お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:763字

私の目標
 さて、と目の前の真っ白な紙を見据えて私は腕をまくった。
 本日は先生からの課題で「かきぞめ」とやらをやらなくてはいけないのだ。先生がいた「にほん」とかいうところで行われていた伝統ある行為らしい。本来なら年初めに抱負を書くのが習わしらしいが、あいにくこの世界では年初めなんて存在しない。時間に区切りなんて存在せずずっとずっと続いているからだ。にほんでは365日で1年という単位で区切りをつけているらしい。詳しくは忘れてしまったけれど。
 いけない脱線してしまった。こんなことを考えている場合ではないのだ。とにかくなにかしら目標だったりを書かなきゃいけないのだ。私の後ろでゆっくりお茶をすすりながら先生が見ているし、何も書かないという選択肢は一切存在しない。
 「大丈夫かい? 書き方は教えたから書けるだろう?」
 相も変わらず穏やかな声で先生は私に話しかける。
「馬鹿にしないでください。先生の指導で文字は書けますし、このふでとやらで文章も書けるようになりました!」
「何やら考え込んでいるみたいだったからさ。とりあえずなんでもいいよ、好きなことを書いてごらん」
「好きなこと」
 にこにこ笑いながら先生は促した。ふむ、と私は手に顎を当てる。好きなことでいいと言われてしまった。けどせっかくならいつの日か達成したい目標でも書いてみたい。元々かきぞめとはそういうものらしいし。達成したい目標、そうだそんなのひとつしかないな。ついでに折角だから先生の住んでいた世界での言葉で書いてみたい。そうとなったら聞くことは一つ。
「先生。『先生のお嫁さんになる』っていうのは先生の世界の言葉でなんと書くんですか」
「とんでもないプロポーズされてしまったけど、それ本気で書くつもりかい」
「私はいつでも本気ですが」
「はは、そうだったね」

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:660字
「さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい! 質のいい未来の大安売りだよ」男の持つたらい桶を覗き込む。そこには、よく冷えた水に色とりどりの「ミライ」が浮いていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:来年のこだわり 必須要素:手帳 制限時間:15分 読者:246 人 文字数:1251字
まずは門を綺麗に掃除しなければならない。ぴかぴかに、それこそ舌で舐めても平気と思えるレベルで綺麗にする。そのぶんだけ手や服に汚れが付くが、なに、これも来年を迎え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:犯人はボーイズ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:826字
現場には必ず痕跡が残る。それを発見するのが警察の役目であるが、ボクはあえて違うものを現場に残した。 ボクを苦しめる学校のエリート。 それを地に落とすには手段を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:ねじれた部屋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:800字
ここはどこだろう。気が付くと目に入る景色は森の中だった。でも、足元のふわふわした土のものとは思えない感触、そして、何かに操られるように一直線に進んでいくよくわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かりばぁ お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:721字
こんな靴、履けるわけないじゃん。赤色にぎらぎらしたその靴を横によけて、ミカは小さく溜息をついた。あいつ、ファッションのことなんてなんにもわかんないくせに、主張ば 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:じゃが@金鯱号part4 お題:うるさい靴 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:769字
玄関を出たところで転んだ。 根本の原因は、単純につま先をタイルにつっかけてしまったことだ。もちろん大学生にもなってそれくらいで転んだりはしない。おっとっと、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突然の奈落 ※未完
作者:減塩にぼし お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:539字
幸せな体験をした後に、その反動で深い深い闇に落ちる。昼に人と会い、さんざん楽しんで泥のように寝床に入ったはずがいつの間にか奈落に落ちている。仕事がうまく回らず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の奈落 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:790字
「愛した女を探しているって、言ってたよな」「あぁ。そのとおりだ」「……なのに、なんでそんなふうに、地面にはいつくばっているんだ」 仰向けに倒れた相棒からは、青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と食事 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:594字
今日も疲れた。 安アパートのスチール階段に足をかけ、今日一日を振り返る。 朝、寝坊した。朝食は駅中のコンビニで慌てて買ったウィダーインゼリー1パック。摂取した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰り道 ※未完
作者:匿名さん お題:理想的な黒板 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:132字
「暑いなぁ。」 日差しのきびしい一本道を竿を担ぎなから息子の武志に声をかけた。 疲れを隠しているのか、それとも釣り場からの駐車場への戻る道がどの位かを知っている 〈続きを読む〉

般若頭の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:般若頭 お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:763字
さて、と目の前の真っ白な紙を見据えて私は腕をまくった。 本日は先生からの課題で「かきぞめ」とやらをやらなくてはいけないのだ。先生がいた「にほん」とかいうところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:般若頭 お題:黄金の黒板 制限時間:1時間 読者:204 人 文字数:641字
「ここまで馬鹿だと思わなかった」底冷えするような声音で彼女は僕に言い放つ。「何か怒ってる?」「怒ってる、というより呆れてる」深くため息をつきながら彼女はずるずる 〈続きを読む〉