お題:神の孤島 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:543字
[削除]

神は孤独を選ぶ
ただ一人、寂しさというものはない。

ここは私が作りたもうた、小さな島。
果物も、草花も、私が創造した。思うままの色彩に、思うままのみずみずしさを。
年中穏やかな気候が続き、災害も何も起こらない。ただ毎日がゆっくりと過ぎるのみ。

全知全能の神である私は、滅亡した世界を前に、今一度新しく「新世界」を作ることとした。
生き物の大掛かりな争いで滅びた世界を目にした私は、争いを厭い、今度こそ平和な世になるようにと考えた。

闘争本能を持つ生き物は作らないことにした。果物は、自己で受粉することができ、実がなるように。
何の意思も介入しない、毎日が同じことの繰り返し。そういった世界がいいと、新世界を作った。


こんなにおだやかな生命にかこまれているのに、意思をもった生き物はどこにも存在しない。
造物主の私が管理する、箱庭のような世界となった。

「これでよい、先の大戦の悲劇がまた起こるよりは、ずっとよい」
人間が殺し合い、ついに兵器によった大爆発であの星は消滅してしまった。


何も起こらないこの小さな島。……神の孤島、とでもいえるだろうか、この新世界は。
しかし、この世にもう、そのように表する言語をもった生き物はいない。


そしてこれからも、私は生み出すことはないだろう。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:限界を超えた粉雪 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:389字
年々降雪量が減ってスキー場は大弱り。逆転の発想、とばかりにオフシーズンの春・夏・秋を、草原のキャンプ地として開放。ご当地アイドルを呼んだり様々なイベントを組んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サクラマス お題:地獄夕方 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:412字
メイは坂を下った。真っ赤に燃えた坂だ。不思議と地面は熱くない。メイのソックスはすでに黒く燃えている。けれども、素足は燃えていない。天を仰げば空もまた燃えていた。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:とびだせ水 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:691字
子供の頃学校のプールで溺れて以来、水が恐怖だった。風呂くらいの広さならまだ平気だが、旅館の大浴場ほどの広さになると足がすくんで指の先が震えてくる。水恐怖症。や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッサクリーフ(マイン倶楽部) お題:淡い犬 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:435字
俺の名前はワンス、飼い主のペットのオスの淡い犬だ。ガチャッ「ワンス、エサ持って来たよ」この男の子は飼い主の子供の男の子、スワン。「クン~クン~(エサだエサだ!) 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:複雑な惑星 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:782字
ここら一帯がお前の担当だよ、とおざなりに上司に渡された宇宙地図には、立体的にいくつもの点が分布していて、これをすべて訪問して営業回りに行くのかと思うと気が滅入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
013 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:綺麗な小説修行 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:586字
圧倒的ボリュームのあるものは人を寄せ付けない。 それは料理に限らずすべてのものが該当する。 そんなものを描写しようとすると、まず自分が体験しなければならない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての勇者 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:364字
初めての勇者。そんな言葉を僕は口にした。勇者とはなんなのだろうか。優しい人が全員勇者なのか?はたまたみんなが勇者なのだろうか?僕は知らない。そんなこと、誰にだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:気高い牢屋 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:532字
政治家になると決めたとき、牢屋で1日過ごす体験ツアーに参加した。私にとって必ずためになる経験であると判断したからだ。"何もないことを恐れてはならない" 牢屋と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉