お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1043字

硬貨
ちりん。
涼しげな音を立てて。
吸い込まれていく。

彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣りとしてぼくを受け取った。レジスターで眠っていたぼくは突然明るい世界に放り出されて、眠い目をこすりながら考えたのを覚えている。
今度は、ぼくはなにに、使われるんだろう。

彼女はぼくをぶたの貯金箱に入れた。大事そうに、そっと入れられて悪い気はしない。たくさんの仲間と一緒に、ぼくは自分がまた日の目を浴びる日を待っていた。
ぼくは彼女が好きだったから、なるべくそばにいたかったから、本当は少しだけ、ずっと使われなければいいのに、なんて思って。でも、彼女が好きだから、彼女がちょっとでも幸せになるために、使われたらいいなって。
わくわくしながらその日を待った。自分が彼女を、笑顔に出来る日を、待った。

ちりん。表で風鈴が鳴る。

夏のあつい、あつい日のこと。ついにその時がきた。
ここのところ彼女は様子が変だった。毎日、疲れているようだったし、泣いていることもあった。
その日、誰かが来ていた。何か言い争うような声がして、そして突然、ぼくたちは外に放り出された。随分窮屈になったぶたの貯金箱が割られたようで。ぼくは久しぶりに浴びた太陽光の、あまりの眩しさに目を瞑る。
「もう、これだけなの」
涙声に目を凝らせば、彼女が立っていた。初めて会った時からもう何年も経っていたから、少し大人びて。髪を短く切り揃えて、手にはチョコレートではなくタバコが握られていて。
と、浅黒く大きな手が無造作にぼくらをかき集めた。
知らない男が、舌打ちと共に彼女を睨みつける。
「ねえ、」
彼女は怯えたように彼にすがりついた。
「わかれるなんて、いわないで」
頭を殴られたような衝撃が走った。彼女は、とても苦しそうだ。男はぼくらを乱暴に封筒に押し込んだ。そしてせせら嗤う。彼女を、振りほどく。
「金の切れ目が、なんとやら、ってな」
ちりん。
鍵が落ちる音がした。多分、合鍵、だ。

彼女を笑顔にする日をこんなにも待ちわびていたのに。最後に見た彼女は泣いていて、ぼくは今、彼女を捨てた男の手の中に。
やかましい音の中、彼はぼくを取り出した。ゲームセンターのようだ。そして自販機に向かうと、容赦なくぼくを投げ入れる。
ちりん。
涼しげな音は喧騒に吸い込まれていく。
出てきた缶ジュースに、毒が入っていることを切に願いながら、ぼくはまた、目を閉じた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
サポーター ※未完
作者:ムラサキセロリ お題:許せない貯金 必須要素:七五調 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:261字
彼はいわゆるサポーターだった。週末になるたびお気に入りのサッカークラブを応援する生活。月に一度、県外に遠征するのが大好きな人だった。貯金はない。家にもいない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000のお金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:314字
"職業:武器商人" 平和な世の中では閑古鳥が鳴くが、貧困国での度重なる内戦、先進国での相次ぐテロという世の中なら、大儲けできる仕事だ。まっとうな商売ではないので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:すごい人間 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:800字
隣に越してきた男が毎夜空を歩いている、と嘘つきで有名なBくんが今日もクラスを騒がして、その代償としていつものように下校途中に田んぼに突き落とされていた。ので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限りなく透明に近い表情 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:360字
海には水があると、ついつい思い込んでしまうように、瞳から涙が零れ落ちるだろうと、思いながら見つめていた。「チキンナゲット食べて帰ろうぜ」 そう言って振り返った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授業 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:失敗の小説上達法 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:940字
ものごとには準備があって、予習復習を繰り返す必要がある。試験であったり、大賞であったり、グランプリであったり、を。そして次にインプット。アウトプットするだけで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
習作46 ※未完
作者:夢路 お題:自分の中の海風 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:333字
毎日が辛い。 会社に行きたくない。 布団の中でもぞもぞしながらも、起き上がって支度をする。 故郷から上京して都会で就職をした。 しかし仕事は失敗ばかり、上司か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:█████ お題:わたしの嫌いな爆発 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:581字
まずは、喉のあたりがボコリと膨らんだ。わたしの目は、スローモーションでそれをとらえるので、逆にそれが「自分の身に起きたことだ」と認識することができない。「感情な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、彼 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:772字
僕にとって人とは「生物」の一種に過ぎない。ズババババァァァ!!!このように僕の指先から出る液体「お酢」さえ弾丸のように発射することができるこんな人殺し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと儀式 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:659字
「お前、本当に好きだよな」 友人にそう指摘されるほどには、俺の缶コーヒー率は高い。 特に、試験や大会の前日など、緊張する前はいつもそうだ。「おまじないみたいなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと儀式 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:406字
注文したコーヒーが波紋を打ちながらこれを飲み干せと誘う。なぜ俺はこの憎き泥水を頼んでしまったのか。だから外食は嫌いなんだ。あのメニューも見せてくれない状況でカウ 〈続きを読む〉

∠R(H)INO(CEROS)の即興 小説


ユーザーアイコン
登山 ※未完
作者:∠R(H)INO(CEROS) お題:純粋な遭難 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1270字
「山とか登るといいっすよ」どうでも良さそうにそう言ったクソ生意気な後輩の言葉を、あの時どうして流せなかったんだろうか。後悔してももう遅い。とにかく俺は今、山道の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:∠R(H)INO(CEROS) お題:安全な踊り 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:996字
足払い。を、間一髪で避けてストレート。向こうもかわして背後を取られる。右か左か。いや、と迷う暇もなく放たれる蹴りを振り向きざまに跳び避ける。一瞬ふらついた隙をつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:∠R(H)INO(CEROS) お題:許せない貯金 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1043字
ちりん。涼しげな音を立てて。吸い込まれていく。彼女が初めてぼくを手にした時、綺麗な子だなあと思った。長い髪、大きな目、白い手足。彼女はチョコレートを買って、お釣 〈続きを読む〉