お題:穏やかなプレゼント 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1275字

プレゼントを君に
「激しいプレゼントとそうでもないプレゼント、どっちがいい?」
 あまり聞かれたことのない質問をされて、僕は戸惑った。
「激しいプレゼントと、そうでもないプレゼント。ねえ、どっちがいい?」
 重ねて彼女はそう聞いてくる。
 彼女は、木崎さんはクラスメイトだが、そこまで親しい仲というわけでもない。たまにしゃべるが、連絡先も知らないような子だ。
 その彼女が、何故こんなことを聞いてくるのか。僕にプレゼントをくれるということなのか。それにしたって、変な二択だと思うのだがどういうことなのか。謎は尽きない。
「激しいプレゼントとそうでもないプレゼントだよ? どっちがいいの?」
 三度目の質問で、僕はようやく返事をする。
「木崎さん」
「何?」
「激しいプレゼントって何?」
「激しいプレゼントだよ」
 答えになっていない。
「じゃあ、そうでもない方は?」
「激しいわけじゃないけど、激しいと言う人もいるかなってぐらいのプレゼントだよ」
「どういう人が、激しいと言うと思う?」
「君は多分、どっちも激しいって言うと思うよ」
 結局どっちも激しいんじゃないか。そう言うと、木崎さんはきょとんとした顔で僕を見た。
「別に君にプレゼントをあげるなんて、一言も言ってないよ」
「……じゃあ、何で僕に聞いたの?」
「聞きたかったから」
 動物か。衝動的に行動するのは止めてほしい。
「だから教えて。激しいプレゼントとそうでもないプレゼント、どっちがいい?」
「……穏やかなプレゼントかな」
 えー、と木崎さんは不満そうに眉をしかめる。
「二択だよ。二択で答えてよ」
「じゃあ激しいのでいいんじゃないの?」
 僕に被害がないのであれば、激しくたって構わない。
「ふうん、意外だね。君って穏やかなプレゼントを望むのかと思ってた」
「望むよ! さっきそう言ったよ!」
 ちょっと意味がわからない、みたいな顔を木崎さんはする。それはこっちの気持ちだ。
「じゃあ、激しいのにするね」
「誰にあげるの?」
「君」
 はい、待っておかしい。
「僕にあげるわけではないんだったよね?」
「そのつもりだったけど、激しいのを選ぶんだったら、君にあげてもいいかなって気持ちになった」
 誘導じゃないか。
「ねぇ、嬉しい? 女の子からプレゼントもらえたら、嬉しい?」
「激しいのじゃなかったらね」
 えー、と更に木崎さんは不満げである。
「わたしのこと嫌い?」
 それもこっちのセリフだ。
「それで、激しいのって何なの?」
「女の子の口からは言えないもの」
 え、と僕はドキリとした。
「言いたくないもの」
 木崎さんはさらに言葉を重ねた。
「あげるね、明日」
 そう囁いて、木崎さんは教室を出て行った。残された僕の顔は赤い。
 その夜は眠れなかった。かなり悶々としていた。
 翌朝、教室で先に来ていた木崎さんは、恥ずかしそうにそれを鞄から取り出した。
「はい、これ」
「え、何これ……?」
 差し出されたのは何かの飴のようだった。パッケージに「激しい男の檄辛キャンデー」と書いてあった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:限界を超えた粉雪 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:389字
年々降雪量が減ってスキー場は大弱り。逆転の発想、とばかりにオフシーズンの春・夏・秋を、草原のキャンプ地として開放。ご当地アイドルを呼んだり様々なイベントを組んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サクラマス お題:地獄夕方 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:412字
メイは坂を下った。真っ赤に燃えた坂だ。不思議と地面は熱くない。メイのソックスはすでに黒く燃えている。けれども、素足は燃えていない。天を仰げば空もまた燃えていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1419字
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」 大鷺高校文芸部の真倉エミリは 〈続きを読む〉