お題:禁断の希望 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:713字

即興_1 
 カーテンがはためいて、窓際に置いてあるキャラメルがひっくり返った。
 私自身、甘いものは得意でないのだが、ときどき無性にしゃぶりたくなる。一箱置いておけば一ヶ月は持つのだ、懐にもそう痛くない。ちょうど今意識がそっちに行った、銀紙を剥がして一つ頬張れば甘ったるくぬったりした甘味。うまくはない。
 何をしているか、特に何もしていない。私はこの部屋を出るのは買い物をするか不浄を済ませる時だけだし、窓を開けるのはカーテンの上からだ、朝日なんて数年浴びてもなかった。病的に白い肌、鏡を見れば無精髭を生やした男が胡乱な目をしてこちらをねぶっている。寝起きは特にひどい、死人の方がまだ死人らしくて、見るものにわかりやすい。今映っているのは死にきれない哀れな男だ。
 朝である。朝なのだ。
 街が目を覚ました。
 騒然とした外音が私を責めたてる。首根っこをひっつかんで耳元で囁く。それらに辛かったのはとうに昔、今では、攻め立てるこの街の音こそが、私を生かしている。
 私は王である。王であると信仰しているからこそ王なのだ。だれも介在しない世界、民衆の一人もいない地の王である。異を唱えるものはいない。全くくだらない妄想であるが、否定されないのだからそうなのだ。
 キャラメルを一つ噛むと歯にへばりついて、へばりついたキャラメルを見るとクソのように見える。歯も磨いていない、橙色の歯垢がついた顔がにやけている。
 私は王である。
 街は目を覚ました。学校へ向かう子供らの声がうるさい。しかし嫌いではない。子供は町の宝であり、未来を作るものだからだ。
 私には未来がない。 
 しかし、私は私が信仰している限り、王であるのだ。 
 ははは!
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:826字
現場には必ず痕跡が残る。それを発見するのが警察の役目であるが、ボクはあえて違うものを現場に残した。 ボクを苦しめる学校のエリート。 それを地に落とすには手段を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の中の空 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:356字
文字が読めるようになってから、色のない本を手にとるようになった。ずっと白と黒の世界が広がっているのに、私の中に広がる世界はカラフルだった。ある時は外国の少年にな 〈続きを読む〉

んなちぃの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:んなちぃ お題:反逆の想い 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:889字
平日の市場には人がいない。 街場の飲食店が集い、卸人と雑談を交わしながら商品のやり取りをしている。魚市場と言っても、魚の匂いは意外としない。魚の卸人というよか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んなちぃ お題:僕の好きな小説家 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:814字
世の中死人ばかりだ。生きている人間よりも死んだ人間の方が多い。 死んだ人間に価値はなく、かといって生きている人間の中にも価値のないものがある。生きているか死ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
即興_3 ※未完
作者:んなちぃ お題:求めていたのは銀行 必須要素:絵画 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:901字
路銀も底をつき、いっそ土から栄養がとれぬものかと足元を眺めても、ねずみ色のアスファルトから芽吹いた草があるだけだった。仕方ないと、生命力の溢れる雑草を手折り、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
即興_2 ※未完
作者:んなちぃ お題:美しいスキル 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:881字
季節外れの寒風にやられながら歩く男がいた。 いや、男と書くと女性差別だ、軽視だ何だとうるさい奴らがいる。女にしておこう。 寒さに身を縮めながら女が歩いていると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んなちぃ お題:禁断の希望 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:713字
カーテンがはためいて、窓際に置いてあるキャラメルがひっくり返った。 私自身、甘いものは得意でないのだが、ときどき無性にしゃぶりたくなる。一箱置いておけば一ヶ月 〈続きを読む〉