お題:冷静と情熱の間にあるのはコメディ 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:491字

脚本
世が求めるものは、コメディなのか??

そこまで到達して、私は思考を止める。うーん……。

私の作る作品はどうも、極端になってしまうことが多い。一方が冷静さをもって社会の問題点を指摘したり、真面目な内容だ。もう一方は、情熱的に青春を謳歌したり愛をしたりアクションをするような内容だ。

私の作品の中で特に有名な二作品は、この二極端に簡単に振り分けることができる。

最もヒットした作品は、主人公が町の駄菓子屋で出会った幼馴染に、ひたすら純粋な恋心を持ち続け、その想いが通じ結婚に至るという筋書きだ。典型的な甘酸っぱくて情熱的な恋愛モノである。

私が今悩まされているのは、その二極端から外れた作品を作るというのは、いったいどういう作品なのかということなのだ。
そして、よくよく考えたら、私はコメディを作ったことがないことに気がつき、コメディがその二極の間なのでは?という考えに至ったのだった。

私は、脚本には緩急が必要だと考える。冷静に状況を述べる場面、物語の山場として盛り上がる部分等々。コメディはいかにノリよく、みる人々を飽きさせないかを試されているのではないかと思っている。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:海の中の人 お題:つまらない夫 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:771字
これはつまらん話です。あなたに届くかわからなんのですが、とりあえず読んでみてください。家事を終えてリビングへ行くと父さんが居った。平日の昼間を過ぎても仕事をせず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:つまらない夫 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:500字
私の夫は本当につまらない。冗談も言わなければ気の利いたことも言わない。趣味も特に持たず、特に交友も持たない。そんな夫とは特に愛し合って結婚したわけでもなく、お互 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ゆるふわ愛され就職 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1037字
「とりあえずここにいてください」と、なんか係りの人っぽい方に言われてから、もう数時間が経過した。私はわけもわからず軒先のショーウインドーの中にいた。そこでとりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:急なセリフ 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:841字
「これ食べる?」「いや急に出てくる?」徹子はさっとうまい棒を差し出す。どこから取り出してきたのかわからない。「これ食べる?」徹子は八つ橋を差し出す。これもまたど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:あいつのサーブ 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:956字
コタツでミカンを食べていると、あいつがやってきた。しかもあいつはミカンを大量に持ってきてやってきた。「ああ、わたすだけの神聖な時間が」って思った。もちろん悪いこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかな発言 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:712字
これは終わりではなく始まりである。光と影、出会いと別れ。相反する二つの言葉をつなげるだけで、そこはかとない感じが生まれる。僕はただそれを利用するだけだ。 便器 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:出来損ないの妻 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1174字
「今日もよっちゃんいかとふ菓子かね。」 私の言葉に、妻はびくりと体を震わせる。「ご、ごめんなさい」と消え入るような声が響く。私は、深々とため息をついて、私の体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:過去の別居 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:1086字
人によっては記憶というのは、その用途が変わるものであると思う。私にとって過去の記憶というのは、もう安定の胸糞悪ゲ○吐きたい存在である。ここでもよくそのような用途 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とんでもない小説上達法 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:870字
『私に聞きたい事でもあるのかね』 暗室、モニタの光を反射するメガネ、そのデスクには、PCにキーボード、そして駄菓子が山積みだ。『小説を上手く書けるようになりたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:形成れい お題:走る哀れみ 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:756字
貧乏な田舎の家庭に生まれた千代は、甘いものにあまり触れないまま育った。 それは彼女の好みそのままに影響して、大人になった現在でも、甘いものに触れる機会が少ない 〈続きを読む〉

ミズノガク@即興小説64日の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:私の大学 必須要素: 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:679字
私の大学、ですか?そんな大した大学の出身ではありませんよ。そこそこ勉強したそこそこの人達が集まる大学でした。決して頭のいい方ではありませんよ??なんでそんな、嘘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:愛と憎しみのネット 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:557字
船の明かりが静かに灯る夜の海にを眺める。今日の波立ちをみて今日ではないと感じたが、念のため仕掛け網を海の上から確認してみる。わが漁はこの網と共に乗り越えてきた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:難しい監禁 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:563字
かんきん、かんきん……?かんきん、の漢字が思い出せない。なんてこった。俺の漢字テスト満点記録が途絶えちまう!落ち着け、俺。一度落ち着くんだ、俺。そして、精一杯頭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
社交辞令 ※未完
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:見知らぬガール 必須要素:1000字以上1500字以内 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:720字
社交辞令的な飲み会というのは、初見の人が多い。会社であったりサークルだったり部活動であったり、なんらかの集団で起こる。見知らぬ上司や後輩がたくさんいて、四面楚歌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:斬新な冥界 必須要素:からあげ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:658字
見渡す限りおかしな物体が広がる。ここは、一体……?夢でも見てるのではないかと思い、自分の腕をつねってみると、痛い。夢オチではないのかぁ。前に歩く。後ろに歩く。当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:元気な正月 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:578字
「も〜お い〜くつね〜る〜と〜 お〜しょ〜う〜が〜つ〜」既に正月だというのに、お正月の歌はまだまだ現役だ。この子たちはよっぽど正月が楽しいようだ。長男の武郎は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:冷静と情熱の間にあるのはコメディ 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:491字
世が求めるものは、コメディなのか??そこまで到達して、私は思考を止める。うーん……。私の作る作品はどうも、極端になってしまうことが多い。一方が冷静さをもって社会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:フォロワーの想い 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:498字
こんな生活やってられっか!そう呟きながらスマホを布団に投げつける。コートを乱雑に床に放り投げ、俺は休息形態にトランスフォームする。布団が俺を呼んでいる。フォロワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:情熱的な表情 必須要素:一発ギャグ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:584字
毎年この時期はワクワクする。だって、新しい新入部員が入ってくるから!一年生達は、新しい学校、新しい環境に、ウキウキが止まらない様子だ。私もそうだったな〜なんて思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説64日 お題:やわらかい口 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:622字
ツイッターというものは、リアリティがないからこそ、過激な発言ができるものだ。ツイッターができる以前にも、ネットで顔が見えないからしょうもない口論が現実の殴り合い 〈続きを読む〉