お題:12月の悪 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1077字
[削除]

走る
残り数日で今年も終わる。私にとってこの一年は、激動の一年だった。めまぐるしく変わる環境は私を翻弄し、けれどその分、強くなった。強くなれた。いや、強く、ならざるを得なかった。
私は多分、強い。他の人よりはそこそこに。
駅伝をやっていた。やめた。今年のことだ。夏に、やめた。最後の大会にも、出ることができなかった。怪我をしたとか成績が振るわなかったとか、ではない。ただ単に、「仲間」とうまくいかなかった。彼女らは私を憎んでいた。だから、やめた。やめねばならなかった。いや、やめなくても良かったと人は言うだろう。確かに私は耐えられたと思う。私は強い。針の筵でも、生き抜けた。生き抜けてしまった。だからこそ、苦しかったのだ。一見大丈夫に見える私のことは誰も味方してくれなかった。恐ろしいことだ。ひとりだった。駅伝なのに。ずっとひとりぼっちだった。中途半端に。
だから、やめた。途中で投げ出した。辞めるだけの強さが私にはあったのだ。泣かなかった。彼女らに駅伝を奪われても、それまでずっと打ち込んできた、私の命を注いできた宝物を取り上げられても、私は泣かなかった。
私は強い。
でも。
走りたい。走りたい走りたい走りたい。はしりたい。「仲間」とはしりたい。「仲間」というものに、強く憧れる。帰るべき場所が欲しい。一人に、しないで欲しい。私は。
返してよ。駅伝、返して。

残り数日で今年も終わる。一年を振り返りましょうと人が言う。
1月。2月。練習の毎日。3月、4月、あんな扱いを受けてよく耐え抜けたな。5月、だんだん練習すらさせてもらえなくなって。6月、勝手に練習をし咎められ。チームプレイだよ、なんて、どの口で言ったのか。私が一番、よく知っていたのに。7月、ついにやめた。走れなくなった。走る環境を、失った。8月。9月。10月。11月。あれ。駅伝を辞めてからの記憶が無い。やめてから、私は死んだのだ。私は。生きる意味を奪われて。
12月。辛い。走りたい。私にタスキをくれよ。無視しないでよ。私、いるよ、待ってるよ、タスキ、私に走らせてよ、ねえ。
走りたいよ。だって、それが私の全てだった。
私は強いと思う。強くなれたと思う。駅伝がなくても、生きていける。生きていけてしまう。だから誰も気づいてくれない。それがどんなに苦しいことか。
12月。「仲間」だった、リーダーだった、彼女が紙面に載った。
息が、止まった。
弱々しい彼女、泣きながら。「駅伝に生かされています。ないと生きていけません。」
私だって、そうだったのに。

ああ、弱く無いと走ってはいけないのか!
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:君とマンション 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字
(#58) 夢を見た。 清廉な池の中から白一色の衣服に身を包んだ女性が現れる。けれど、不思議なことに彼女は全く濡れていない。それどころか水面から数センチ上空に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:寒いピアニスト 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:773字
もう限界、これは本当にやばい、いやいやもう無理でしょ、というところまで来て、私は指を止めた。鍵盤の音が止み、外で暴れる吹雪の音が、柔らかい地鳴りのように聞こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:冷静と情熱の間にあるのは能力者 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:437字
「この婚活アプリで知り合いました!」「本当に相性のいい相手と出会えます!」そんな謳い文句を掲げる最近人気の婚活アプリがある。このアプリの使用者には、恋情に身を焦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:SADAO お題:魅惑の悲劇 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:160字
喜劇があるということは、悲劇もあるということ。 両腕を高々に上げ喜ぶ人がいる対に膝から崩れ落ち泣いて悲しむ人がいる。 あの頃の僕は『自分』のことだけしか考えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:かたい四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:431字
「龍撃砲撃ちます!」狩人渾身の一撃を喰らった。体が動かない。支えを失い大地に倒れ伏した。「おつかれ〜」「乙乙」「O2、もう一丁」狩人達は口々に挨拶を交わしながら 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した小説修行 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:827字
銃声が鳴り響く。ビール瓶の割れる音がすぐ後ろから聞こえる。野太い声の喧騒があちこちでこだまする。真っ黒なガムがへばりついたアスファルトには、あちこちに濁った水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ラストはプレゼント 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:687字
「此処は君も知っている部屋だろう」と、其の男は言った。言われてみれば、確かに見知った部屋のような気もするから不思議だ。部屋の何もかもが古びている。ワックスの禿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家のわずらい 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:459字
困った。非常に困った。俺は売れっ子小説家と言われるほどには売れている、この道13年の恋愛小説家だ。何度かドラマや映画など実写化もされたし、有名な方に入る…はず。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:騙された貯金 必須要素: 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1170字
駅のプラットホームには冷たい風が吹き抜ける。 電車が通るたびにそれに吸い寄せられていく風が生まれている。多分そういう流体力学が働いているんだろう。詳しいことを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛と死のコメディ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:783字
"人を選ぶ商売"っていうのが世の中にはあります。代表的なのはPCメーカーのAppleですね。ググると信者とアンチの終わりのない論争で溢れかえっています。一昔前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:凛とした狼 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:98字
旧約聖書は好きだ、予言ではないけどどこか退廃しているイメージわたしは仮にあの方舟に乗った数少ない証言者だとしたらおどろくかね。まあ偶然乗り合わせたただの老狼で、 〈続きを読む〉