お題:熱い小説の書き方 必須要素: 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:936字
[削除]

麻痺
人は傷つくと強くなる。
私の場合、嫌なことがあると原稿用紙に向かった。お気に入りの万年筆(別に鉛筆でもボールペンでも何でも良かったのだが)を手に溢れ出す思いを書き殴っている間は無になれたし、書き終えると少しすっきりしたものだ。
辛い記憶を嘘でコーティングしてネタにする。そうしてまるで虚構であったかのように「物語」として作り上げてしまえば、私は大丈夫だった。そうやってごまかし続けて、気がついたら、私は感情を持つのがひどく下手くそな人間になっていた。

授業終わり、図書館に寄って本を借りる。最近はこれが日課になっている。ここのところ感情が高ぶることは滅多になくなっていた。このままでは何も書けないなあと思い、無理矢理にでも心を動かせないかと考えての行動だった。
本を借りて外に出ると雨が降っていた。げ、と顔をしかめる。天気予報ではずっと晴れとのことだったから、傘なんて持ってるはずもなく。手をかざしてみる。そんなことをしなくてもわかるくらいの、はっきりとした雨だったけれど。
「どうしたの」
ふいに後ろから声をかけられてどきりとした。振り向くと、同期が訝しげにこちらを見ている。その手に持たれた、青い折りたたみ傘。
「……あー、傘、忘れて」
目をそらして俯いた。彼はあーと言いながら横に並び、空を見上げる。
ああ、なんとなく。もやもやと調子が狂う。
「使う?」
差し出された厚意に驚いて顔を上げた。彼は相変わらずの無表情で傘を渡してきた。
「え、でも」
「いいよ。俺、入れてもらうから」
はたと、動きが止まった。心なしか、雨が先ほどより強く音を立てる。
「おまたせ!かえろー」
背後から小柄な女の子が走り出てきた。彼は振り返って、すごく優しく笑う。そして私に「じゃあ」とだけ言って、彼女の傘を手に取った。
二人は、雨の中、小さくなっていく。
残された私は青い折りたたみ傘をポツンと眺めた。そして自嘲気味に笑う。
入れてもらうから、か。

人は傷つくと強くなる。
久々に手に取った万年筆が踊り出す。
ああ、ちゃんと心が揺さぶられたじゃないか。書けるじゃないか。よかったじゃ、ないか。

強くなるんじゃない。麻痺していくだけだ。そう気付いたとき、いつのまにか雨は止んでいた。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:うへへ、御曹司 必須要素: 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:431字
雨は冷たく都会を冷やし、夜の帳をかけていく。 道行く人は震える手でささやかな灯火のように傘を差す。傘はせめぎ合い、人の波をむしろ寒空の中に留めていった。 モリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひのえ お題:免れたしきたり 必須要素: 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:881字
「それでは生徒諸君。君たちに、この学校でのしきたりをお伝えいたします」 4月のとある日。 入学式の生徒会長挨拶で、生徒会長と思しき女子生徒が重々しく告げた。 緊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パラソル ※未完
作者:nur155 お題:遅すぎた紳士 必須要素: 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:373字
朝早く何となく散歩したくなって、コンビニにでも行こうと家を出た。コンビニでジュースを買って店の前で飲んでいると、遠くの方に緑と黄色の何かが浮いているのが見えた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ver.2@文字書き練習中 お題:2つの昼 必須要素: 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:945字
(二つの昼??????)恒星十二群、ササエニ系列ラミアット星は、地球でいう、恒星太陽を二つ擁する惑星である。恒星ミズーリ、恒星アンリは互い違いに、ぴったり14時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カイナ@日曜東へ-23a お題:冷たい克服 必須要素: 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:670字
傘が怖いんだ、と彼は言った。「しかも年々ひどくなる。先日はついに『きのこの山』を食べられなくなった」 世の中にいろんな恐怖症があるのは知っているが、傘というの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イっヌ・サイケデリっコ お題:冷たい克服 必須要素: 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:409字
ザアザアと、雨が降り続く夏の始まり。街路樹は、びしょ濡れの青々しい青草が首を項垂れ 街ゆく人々を黙って見ていた。 私は意を決して家を飛び出す。お気に入りの青空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドP お題:淡い公認会計士 必須要素: 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:731字
面倒なクライアントの査定を終えた頃には、もう9時を過ぎていた。同僚は皆とうに帰宅しており、事務所には私ひとりきりだった。大きく伸びをして、天井を見上げる。「なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kuuso お題:過去のアルパカ 必須要素: 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:514字
「むかし,デートで動物園にアルパカを観に行ったことがあったよね,覚えてる?」「ああ」「テレビで見て,珍しくあなたがアルパカに興味を示したから,二人で行ってみよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:asaki1674@ログレス お題:明日の天才 必須要素: 制限時間:15分 読者:174 人 文字数:519字
「私は、傘が、大嫌いなんだ!」今日の天気予報は降水確率80%で、ほとんどの人が傘を持って外出している。しかしまだ雨は降っていない。そんな中、彼女はそう叫ぶと手渡 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱぱっぴぷぺっぺぽぽ お題:愛と欲望の性格 必須要素: 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:279字
「おれ、傘が嫌いなんです」ある夏の日、昇降口にある傘を破壊し尽くした。そうしたら、教師に呼び出された。「傘が嫌いだから、全部壊すなんてヤツは、初めて見たぞ」「い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉