お題:禁断の希望 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:713字

即興_1 
 カーテンがはためいて、窓際に置いてあるキャラメルがひっくり返った。
 私自身、甘いものは得意でないのだが、ときどき無性にしゃぶりたくなる。一箱置いておけば一ヶ月は持つのだ、懐にもそう痛くない。ちょうど今意識がそっちに行った、銀紙を剥がして一つ頬張れば甘ったるくぬったりした甘味。うまくはない。
 何をしているか、特に何もしていない。私はこの部屋を出るのは買い物をするか不浄を済ませる時だけだし、窓を開けるのはカーテンの上からだ、朝日なんて数年浴びてもなかった。病的に白い肌、鏡を見れば無精髭を生やした男が胡乱な目をしてこちらをねぶっている。寝起きは特にひどい、死人の方がまだ死人らしくて、見るものにわかりやすい。今映っているのは死にきれない哀れな男だ。
 朝である。朝なのだ。
 街が目を覚ました。
 騒然とした外音が私を責めたてる。首根っこをひっつかんで耳元で囁く。それらに辛かったのはとうに昔、今では、攻め立てるこの街の音こそが、私を生かしている。
 私は王である。王であると信仰しているからこそ王なのだ。だれも介在しない世界、民衆の一人もいない地の王である。異を唱えるものはいない。全くくだらない妄想であるが、否定されないのだからそうなのだ。
 キャラメルを一つ噛むと歯にへばりついて、へばりついたキャラメルを見るとクソのように見える。歯も磨いていない、橙色の歯垢がついた顔がにやけている。
 私は王である。
 街は目を覚ました。学校へ向かう子供らの声がうるさい。しかし嫌いではない。子供は町の宝であり、未来を作るものだからだ。
 私には未来がない。 
 しかし、私は私が信仰している限り、王であるのだ。 
 ははは!
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

んなちぃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:んなちぃ お題:反逆の想い 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:889字
平日の市場には人がいない。 街場の飲食店が集い、卸人と雑談を交わしながら商品のやり取りをしている。魚市場と言っても、魚の匂いは意外としない。魚の卸人というよか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んなちぃ お題:僕の好きな小説家 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:814字
世の中死人ばかりだ。生きている人間よりも死んだ人間の方が多い。 死んだ人間に価値はなく、かといって生きている人間の中にも価値のないものがある。生きているか死ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
即興_3 ※未完
作者:んなちぃ お題:求めていたのは銀行 必須要素:絵画 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:901字
路銀も底をつき、いっそ土から栄養がとれぬものかと足元を眺めても、ねずみ色のアスファルトから芽吹いた草があるだけだった。仕方ないと、生命力の溢れる雑草を手折り、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
即興_2 ※未完
作者:んなちぃ お題:美しいスキル 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:881字
季節外れの寒風にやられながら歩く男がいた。 いや、男と書くと女性差別だ、軽視だ何だとうるさい奴らがいる。女にしておこう。 寒さに身を縮めながら女が歩いていると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んなちぃ お題:禁断の希望 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:713字
カーテンがはためいて、窓際に置いてあるキャラメルがひっくり返った。 私自身、甘いものは得意でないのだが、ときどき無性にしゃぶりたくなる。一箱置いておけば一ヶ月 〈続きを読む〉