お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:250字

過去の話
街灯が灯り始めたが、ついに男は現れなかった。女は水面に映る街灯の列をぼうと眺めていた。
「お嬢さん、元気を出しなさいな」見かねた街灯が話しかける。
「ありがとうございます、街灯さん。でも私はもうお嬢さんなんて歳ではありませんよ」
「私が、家まで送りましょう」整列した街灯が順番に点滅して道を示した。
「ありごとうございます」笑顔を作ったはずみで涙が落ちた。「でも私まだ、やれます」
そう言うと女は街灯の無い暗い細道へかけていった。
「お気をつけて」背中に向かってかける声も闇に呑まれるばかりであった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1629字
あの夏の日を、僕は忘れることが出来ないだろう。 ニュースでは連日、最高気温更新という言葉が連呼されている。季節は、夏……大学の図書館は適度にクーラーが効いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未来の娼婦 ※未完
作者:緒明トキ お題:暑い娼婦 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:767字
また来るね、なんて言って、男は私の腹――もしくは腰をするりと撫でた。 待ってるわ、とほほ笑んで送り出して扉を閉めてから、すぐに本部に勤務終了の連絡をする。 娼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:篠束ネル お題:最弱のオチ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:416字
○○だけど、お前が一番最弱だ。 あるところに腕の立つ青年が居た。彼は剣技においては生まれた時から一度も負けたことが無かった。 我流でありながらも必殺の剣を極めた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メソと青い鳥_ SRI お題:シンプルな罪人 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1822字
夜中に目を覚ますと、私は喉の渇きを感じた。もう夏がすぐそこに迫っている六月の半ばといっても、夜はまだ少し肌寒い。布団から這い出て、日中の日の暖かさを完全に忘れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨箕悠 お題:マンネリな雑踏 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1138字
男は物心ついた時から「普通」に「平凡」に生きる事を目指していた。幼い男の家には父親はおらず、その理由を母に訪ねてはいけない、と男は幼いながらに察していた。 母 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツと村 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:569字
田中にとってはどうでも良い事だが、今泉にとってはどうでも良くない事が目の前で繰り広げられていた。今泉の顔色は忙しなく変化をしているのだが、田中の顔は平時と何ら変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フォロワーの敗北 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1055字
誰だって、少しくらいは承認欲求を満たしたいという感情はあるものだ。もし、そんなことを考えたことがなかったとしても、ひとたび誰かに肯定的な言葉をかけられればそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:8月のラーメン 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2171字
今、私の目の前には、とても耳障りな言葉をわめき散らす人間が居る。私は、蒸し暑い外を逃れたくて、そっと店に赴いた。暑いなどと言っているのだから、このような店に来る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと即興小説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:958字
「どちらが早く1つの世界をつくれるか勝負しよう」 君がそんなことを言い出したのはもう何年前のことだったか。 幼かった僕が大人になって、目線もうんと高くなって、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの眠り 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1736字
部室でアルパカさんが眠っていた。「おーい、アルパカさん」 椅子に座って、机に突っ伏している。肩を揺すってもアルパカさんは起きない。 確か四限に、赤澤教授に卒論 〈続きを読む〉

こっころの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:250字
街灯が灯り始めたが、ついに男は現れなかった。女は水面に映る街灯の列をぼうと眺めていた。「お嬢さん、元気を出しなさいな」見かねた街灯が話しかける。「ありがとうござ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:綺麗なカラス 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:653字
朝起きると背中がむずむずかゆい。寝返りが打てない。触るとゴワゴワするものが背中についている。僕は知っている。これは翼だ。知っている。なんの役にもたたない。でも翼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:意外!それは運命 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:579字
世界は暗闇に包まれた。地下鉄の停電は暗黒、人の気配だけは伝わって不気味だ。漆黒の余韻に浸るうちに辺りにはスマホのバックライトがちらほらと点き始めた。小さなざわつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:誰かは傘 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:1171字
全部捨てたかったんです。捕まれば捨てられるかなって思ったんです。お金も家も服も全部です。捨てたかった。持っているのが嫌だった。僕が持ってるとそれだけで全部ゆがん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:ダイナミックな恋人 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:567字
沢山のネズミを抱えたホッキョクグマみたいな空落ちてゆく、落ちてゆく手を翼みたいにして必死に羽ばたこうとするけれど運動神経が良くないから溺れているみたいになってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:うるさいつるつる 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:954字
聞いてくれ、聞いてくれ、聞いてくれ 聞こえている! 聞こえているぞ! なんの用だ!! 聞いてくれ、聞いてくれ、聞いてくれ うるさい、いい加減にしろ、黙れ!!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:朝の朝飯 制限時間:1時間 読者:118 人 文字数:310字
君は僕の作る朝ごはんが好きだった。だから僕はいつも早起きをした。準備が出来ると待ってましたと言わんばかりに君がとんでくる。席についた君があんまり丁寧に食べるも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:怪しい小雨 制限時間:1時間 読者:109 人 文字数:1181字
携帯電話や貴重品を除いて大方の荷物は箱詰めされていた。明日の朝一で宅急便で送る予定だ。僕の生活を囲んでいた物たちはちょっとした段ボールに収納されて三段に積まれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:アブノーマルな笑顔 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:517字
「安全用のカバーが必要だよね」「え、そうすか?」「絶対焼きたくなるもん、手」「え、手ですか?」「ならない?肉があればそれを焼くけどさ、こうやって次の肉待ってる時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:ちっちゃな復讐 制限時間:1時間 読者:141 人 文字数:131字
ザラザラと路面を滑る音がした。蹴ってしまった何かを見ると細いプレートである。 拾い上げると、「花ここに眠る」と書いている。見回すと植え込みに鋭利な穴があった。 〈続きを読む〉