お題:大きなゲーム 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1017字

オタク使ってねえ
個人的にはゲームキューブの四角い感じが好きである。それに鈍器になるし。だからゲームキューブを振り回して敵を倒していくゲームがあったらいいのにと思う。

無いんだけども。

昔まだプレイステーション無印のころ、私はその年の誕生日にメモリーカードを買った。プレステもないのに買った。で、今こうしてそのことを書いてみると、かなり悲しい感じがある。当時の私はゲームを持っていなかったので、人の家でゲームをやっていたんだけども、メモリーカードも人様のメモカーを拝借させていただいており、人様のメモカーに自分のデータが間借りしているような状態で、ゲームをやるだけだったら、まだそんなに気にもしなかったのだけども、データもとなると、かなり申し訳ない気持ちがあって、それで買ったのであった。

ソニーの純正のやつじゃない、なんか花柄のひまわりだったんじゃないかと思うんだけども、そういうメモリーカードを買った。二千円くらいした。当時の私というのはとてもお金が無かったので、二千円でも、かなりの感情の高ぶりがあった。感情の波が相当きた。

「プレステもないのに買う?本当に?頭がおかしいよ?」
レジに持っていく際、頭の中の私が私に向かってそういうことを言った。しかし私としてはおそらく、データだけでも自分で所持することで何か特別な感じがほしかったのだろうと思う。所有権とでもいうのか、なんか知らないけども。

とにかく人の家でやるゲームのためにメモカーを買った。

そんで、人の家でヴァルプロの無印のゲームをやったとき、自分のデータを買いたてのほかほかのメモカーにセーブした時、衝撃の事実を知った。

「え?ヴァルプロってデータ二個使うの?」
使うんだって。

私はその時初めて知った。

ゲームを持っていなかったため、私はそのような情報など知りえなかった。

その友人はその時まで私に黙って、他人のゲームデータを二個も使わせてくれていたという事である。

「なんか、え?マジで?え?大丈夫だった?」
メモカーは十五個までしかセーブできないはずであった。

「うん、一個消したけども、大丈夫、やってないゲームだったから」
その友人はそう言った。

私は自分でゲーム機も買おうと思った。

バイトをするきっかけになったのはこういう事件があったからだ。

ヴァルプロの初代はとても面白いけども、データは二個使う。当時の私達に二個はとても大きいゲームである。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:syromid お題:コーヒーと計画 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:586字
我が輩はメイド喫茶である計画をたてていた。ここの店は我が輩の推しのメイド、みぃにゃたんがいるのである。我が輩はこの店に1日3回通う。そしてもうそれが3年目になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:犬の床 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1569字
これはフィクションです! って最初に言っておかないと、良識ある人々がトヤカク言ってくるかもしれないから、予めオコトワリいたします、これはフィクションです! 空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒尽くめの冥界 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:415字
20XX年人間たちの暮らす現世と死者たちが暮らす冥界が繋がった。非力な現代社会人は冥界で鍛え上げられたマッスルボディの死者たちにボコボコにされ、じゃあスポーツマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:スポーツの喜劇 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:257字
スポーツの喜劇バーゲンというのは戦場。僕はそう思うよ。開始と同時にお目当ての服へまっしぐら入り口で半数は脱落一番安い服は店の奥にあるからね彼は自慢気に語る彼は演 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:あいつの罪人 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1111字
柔らかな日差しが照りつけてくれていると言うのに、最高の気分から一転最悪の気分にとって代わられたこの腹立たしさをどう表現すればいい。天気のいい日には散歩をしたく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの民話 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:1319字
昔々あるところにアキハバラがありました。 世界でも有数の聖地であるこの古都には、毎年億を超える信者が聖地巡礼に訪れていました。 アキハバラといえば皆さんご存知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの民話 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:858字
俺の住む土地には伝わっている話がある。 ひんぬ―教だ。 ひんぬーを愛し、ひんぬーを崇め、ひんぬーにムシャぶりつく。 産声を上げた時からおっぱいが好きで、おっぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの民話 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:675字
オデュッセウス率いる船団は、とある島にたどりついた。 長い航海の果て、船員はみな疲労し、オデュッセウス自身もまた、病に侵されていた。「よいか、原住民に後れをと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:記録にない貯金 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:362字
男は高校卒業してから、外にでたことがなかった。出なくても困らないんだと聞いた。高校生活では、根暗でもなくごく普通に友人とバカ騒ぎしてひんしゅくを買う程度ではあっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:どうあがいても多数派 必須要素:オタク 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:400字
世界は変わってしまった。 家の外を歩くと、人どころか自動車すら見かけない。 皆、家の中にいるのだ。 家の中で、ひたすら夢におぼれている。 あるものは過去の青春 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:神の幻想 必須要素:二人称 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:885字
「神だよ」日本には八百万の神がいて、とにかく神には困らない様子だ。それはもう八百万もいたら石投げたら神に当たるだろうと思えた。そして重要なのは、例えば一人の神は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:真紅の怒りをまといし階段 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:818字
丑三つ時に目が覚めた。トイレに行きたいという衝動が私の意識の外壁を突き破って夢中までに侵入したようであった。反射的に枕から顔を起こしてビデオデッキについている時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:孤独な夕方 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1062字
昔、うちのところのばあさんが、その当時子供である私に次のような話をした。「子供がいつまでも外で遊んでいると、直腸食べが来るぞ」と。普通、スタンダードにお化けとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:運命の少数派 必須要素:ポエム 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:962字
「明日の天気はどうだろうなあ・・・晴れたらいいなあ。洗濯物も乾くし、あと、晴れたらいいなあ」心ばかりのベランダで空模様を眺めていると、突然後ろから衝撃が走った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つらい駄作 必須要素:しめじ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:918字
「何か、これが自分だ。みたいな作品はありますか?」電話でそう聞かれて、言葉に窮した。これが自分だ?これが和委志千雅っていうの?なんだそれ?何者だ?「あ、あ、いっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恥ずかしい夕方 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:900字
目を覚ますと、夕方であった。くしゃみで目を覚ました。お酒を飲んで酩酊したうえでのこととはいえ、その場で布団もかけずに寝ていたのは不覚であったと思う。日中は暖かい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アルパカの大雪 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:948字
アルパカに乗りたい。そんな思いが自分の中で浮上した。浮上したと書いたのは、それが本当に急に浮かんできたからだ。ぷかぁっと、浮かんできた。顔を出してきた。理由はわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:激しい情事 必須要素:正月 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1715字
ジョージとの情事を行ってから、4、5日が経過した。「・・・」本音だけども、ジョージとの情事が発生するとは思っていなかったので、こうなんというか、ショッキングだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:興奮したカラス 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:941字
鳥というのは、逆にされると動かなくなるらしい。逆っていうのがちょっと分かりづらいかもしれないので、簡単なイメージとしては、鳥←を逆にするみたいな事。上下逆。そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素晴らしい借金 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:953字
友達の一人が、実家に帰るという話を聞いた。「え?何?帰るの?」ラインを送ってみた所、その日の返信は来なかった。まあ、夜中の10時に連絡したんだから、みていないと 〈続きを読む〉