お題:疲れた修道女 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:961字

面食い
 教会のなかへ差し込む明かりは天使の降りてくる梯子のようで、跪いて両手を組み、敬虔に祈りを捧げるシスターの姿といったら、侵し難い、この世でなによりも神聖な存在のようだ。彼女の口にする言葉は美しい歌声か、さもなくば聖書の一句が似つかわしいに違いない。間違っても、
「ああ、エナジーが欲しいわ……」
 とか、疲れ切った声音であっていいはずがない。
 シスターの見た目に惹かれてついつい降臨してしまった天使は、天からの梯子を後戻りしようかちょっと迷ったあと、せっかく来たんだしすこしくらいお告げをしていくか、と思い直した。
「君、どうしてそんなに疲れてるの?」
「ああ、天使様……こんな端女のところによくぞ降臨してくださいました」
「謙遜とかはいいからさ。君の見た目と雰囲気につい降りてきちゃっただけだから」
 で、どうして疲れてるのか、とふたたび問えば、もうひざまずくのすら限界と、シスターはよっこらしょと足を崩してじべたに座り込んだ。神聖さがやや失われて、天使はきらめく自分の姿のほうが場違いに思え、そわそわしだした。
「それがですね、天使様。寝不足なんですよ。睡眠足りてないと、人間、疲れやすくなりますよね。いつもの教会の仕事をこなしただけで、この有様です」
「昨夜、もっと早く寝ればよかったじゃない」
「本を読んでいたのです」
 シスターは胸に大切そうに本を抱えていた。教会に常備してある、読み込まれて装丁もボロボロの聖書だった。多少だらしなく見えても敬虔な信徒じゃないか、と幻滅しかけていた天使は安心した。
「ふふふ。天使様でも騙されるんですね。これは神父の目をくらますための『ガワ』でして、中身はこのとおりの恋愛小説です。清貧を旨とする修道院においても、頭を使えばこのとおり、娯楽を楽しめるというわけです」
「ガッカリだよ……」
 天使がつい本音を口に出すと、なにかが彼女の逆鱗に触れたらしい。持っていた本を地に叩きつけるや、血相をかえて内心をぶちまけた。
「なにがシスターだ! シスターは聖書しか読んじゃならんのか! 教えてやろうか、あたしは見た目がシスターっぽいからって理由で両親に無理やり修道院にやられたんだ! その気持ちがお前にわかるのか!」
 シスターの雰囲気につられて出てきた身としては謝るしかなかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:大学退学寸前マン お題:疲れた修道女 制限時間:30分 読者:186 人 文字数:1578字
もう何もかもが嫌だった。昔から神童と呼ばれてきた。皆に教会で修道女となることを期待された。そして私はその期待に応え、猛勉強をして修道女となった。しかし、修道女と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:826字
現場には必ず痕跡が残る。それを発見するのが警察の役目であるが、ボクはあえて違うものを現場に残した。 ボクを苦しめる学校のエリート。 それを地に落とすには手段を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:めっちゃ痛み 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:362字
「いたたたた! なにこれめっちゃ痛い! いたたたた!」「ほう? おまえ、どう痛むんだ」 友人が突然胸を押さえて痛がりだしたから冷静にそう聞いた。「どう、って…… 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:茶色い始まり 必須要素:男使用不可 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2197字 評価:0人
仕事前のルーチンとして、髪を三つ編みにするというのがある。人の髪を、である。大抵はそのあたりを歩いている長い髪の女に頼んで編ませてもらう。散髪屋の表に立って、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:やわらかいサイト 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:762字
「今日の点滴は、みそ汁」 なにを仕出かした覚えもないのだが、入院初日から看護師に嫌われている。医療ジョークなのか、患者がヒヤリとくるような嫌がらせを真顔で仕掛け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:天国のモグラ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:677字
足で踏みつけられる喜びとは、地下で暮らすものにとって共通に知るところだろう。穴から顔を出すたびに光さえ見る間もなく踏みつけられる。最初は理不尽に思うかもしれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
離脱 ※未完
作者:にい お題:かっこいいドア 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:712字
習慣とは身に染みついた無意識の動作としてあらわれ、そのせいですごく恥ずかしい目にあったりする。帰宅して、これからやるべき家事とかのことを考えながら鍵穴に鍵をさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:理想的な土 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:774字
自家栽培のために裏庭に作った畑には、肥料が欠けていた。そのへんの土に種を蒔いたところで勝手に野菜が大きく育ったりはしないのだ。とはいえ、初心者のことだから買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:2740字 評価:2人
月夜に向けて指でつまんだ500円玉を掲げていて、なんのおまじないかなと思った。月光を浴びたことにより金運パワーがあがって、一番くじでA賞が当たるとか、そういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:青い会話 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:704字
教え子の巣立ったあとのアトリエはがらんとして、なにかが足りないようだった。絵画教室なんて酔狂をはじめる前は、趣味でひとりで描いていたのだから、元に戻っただけな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:光の平和 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:829字
日の当たる場所でだけは仲良くしていましょうね、と破局寸前の夫婦のあいだで取り交わされた決まりごとは、とりあえずのところ、守られてはいた。ようするに昼間、子供た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:これはペンですか?違うわ、それは発言 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1136字
誰もいない駅舎のホームで、せっせと動く帽子をかぶった人影があった。ホームの端っこのあたりに、なにやらものを置いては移動しているようである。「駅長さん」 ほかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼が愛した狼 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2308字 評価:0人
幸福なまどろみのなかにいた小夜は、遠慮のない力で頬をつねられて飛び起きた。ふわふわの枕になかば顎をうずめて、イリスのいたずらっぽい瞳が顔を覗き込んでいた。「ま 〈続きを読む〉