お題:つらい土 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1058字

引っ越しなどしない限り
歯が取れた。

下の歯は屋根の上に投げて、上の歯は土に埋める。みたいななんかそういうのがあったような気がする。乳歯に限った話だったような気もしないでもないが、とにかくそういう民間伝承みたいなそういうのがあったような気がする。

抜けたのは上の歯だった。海老のから揚げをぼりぼりと食べていたらなんか急にポロリってとれた。水着大会だったらポロリも大歓迎だけども、こういうポロリはごめんなさい、ごめんこうむります。という決意の元、今までの日々を生きてきたのに、その決意が失意に変わった瞬間だった。

「なんだ!口の中でエビが水着大会していたのか!」
それでポロリしちゃったのか!ってなった。で、こんなに面白い話を思いついたのに、誰にも言う機会がなかった(だって、歯が取れた話したらひかれちゃうでしょう?)ので、ここでこうして書くことができてよかったと思う。

その後、歯は一回元の位置に差し込んで過ごしてみたが、どうしても気になって舌でペロペロといじってしまって、それでまたポロリした。一回目のポロリに比べて衝撃は無かったが、しかしそれが事実なんだという事が体に染み渡った。夏に飲むポカリスエットみたいに染み渡った。

「・・・眠ってるみたいだろ?死んでるんだぜ?」
抜けた歯は綺麗な色と形をしていた。まだ生きているみたいだった。歯医者に一年通って直した歯軍の一員であった。言い換えれば私のサーヴァントであったといってもいい。それが何気ない日常にポロリと抜けたのだ。歯自身もどうしてこのような事になったのかわかりかねているみたいだった。
「え?なんですか?どうしました?」
みたいな。歯自身も状況がわかっていないみたいだった。

「くううう・・・」
その歯を眺めていると、感慨深いものがこみあげてきてそれ以上見ることが困難になった。

そういう事が無かったら歯の真ん中に穴でもあけて、そこに紐を通して、首から下げてお守りみたいにしたいと思ったが視界に入るだけで、不意に泣きそうになるため、土に埋めることにした。

近くの河原にいって、適当なところに埋めることにした。

昨今は、ちょっと土をほじくり返すだけでも、警察に通報されかねない情勢だったが、とにかく自分の歯をちゃんと埋葬して差し上げたかった。

「ここでいいか・・・」
河原の見晴らしのいいところに穴を掘った。

穴を掘ったら、ポテトチップスがたくさん出てきた。

「なんじゃい!」
ここはポテチが育つ土なのかい!

今後一生ポテチを買わなくてもいいようになった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:つらい土 必須要素:漫画 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:533字
高校3年間の努力と情熱はたった数分で結末が敗北の思い出に変わった。敗北の瞬間からどこか現実から切り離されたような心持。実感できたのは3日後、荷物の片付けをしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
残映 ※未完
作者:まいすな お題:つらい土 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:474字
大空(そら)に抜ける白球。割れんばかりの歓声。僕と、先輩の夏は終わった。もっともっと一緒にプレーしたかった。もっと先輩のキレのあるスライダーをキャッチしたかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実の雑草 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:235字
みんなからはあまりに影が薄い存在。そう僕は雑草だ。雑草はみんなからは見られてはいないが僕からは見ている。例えば…事故を起こしたところとか?事故を起こした人がすぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ざくろ お題:ワイルドな深夜 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:663字
午前2時。こんな時間に目覚めてしまったから、小腹が空いてしまう。不健康に夜食としよう。独り暮らしの男であるから、叱る親も妻もない。頂くはジャンクの王道、カップラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くさい哀れみ 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:525字
私がホームレスの男の出会ったのは、土が凍りつく冬の朝だった。男は小学校の通学路にある大きな橋の高架下に住んでいた。ダンボールを何層にも重ねて造った棲み家は要塞の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:箱の中の酒 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:780字
「おまちどう。ご注文の品だよ」「待ってたわ!ありがとう」酒屋の店主が重たそうに木箱を運んできた。玄関を開いて、食料庫にそのまま運び入れてもらう。注文したのはたく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はかい ※未完
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、想い 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:191字
ねえ、聞いてんの?私はテレビから目を離さない。ふざけんなよ!家中に怒声が響く。ポテチを取るフリをして、小刻みに震える手元をそっと袋の中へ隠した。この強がりな行動 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ぽてち ※未完
作者:匿名さん お題:100の壁 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:362字
彼氏と住み始めてから3年目に突入する。最初はなんだっただろう、あっちが色々あって半ば実家から追い出されるようにしていたところを同じくこのまま実家ではだめな私が便 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な大学 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:888字
父母は僕を一流の大学に行かせたがった。そのため、ずっと昔から塾に通い、英会話教室に通い、水泳もやらされた。文武両道の人格者、それが目標だったらしい。そして、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:走る公認会計士 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1144字
去年の今頃の自分がもう少し物事を前向きにとらえていたかもしれない可能性について思い返してみると、これから始まる新生活、それこそが重要なのであって、その先に待ち 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:茶色い始まり 必須要素:男使用不可 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2542字 評価:0人
シャマランのサインという映画について、私の数少ない友人は以下のような感想を述べた。「テンポが悪い」と。ウィキによると、かの映画2002年に最も収益を上げた映画で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:純粋な幻想 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:826字
実家に帰省した。お盆から少しずらして帰省したのがよかったのか、行きで乗った新幹線は空いており、隣の席にも誰も座らなかった。「わーい」と、思った。実家に付くと、父 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:限りなく透明に近い策略 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:891字
「今回の件で暴動が起きる可能性があり、そのため警察の方々にバリケードを設置してもらうように依頼はしましたが・・・」指導者、あるいは表に立つ代表というのは大変なも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:宿命の雪 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:863字
「TOEFLで死ぬほど勉学して一か月と同じところで暮らせないほどあっちこっちで生活するのがいいか、それとも極限の寒さ、極寒の極東の地で暮らすのがいいか、どちらが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:地獄月 必須要素:全力のエロス 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1023字
ちょっと地獄に散歩に行った際、ある知り合いの鬼に、「こないだね、グロテク・・・グロテク、ス・・・グロテスク!グロテスクっていうのを全力で叫ばないと出れない部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:暗いドア 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:898字
●●をしないと出れない部屋っていうのが一時、まあ今もそうかもしれないけども、とにかくそれが流行って、ピクシブとかでそういうのが散見された。ただまあ、私には関係な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:紅茶と復讐 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:906字
「ナンと紅茶って合わないよねー」というようなことを隣の席の人が言っていた。以前、知り合いにここのナンとカレーがおいしいと教えられて、数回昼飯をそこでご一緒させて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:バイオ海辺 必須要素:干支 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1206字
たまに瞑想をする。もちろんそれは正規の瞑想とは違うかもしれない。瞑想を日常的に行っている人からしてみたら怒り出すような内容の瞑想かもしれない。心を無にするわけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:明るいプレゼント 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1150字
「高校受験に成功したら、なんか買ってあげる。何が欲しい?」という様な事を、飲みの席で言われた。あ、高校受験を控えているらしい未成年と思われる登場人物が飲みの席と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:早い天井 必須要素:残尿感 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1120字
なんか部屋に入ったら天井が迫ってきた。「なんだこれは!バイオ1のショットガンの部屋のあれか!」ってなった。焦った。しかもまあ、速いんだよね。天井が。「は、速すぎ 〈続きを読む〉