お題:大きな同情 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:555字

大きな同情

神様にお願いをしたいときがある、それが今。
お願いをしたいのに願える神がいない、それも今。
アステカ神話において世界を滅ぼしたとされる怪物、オセロットが顕現した。
理由は決まりきっている。
4度目に栄えた人類を滅ぼすためである。
アステカ神話の通りーーそう、未来を語っていた物語に沿って現れたのだ。
若い男の姿を模したそれは、片手で東京都を地図から消して見せた。
その一歩で道が消え、鼻唄で街が消え、片腕で都市が消える。
伝説に則った能力は正に反則であり、生存をかけた戦いのために集められた集団ですらひとたまりもなかった。
炎を操り、石ですら灰にする異能の持ち主がいた。
「人間がよく言っているじゃあないか。限界は決めるな、と。俺を燃やすにはゼロが足りない。」
彼は無色の炎で影すら失った。
拳闘士として名を馳せ、刀の達人すら寄せ付けない強さの戦士がいた。
「その通り。力がすべて。力がないやつは死ぬ。」
戦士は絶望する暇もなく力に潰された。
唄を歌う吟遊詩人がいた。
彼は戦士ではなかったが、唄で戦った。
「終わることは美しいことだ。はなむけは必要がない。それを知らぬ時点でお前の唄はただの音だ。」
彼は律儀に、ひとりひとり殺す相手に言葉を投げた。
それは返事を必要としない放送、ただの大きな同情だった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大きな同情 必須要素:武田鉄矢 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1059字
趣味も無い。仕事も無い。毎日のバイトで生計を立てている。年ばかりを食う。そんな自分の、唯一好きになれたもの。金八先生が好きだった。あのドラマ、特に覚せい剤に身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最強で最弱 ※未完
作者:匿名さん お題:最弱の人体 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:469字
Aの腕は無残にも、ほろほろと崩れ去った。上質なクッキーが割れるように、繊細な粉があたりに舞った。……なんともろいことだろう。Aは冷え切った思考を自らの体に向けた 〈続きを読む〉

減塩にぼしの即興 小説


ユーザーアイコン
勇敢な希望 ※未完
作者:減塩にぼし お題:勇敢な希望 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:387字
「私に剣をいただけないでしょうか」かつて軍に服していたが退役、その後悪徳の限りを尽くした千鳥という名の男は跪いた。勤続二十年を超えた玄人の刑務官はその訴えかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純白の階段 ※未完
作者:減塩にぼし お題:純白の階段 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:581字
私の母親の実家は田舎で、天気予報の「一部地域を除いて」に該当する、県境の山間にある村だった。お盆になると御墓参りに行き、1日だけ泊まるのが毎年恒例の行事で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の日 ※未完
作者:減塩にぼし お題:運命の成熟 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:935字
今度開催される蚤の市で出品予定のパラコードブレスレットを作り終え、紅茶を飲もうとテーブルを離れる。何か不思議な予感がし、戸棚の上にしまってあったセカンドフラッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:大きな同情 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:555字
神様にお願いをしたいときがある、それが今。お願いをしたいのに願える神がいない、それも今。アステカ神話において世界を滅ぼしたとされる怪物、オセロットが顕現した。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:穢された、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:515字
高校に通いながら霊能者としての側面を持つ戸原奈美が晴れた土曜日に縁のない田舎の畦道を歩いているのはとある依頼だった。「私は穢された。私は穢された。私は穢された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
2匹の犬 ※未完
作者:減塩にぼし お題:俺は犬 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:635字
「加藤はまた学年トップだ。みんなも見習って勉強するように。」ホームルームが終わると加藤の周りに人だかりができあがる。彼の得点がみんな気になるようでテストと無縁 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:戦争と壁 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:663字
「アルファベットを最初から言いなさい。」まず初めに受けた教育は言語学だった、はず。相手の信頼を得ることでノーリスクの殺しができると教わった。「フィボナッチ数列 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:減塩にぼし お題:空前絶後の恨み 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:441字
暗闇の中を歩く。誰も歩いたことのない真っ暗闇。ひとつ足を踏み出せばこれ以上落ちることはないと思っていた世界へ行けるかもしれない。例えば溶岩が滾る冥府。例えばエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白い成功 ※未完
作者:減塩にぼし お題:白い成功 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:435字
宇宙世紀も300年を超え、人類が宇宙に旅行ができるようになってから現在では宇宙空間専用自動車など個人の欲求を満たす発明品が流通している。メテオロイドやデブリの 〈続きを読む〉