お題:熱い小説の書き方 必須要素: 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:936字
[削除]

麻痺
人は傷つくと強くなる。
私の場合、嫌なことがあると原稿用紙に向かった。お気に入りの万年筆(別に鉛筆でもボールペンでも何でも良かったのだが)を手に溢れ出す思いを書き殴っている間は無になれたし、書き終えると少しすっきりしたものだ。
辛い記憶を嘘でコーティングしてネタにする。そうしてまるで虚構であったかのように「物語」として作り上げてしまえば、私は大丈夫だった。そうやってごまかし続けて、気がついたら、私は感情を持つのがひどく下手くそな人間になっていた。

授業終わり、図書館に寄って本を借りる。最近はこれが日課になっている。ここのところ感情が高ぶることは滅多になくなっていた。このままでは何も書けないなあと思い、無理矢理にでも心を動かせないかと考えての行動だった。
本を借りて外に出ると雨が降っていた。げ、と顔をしかめる。天気予報ではずっと晴れとのことだったから、傘なんて持ってるはずもなく。手をかざしてみる。そんなことをしなくてもわかるくらいの、はっきりとした雨だったけれど。
「どうしたの」
ふいに後ろから声をかけられてどきりとした。振り向くと、同期が訝しげにこちらを見ている。その手に持たれた、青い折りたたみ傘。
「……あー、傘、忘れて」
目をそらして俯いた。彼はあーと言いながら横に並び、空を見上げる。
ああ、なんとなく。もやもやと調子が狂う。
「使う?」
差し出された厚意に驚いて顔を上げた。彼は相変わらずの無表情で傘を渡してきた。
「え、でも」
「いいよ。俺、入れてもらうから」
はたと、動きが止まった。心なしか、雨が先ほどより強く音を立てる。
「おまたせ!かえろー」
背後から小柄な女の子が走り出てきた。彼は振り返って、すごく優しく笑う。そして私に「じゃあ」とだけ言って、彼女の傘を手に取った。
二人は、雨の中、小さくなっていく。
残された私は青い折りたたみ傘をポツンと眺めた。そして自嘲気味に笑う。
入れてもらうから、か。

人は傷つくと強くなる。
久々に手に取った万年筆が踊り出す。
ああ、ちゃんと心が揺さぶられたじゃないか。書けるじゃないか。よかったじゃ、ないか。

強くなるんじゃない。麻痺していくだけだ。そう気付いたとき、いつのまにか雨は止んでいた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い血 必須要素: 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:825字
血小坂という坂がある。近所に。よく見て、血小板じゃないよ。血小坂だ。近所にある。緩やかながら、だらりと長く、途中一回下ってからもう一度上るようになっている。私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:うへへ、御曹司 必須要素: 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:431字
雨は冷たく都会を冷やし、夜の帳をかけていく。 道行く人は震える手でささやかな灯火のように傘を差す。傘はせめぎ合い、人の波をむしろ寒空の中に留めていった。 モリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひのえ お題:免れたしきたり 必須要素: 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:881字
「それでは生徒諸君。君たちに、この学校でのしきたりをお伝えいたします」 4月のとある日。 入学式の生徒会長挨拶で、生徒会長と思しき女子生徒が重々しく告げた。 緊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パラソル ※未完
作者:nur155 お題:遅すぎた紳士 必須要素: 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:373字
朝早く何となく散歩したくなって、コンビニにでも行こうと家を出た。コンビニでジュースを買って店の前で飲んでいると、遠くの方に緑と黄色の何かが浮いているのが見えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ver.2@文字書き練習中 お題:2つの昼 必須要素: 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:945字
(二つの昼??????)恒星十二群、ササエニ系列ラミアット星は、地球でいう、恒星太陽を二つ擁する惑星である。恒星ミズーリ、恒星アンリは互い違いに、ぴったり14時 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:カイナ@日曜東へ-23a お題:冷たい克服 必須要素: 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:670字
傘が怖いんだ、と彼は言った。「しかも年々ひどくなる。先日はついに『きのこの山』を食べられなくなった」 世の中にいろんな恐怖症があるのは知っているが、傘というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:冷たい克服 必須要素: 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:409字
ザアザアと、雨が降り続く夏の始まり。街路樹は、びしょ濡れの青々しい青草が首を項垂れ 街ゆく人々を黙って見ていた。 私は意を決して家を飛び出す。お気に入りの青空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:淡い公認会計士 必須要素: 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:731字
面倒なクライアントの査定を終えた頃には、もう9時を過ぎていた。同僚は皆とうに帰宅しており、事務所には私ひとりきりだった。大きく伸びをして、天井を見上げる。「なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kuuso お題:過去のアルパカ 必須要素: 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:514字
「むかし,デートで動物園にアルパカを観に行ったことがあったよね,覚えてる?」「ああ」「テレビで見て,珍しくあなたがアルパカに興味を示したから,二人で行ってみよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:asaki1674@ログレス お題:明日の天才 必須要素: 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:519字
「私は、傘が、大嫌いなんだ!」今日の天気予報は降水確率80%で、ほとんどの人が傘を持って外出している。しかしまだ雨は降っていない。そんな中、彼女はそう叫ぶと手渡 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:2つのピアノ 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:830字
あなたは今、故郷の、昔よく通った寺院の近くを歩いている。近くには住宅街、ポロン、ポロンとセミに交じって聞こえるのは、これはピアノの音だろうか。日差しがあなたを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幼いスキル 必須要素:足の小指 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:472字
小指が痛い普通どうせタンスだろwwそんな痛くないだろwwとかあおってくる軽く家庭裁判所に行ったほうがいいようんみたいな人がいるでも 僕は 包丁とピーラーを落とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃコメディ 必須要素:ドイツ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:520字
今日はドイツに行ってきました~と新人アナウンサーが画面の中でいううるせえな こっちはひいじいちゃんなくしたってのに 何陽気にやってんだよ お前なんかどうせ売れね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黒板真っ白 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 必須要素:1000字以上1500字以内 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:652字
えーめっちゃやべー今日の日直誰だっけ消されちゃったよオイこうなりゃ足立!出席番号一番前の奴から指名だよ、えっもう一人女子のペアが必要なんだっけじゃあもう乾でいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:壊れかけの宴 必須要素:漫画 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:456字
「よっしゃあ!今日は無礼講だあ!」この言葉が悲劇のきっかけとなった。はじめの方はまだよかった。無礼講だったのだ。この言葉で分かった人もいるだろうが、これは世界最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉