お題:わたしの嫌いな昼食 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:275字

習作38
 私は揚げパンが苦手だ。
 手と口が汚れるし、口を大きく開けてもかじりきれないからだ。

 今日の給食の献立には揚げパン。
 クラスのみんなは好きみたいで、とても喜んでいる。

 トレーに乗せられたそれらを見て、少し悩む。
 揚げパン以外からもくもくと食べる。

 「お、S、揚げパン食べないの?ならおれにちょうだい」

 同じ机のグループのNが私に声を掛ける。
 Sは活発で食欲旺盛な男子で、クラスの人気者だ。

 「いいよ」

 揚げパンを彼に渡す。

 揚げパンは苦手だけれども、Sと話しをできるきっかけになるのは、うれしいかもしれない。
  
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

夢路の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:楽しかった故郷 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:494字
あるよく晴れた昼下がりの日。 町外れの丘からはいつもと変わらぬ町が見えていた。 私は仲の良い彼と一緒に過ごしていた。 平和で幸せで、暖かかった。 私は野に生え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:誰かは爆発 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:342字
「『誰かは爆発』……ってどういうこと?」PCの前ではたと手を止める。「わからん。意味不明なセンテンスだな。ランダムにお題が出題されるからたまにそういうことが起き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:つまらない机 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:262字
少年が使っている勉強机。 何の変哲もない机だ。 しかし、少年が寝静まると、このありふれた勉強机はあらゆる夢を見せる舞台に変貌する。 おもちゃ箱から、おもちゃた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:遠い経歴 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:473字
このバーの酒はうまいな。 ここで知り合ったのも何かのよしみだ。 一つ話でもしようじゃないか。何、ちょっとした小話だよ。 ある男の話だ。 そいつが生まれたのはあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:大きな人間 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:278字
住んでいた島に、突如巨人が攻め込んできた。 大きな大きな体躯の人間。それが巨大な船に乗って、海を渡ってやってきた。 武装した巨人たちは、島の中を見渡した。 耳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:真紅の怒りをまといし空想 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:437字
男が呪文を唱えると、周囲から目に見えない力が集まって、力場が形成された。 それが凝縮されて、カタチが現れる。 赤く赤く燃える炎を纏った魔神。 そう言いようのな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:明日の祖母 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:557字
後悔の念がいつまでも絡みついて消えない。 遺影に映る祖母を見て、わたしはそう思った。 わたしの親は忙しく家を開けることが多かった。 幼いわたしの面倒を見てくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:見憶えのある検察官 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:293字
殺人事件の弁護人として、ぼくは法廷に立っていた。 検察官は赤いスーツを身にまとったスルドそうな雰囲気の男だ。 胸元のヒラヒラが特徴的だ。なんでも無敗の男だとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:黄色い決別 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:256字
古ぼけた小さな電車に足を踏み入れた。 ぼくは東京へ続く電車に乗ろうとしていた。 そしてこんな田舎とは別れを告げる。 今まで、この狭くて何もない田舎には嫌気が差 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:男の何か 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:583字
ない。あれがない。何がないのだ。ナニがない。 起きた瞬間、おれは本能的な恐怖を感じた。 やけに股が軽いと思って見てみれば、男の子の象徴がなくなっていることに気 〈続きを読む〉