を、あの時どうして流せなかったんだろうか。後悔してももう遅い。とにかく俺は今、山道の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:∠R(H)INO(CEROS) お題:安全な踊り 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:996字
足払い。を、間一髪で避けてストレート。向こうもかわして背後を取られる。右か左か。いや、と迷う暇もなく放たれる蹴りを振り向きざまに跳び避ける。一瞬ふらついた隙をつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:∠R(H)INO(CEROS) お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1043字
ちりん。涼しげな音を立てて。吸い込まれていく。彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣 〈続きを読む〉