お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1043字

硬貨
ちりん。
涼しげな音を立てて。
吸い込まれていく。

彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣りとしてぼくを受け取った。レジスターで眠っていたぼくは突然明るい世界に放り出されて、眠い目をこすりながら考えたのを覚えている。
今度は、ぼくはなにに、使われるんだろう。

彼女はぼくをぶたの貯金箱に入れた。大事そうに、そっと入れられて悪い気はしない。たくさんの仲間と一緒に、ぼくは自分がまた日の目を浴びる日を待っていた。
ぼくは彼女が好きだったから、なるべくそばにいたかったから、本当は少しだけ、ずっと使われなければいいのに、なんて思って。でも、彼女が好きだから、彼女がちょっとでも幸せになるために、使われたらいいなって。
わくわくしながらその日を待った。自分が彼女を、笑顔に出来る日を、待った。

ちりん。表で風鈴が鳴る。

夏のあつい、あつい日のこと。ついにその時がきた。
ここのところ彼女は様子が変だった。毎日、疲れているようだったし、泣いていることもあった。
その日、誰かが来ていた。何か言い争うような声がして、そして突然、ぼくたちは外に放り出された。随分窮屈になったぶたの貯金箱が割られたようで。ぼくは久しぶりに浴びた太陽光の、あまりの眩しさに目を瞑る。
「もう、これだけなの」
涙声に目を凝らせば、彼女が立っていた。初めて会った時からもう何年も経っていたから、少し大人びて。髪を短く切り揃えて、手にはチョコレートではなくタバコが握られていて。
と、浅黒く大きな手が無造作にぼくらをかき集めた。
知らない男が、舌打ちと共に彼女を睨みつける。
「ねえ、」
彼女は怯えたように彼にすがりついた。
「わかれるなんて、いわないで」
頭を殴られたような衝撃が走った。彼女は、とても苦しそうだ。男はぼくらを乱暴に封筒に押し込んだ。そしてせせら嗤う。彼女を、振りほどく。
「金の切れ目が、なんとやら、ってな」
ちりん。
鍵が落ちる音がした。多分、合鍵、だ。

彼女を笑顔にする日をこんなにも待ちわびていたのに。最後に見た彼女は泣いていて、ぼくは今、彼女を捨てた男の手の中に。
やかましい音の中、彼はぼくを取り出した。ゲームセンターのようだ。そして自販機に向かうと、容赦なくぼくを投げ入れる。
ちりん。
涼しげな音は喧騒に吸い込まれていく。
出てきた缶ジュースに、毒が入っていることを切に願いながら、ぼくはまた、目を閉じた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
サポーター ※未完
作者:ムラサキセロリ お題:許せない貯金 必須要素:七五調 制限時間:15分 読者:200 人 文字数:261字
彼はいわゆるサポーターだった。週末になるたびお気に入りのサッカークラブを応援する生活。月に一度、県外に遠征するのが大好きな人だった。貯金はない。家にもいない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
饗宴 ※未完
作者:匿名さん お題:楽しい葬式 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:355字
目の前でどんちゃん騒ぎが繰り広げられている。棺桶の周りで、踊り、歌い、ただ騒ぐ。皆、喪服を着ているというのに、厳粛な空気など微塵も感じられない。 ――どういう 〈続きを読む〉

梨乃の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:遠い靴 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:1066字
赤い靴、という童話をご存知だろうか。この村には踊り子がいた。可愛くて、無邪気で、みんなから好かれるような、そんな踊り子。黒い髪は艶やかで、肩までに切り揃えられ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
登山 ※未完
作者:梨乃 お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1270字
「山とか登るといいっすよ」どうでも良さそうにそう言ったクソ生意気な後輩の言葉を、あの時どうして流せなかったんだろうか。後悔してももう遅い。とにかく俺は今、山道の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:安全な踊り 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:996字
足払い。を、間一髪で避けてストレート。向こうもかわして背後を取られる。右か左か。いや、と迷う暇もなく放たれる蹴りを振り向きざまに跳び避ける。一瞬ふらついた隙をつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梨乃 お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1043字
ちりん。涼しげな音を立てて。吸い込まれていく。彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣 〈続きを読む〉