お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:763字

私の目標
 さて、と目の前の真っ白な紙を見据えて私は腕をまくった。
 本日は先生からの課題で「かきぞめ」とやらをやらなくてはいけないのだ。先生がいた「にほん」とかいうところで行われていた伝統ある行為らしい。本来なら年初めに抱負を書くのが習わしらしいが、あいにくこの世界では年初めなんて存在しない。時間に区切りなんて存在せずずっとずっと続いているからだ。にほんでは365日で1年という単位で区切りをつけているらしい。詳しくは忘れてしまったけれど。
 いけない脱線してしまった。こんなことを考えている場合ではないのだ。とにかくなにかしら目標だったりを書かなきゃいけないのだ。私の後ろでゆっくりお茶をすすりながら先生が見ているし、何も書かないという選択肢は一切存在しない。
 「大丈夫かい? 書き方は教えたから書けるだろう?」
 相も変わらず穏やかな声で先生は私に話しかける。
「馬鹿にしないでください。先生の指導で文字は書けますし、このふでとやらで文章も書けるようになりました!」
「何やら考え込んでいるみたいだったからさ。とりあえずなんでもいいよ、好きなことを書いてごらん」
「好きなこと」
 にこにこ笑いながら先生は促した。ふむ、と私は手に顎を当てる。好きなことでいいと言われてしまった。けどせっかくならいつの日か達成したい目標でも書いてみたい。元々かきぞめとはそういうものらしいし。達成したい目標、そうだそんなのひとつしかないな。ついでに折角だから先生の住んでいた世界での言葉で書いてみたい。そうとなったら聞くことは一つ。
「先生。『先生のお嫁さんになる』っていうのは先生の世界の言葉でなんと書くんですか」
「とんでもないプロポーズされてしまったけど、それ本気で書くつもりかい」
「私はいつでも本気ですが」
「はは、そうだったね」

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:660字
「さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい! 質のいい未来の大安売りだよ」男の持つたらい桶を覗き込む。そこには、よく冷えた水に色とりどりの「ミライ」が浮いていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:来年のこだわり 必須要素:手帳 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:1251字
まずは門を綺麗に掃除しなければならない。ぴかぴかに、それこそ舌で舐めても平気と思えるレベルで綺麗にする。そのぶんだけ手や服に汚れが付くが、なに、これも来年を迎え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
I'm fund manager ※未完
作者:匿名さん お題:打算的なカラス 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:428字
私はファンドマネージャーだ。金融街にあるヘッジファンドで働いている。世間ではハゲタカと言われているが、私は自分のことをカラスだと思っている。カラスは賢い動物で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1203字
落ちていく意識のなか、薄っすらと見えたのは笑った顔。 彼女の見たこともない表情だった。「……おはよう」 再び意識が戻った時、僕はベッドの上で彼女に見下されてた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:戦争と同情 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:356字
“あそこ”は地獄だった。 そう、地獄だ。 人がぼろ布のように散乱している、悪臭と汚泥に満ちた場所。 恐怖と狂乱と憤怒が爆発していて、そして全てが何の感情にもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:汚い殺し屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:321字
ここは廃ビルの一室。 積み重なった埃とゴミが散乱している。 全てが灰色のこの施設において、唯一色のついた、鮮やかなものがあった。 鮮血が地面を濡らしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:かっこ悪いお尻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:623字
現在:節度 品行方正、何でもない社会人過去:厳格の逆 父親が浮気性近未来:寛容の逆 彼女を束縛するようになる援助者:結合の逆 「解体」する人敵対者:公式の逆 彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:395字
最近になって聞くようになった噂があった。「お前さ、海の洞窟知ってる?」 これを聞くのは何度目だろうか、と思いつつ、僕は直樹に返す。「知ってる。だけど、海に洞窟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:草枕 駮 お題:淡い洞窟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:698字
洞窟というのは不思議なもので、何かと冒険活劇なんかではよく舞台として取り上げられる。松明を片手に入り込み、蝙蝠の群れにギョッとしながら前に進む。モンスターと戦 〈続きを読む〉

般若頭の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:般若頭 お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:763字
さて、と目の前の真っ白な紙を見据えて私は腕をまくった。 本日は先生からの課題で「かきぞめ」とやらをやらなくてはいけないのだ。先生がいた「にほん」とかいうところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:般若頭 お題:黄金の黒板 制限時間:1時間 読者:199 人 文字数:641字
「ここまで馬鹿だと思わなかった」底冷えするような声音で彼女は僕に言い放つ。「何か怒ってる?」「怒ってる、というより呆れてる」深くため息をつきながら彼女はずるずる 〈続きを読む〉