お題:疲れた修道女 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:961字

面食い
 教会のなかへ差し込む明かりは天使の降りてくる梯子のようで、跪いて両手を組み、敬虔に祈りを捧げるシスターの姿といったら、侵し難い、この世でなによりも神聖な存在のようだ。彼女の口にする言葉は美しい歌声か、さもなくば聖書の一句が似つかわしいに違いない。間違っても、
「ああ、エナジーが欲しいわ……」
 とか、疲れ切った声音であっていいはずがない。
 シスターの見た目に惹かれてついつい降臨してしまった天使は、天からの梯子を後戻りしようかちょっと迷ったあと、せっかく来たんだしすこしくらいお告げをしていくか、と思い直した。
「君、どうしてそんなに疲れてるの?」
「ああ、天使様……こんな端女のところによくぞ降臨してくださいました」
「謙遜とかはいいからさ。君の見た目と雰囲気につい降りてきちゃっただけだから」
 で、どうして疲れてるのか、とふたたび問えば、もうひざまずくのすら限界と、シスターはよっこらしょと足を崩してじべたに座り込んだ。神聖さがやや失われて、天使はきらめく自分の姿のほうが場違いに思え、そわそわしだした。
「それがですね、天使様。寝不足なんですよ。睡眠足りてないと、人間、疲れやすくなりますよね。いつもの教会の仕事をこなしただけで、この有様です」
「昨夜、もっと早く寝ればよかったじゃない」
「本を読んでいたのです」
 シスターは胸に大切そうに本を抱えていた。教会に常備してある、読み込まれて装丁もボロボロの聖書だった。多少だらしなく見えても敬虔な信徒じゃないか、と幻滅しかけていた天使は安心した。
「ふふふ。天使様でも騙されるんですね。これは神父の目をくらますための『ガワ』でして、中身はこのとおりの恋愛小説です。清貧を旨とする修道院においても、頭を使えばこのとおり、娯楽を楽しめるというわけです」
「ガッカリだよ……」
 天使がつい本音を口に出すと、なにかが彼女の逆鱗に触れたらしい。持っていた本を地に叩きつけるや、血相をかえて内心をぶちまけた。
「なにがシスターだ! シスターは聖書しか読んじゃならんのか! 教えてやろうか、あたしは見た目がシスターっぽいからって理由で両親に無理やり修道院にやられたんだ! その気持ちがお前にわかるのか!」
 シスターの雰囲気につられて出てきた身としては謝るしかなかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:大学退学寸前マン お題:疲れた修道女 制限時間:30分 読者:183 人 文字数:1578字
もう何もかもが嫌だった。昔から神童と呼ばれてきた。皆に教会で修道女となることを期待された。そして私はその期待に応え、猛勉強をして修道女となった。しかし、修道女と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000のお金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:314字
"職業:武器商人" 平和な世の中では閑古鳥が鳴くが、貧困国での度重なる内戦、先進国での相次ぐテロという世の中なら、大儲けできる仕事だ。まっとうな商売ではないので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限りなく透明に近い表情 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:360字
海には水があると、ついつい思い込んでしまうように、瞳から涙が零れ落ちるだろうと、思いながら見つめていた。「チキンナゲット食べて帰ろうぜ」 そう言って振り返った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授業 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:失敗の小説上達法 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:940字
ものごとには準備があって、予習復習を繰り返す必要がある。試験であったり、大賞であったり、グランプリであったり、を。そして次にインプット。アウトプットするだけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作46 ※未完
作者:夢路 お題:自分の中の海風 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:333字
毎日が辛い。 会社に行きたくない。 布団の中でもぞもぞしながらも、起き上がって支度をする。 故郷から上京して都会で就職をした。 しかし仕事は失敗ばかり、上司か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:█████ お題:わたしの嫌いな爆発 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:581字
まずは、喉のあたりがボコリと膨らんだ。わたしの目は、スローモーションでそれをとらえるので、逆にそれが「自分の身に起きたことだ」と認識することができない。「感情な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、彼 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:772字
僕にとって人とは「生物」の一種に過ぎない。ズババババァァァ!!!このように僕の指先から出る液体「お酢」さえ弾丸のように発射することができるこんな人殺し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと儀式 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:659字
「お前、本当に好きだよな」 友人にそう指摘されるほどには、俺の缶コーヒー率は高い。 特に、試験や大会の前日など、緊張する前はいつもそうだ。「おまじないみたいなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと儀式 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:406字
注文したコーヒーが波紋を打ちながらこれを飲み干せと誘う。なぜ俺はこの憎き泥水を頼んでしまったのか。だから外食は嫌いなんだ。あのメニューも見せてくれない状況でカウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:愛、それは終身刑 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:681字
「美香子」淡くささやく声が聞こえた。思わず美香子は肩を竦める。背後にそっと立つ男に、振り向かずに声をかけた。「真一郎さん、きちんと話しかけてくれればいいじゃない 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:すごい人間 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:800字
隣に越してきた男が毎夜空を歩いている、と嘘つきで有名なBくんが今日もクラスを騒がして、その代償としていつものように下校途中に田んぼに突き落とされていた。ので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:わたしの嫌いな列車 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:781字
「よく飛ぶ紙飛行機を折れるのが自慢なんだ」 紙を受け取るやいなや、上司は嬉しそうに折り目をつけはじめた。子供時代を思い出したのか、にこにこしてしまって、つられて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
死出 ※未完
作者:にい お題:右の屍 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:631字
枕元に次から次に群がるカラスを追い払ってやると、不吉な鳴き声をあげながら、死神の使者どもは窓から一斉に飛び立っていった。置き土産はベッドシーツを真っ黒に塗りつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:2421字 評価:0人
本で作られた森を抜けると、まるく開けた場所に出る。そこには、お茶会ができるほどの小さなテーブルと、これまた小さな吊り下げ式のランプがある。森のなかの憩いの場所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:疲れた修道女 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:961字
教会のなかへ差し込む明かりは天使の降りてくる梯子のようで、跪いて両手を組み、敬虔に祈りを捧げるシスターの姿といったら、侵し難い、この世でなによりも神聖な存在の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
水葬 ※未完
作者:にい お題:怪しい殺人犯 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:777字
ひとしきり便所で泣いて出てくると、廊下で同僚がにやにやしながら待っていた。ハンカチでは足りなかろうと吸水性のよさそうなタオルまで用意している。風俗店でおしぼり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2685字 評価:1人
受付はずいぶん混んでいた。休日の市役所の窓口並みだ。番号札が発券されて、椅子すらない待合所で立って待たされる。待合所といっても寒空の下で、壁すらない吹きさらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:男の成熟 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1503字
ど田舎で育ったおかげで、畑仕事は身近な存在だった。実家の所有する畑には、今みたいに便利な作業機械はなく、子供まで人手として駆り出された。 そんな子供時代、仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼女と百合 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:801字
玄関に置いた姿見は外出前の最終チェック用で、その鏡の前には長々と立っていたり、化粧直しをしたりすることはない。ちょっと前髪の分け目を直したり、くるりと一回転し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:群馬の動揺 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:817字
歩いて県境を越えよう、ととつぜん思い立って、真夜中に家を出た。ときどき、衝動に駆られて馬鹿なことをするときがある。道端の猫を急に追いかけたくなって、思いがけず 〈続きを読む〉