ユーザーアイコン
お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:1629字

覆らない夏、僕はそれを知った。 ※未完
 あの夏の日を、僕は忘れることが出来ないだろう。

 ニュースでは連日、最高気温更新という言葉が連呼されている。季節は、夏……大学の図書館は適度にクーラーが効いていて僕にとっては天国のような場所だった。
 つまり、連日ここに来ているということだ。朝起きて夜のバイトが始まるまでの数時間、電気代の節約と夏休み中の課題消化のためだ。
 「おぉ、桜庭、今日も会ったな」
 僕は同じサークルに入っている高校からの友人である桜庭に声をかけた。
 「あぁ、一之瀬。ちょうど良かった」
 何がちょうど良かったのだろう? とは思ったが、話があるというので談話室へと移動した。
 「どうした、なにかあったのか?」
 そう問いかけると、桜庭はスマホを僕にみせてきた。そこには、とても可愛らしい……正直好みの女の子が写っていた。
 「どう思う?」
 「どう思う、とは」
 「うーん、アリか、ナシか」
 「僕的には、アリだね」
 素直にそう答えると桜庭は「そうか……」と言って黙ってしまった。そして、意を決したかのような表情をして鞄から名刺を一枚、僕に渡した。そこには、桜庭の名前と連絡先が載っていた。彼の名前も連絡先も知っている。それなのにどうしてこれを?という表情で彼を見返すと、困ったような難しい顔をしながら、
 「……バイト、次の休みっていつ?」
 「え? あー、明日と明後日は休み」
 すると、彼は鞄から今度は封筒を渡してきた。
 「この中に、金が入ってる。これで、明日。俺に雇われてくれないか?」
 この男は何を言っているのだろう? そう思いながら封筒を開けてびっくりした。
 「え、いや、何をするためになのか聞かないと、こんなの受け取れないよ」
 「さっきの写真の子、俺の親戚の子で。言いにくいんだけど……夜の商売に手を出しているみたいなんだ。それで、どうにか辞めさせたいんだ。一度怖い目にでもあえば、やめるだろう?」
 「そうか……ってそれなら僕じゃダメじゃないか。正直、その子、めっちゃタイプだぞ?」
 「それならそれで構わない。さっきも言ったように怖い目に会えば気付く、という方法をとってほしいんだ」
 「……なぁ、桜庭、僕も男だよ?」
 「あぁ、それくらいは知っている。そしてお前の人柄も知っている、だから頼んでいる。金はその子の親からだ」
 それを聞いて手を出せる人間ではない、と。その通りなのだが。
 「わかったよ……それで、どうしたらいいんだ?」
 すると、あらゆる手順をメモした紙を僕に渡した。名刺は女の子に連絡するようにと渡してくれと言われた。親に直ではなく、手順を踏もうと言う彼なりの優しさのようだった。
 「一之瀬、頼む」
 「今回だけ、だからな」
 「ありがとう」
 と、彼は安心した顔で僕をみた。

 翌日の夜、指定された場所に向かう途中。
 偶然、写真の中の子、光ちゃんに出会って思わず声をかけてしまった。
 「あの! もしかして、光ちゃん? あの、一之瀬、といいます、今日あの」
 不審な眼差しを向けられていたが、名乗ったとたん、笑顔になって
 「あ、えっと、イチノセ タクミさん、かな?」
 「そう、です。あの、今日は宜しくお願いします」
 「よろしくお願いします、なんで敬語? 面白いね、おにぃさん」
 「あ、うん」
 彼女は所謂、レンタル彼女という名のバイト……の延長上にあるバイトをしていた。
 「もしかして、はじめて?」
 それは何のはじめてについて聞いているんだろう、と色んな事を考えて四苦八苦していたが、
 「面白い、なんだか、本当のお兄ちゃんみたいだ」
 「え?」
 「なんでもなーい。ね、行こう! 時間勿体ない!」
 なんて積極的な子なんだ……と思いながら手をひかれ多少狂った予定に目を瞑り、彼女の示す場所へと向かった。
 
 今日も決して涼しい日ではなかったが、僕の背中には冷や汗が流れていた。
 どうしてこうなった?
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:250字
街灯が灯り始めたが、ついに男は現れなかった。女は水面に映る街灯の列をぼうと眺めていた。「お嬢さん、元気を出しなさいな」見かねた街灯が話しかける。「ありがとうござ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未来の娼婦 ※未完
作者:緒明トキ お題:暑い娼婦 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:767字
また来るね、なんて言って、男は私の腹――もしくは腰をするりと撫でた。 待ってるわ、とほほ笑んで送り出して扉を閉めてから、すぐに本部に勤務終了の連絡をする。 娼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焚き火 ※未完
作者:匿名さん お題:燃える駄作 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:426字
目の前で炎が揺らめいている。時折薪の弾ける音が聞こえてくる。中で燃えているのは、大量の紙の束。無駄に上質な紙を使っているせいか、焦らすようにじわじわと燃えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
中途半端 ※未完
作者:匿名さん お題:見知らぬ運命 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:721字
『ラブレター』。それは俺にとって縁遠いワードだった。一握りの恵まれた者にしか授けられない幸運であり、その選考は生を受けた時に既に終わっているのだと。 もちろん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@にじそうさく 3階H-09 お題:すごい旅行 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1974字
「水筒は持った?」「……うん」「着替えと、寝袋は?」「……うん、持ってるよ」「よろしい! あとはお姉ちゃんが全部持っていくからね。それじゃあ――」 出発だ! と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:しば@クシーバ お題:1000の処刑人 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1893字
強い強い風が吹く。先日までの寒さを吹き飛ばすような温かい暴風、春一番だ。まあ得てして春一番が収まればまた寒くなったりするものだが。しかし今年はタイミングが悪かっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まくら お題:めっちゃ母性 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1278字
俺には好きな子がいる。幼稚園の頃からの幼馴染でいつも一緒。危なっかしくて目が離せない奴だと昔から思っていた。俺が支えて守ってやらなきゃと思い始めたのはいつからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:滅天使://人生の2割しか自宅にいない確定 お題:そ、それは・・・冒険 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1997字
我が高校の生徒会長は、なんというか、なんとも言えない人だ。 部活は弁論部で、原稿を片手に人前に立って演説するときの「楽しそうだな」感はすごい。だからあがり症と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の孤島 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2302字
宝島に関してはいろいろな噂があった。宝島は海の上を動いている。宝島には金銀財宝はない。宝島に行けば真の男になれる……。中には、宝島はチート能力をゲットするための 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みーたん お題:騙されたうどん 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1105字
ドラマ「結婚できない男」で、スパゲティとパスタの違いを語るシーンがあって、それで阿部寛が言うには、決め手は麺の太さらしかった。いい笑顔で延々と語る阿部寛を引き 〈続きを読む〉

の即興 小説


ユーザーアイコン
作者: お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:1629字
あの夏の日を、僕は忘れることが出来ないだろう。 ニュースでは連日、最高気温更新という言葉が連呼されている。季節は、夏……大学の図書館は適度にクーラーが効いてい 〈続きを読む〉