お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:763字

私の目標
 さて、と目の前の真っ白な紙を見据えて私は腕をまくった。
 本日は先生からの課題で「かきぞめ」とやらをやらなくてはいけないのだ。先生がいた「にほん」とかいうところで行われていた伝統ある行為らしい。本来なら年初めに抱負を書くのが習わしらしいが、あいにくこの世界では年初めなんて存在しない。時間に区切りなんて存在せずずっとずっと続いているからだ。にほんでは365日で1年という単位で区切りをつけているらしい。詳しくは忘れてしまったけれど。
 いけない脱線してしまった。こんなことを考えている場合ではないのだ。とにかくなにかしら目標だったりを書かなきゃいけないのだ。私の後ろでゆっくりお茶をすすりながら先生が見ているし、何も書かないという選択肢は一切存在しない。
 「大丈夫かい? 書き方は教えたから書けるだろう?」
 相も変わらず穏やかな声で先生は私に話しかける。
「馬鹿にしないでください。先生の指導で文字は書けますし、このふでとやらで文章も書けるようになりました!」
「何やら考え込んでいるみたいだったからさ。とりあえずなんでもいいよ、好きなことを書いてごらん」
「好きなこと」
 にこにこ笑いながら先生は促した。ふむ、と私は手に顎を当てる。好きなことでいいと言われてしまった。けどせっかくならいつの日か達成したい目標でも書いてみたい。元々かきぞめとはそういうものらしいし。達成したい目標、そうだそんなのひとつしかないな。ついでに折角だから先生の住んでいた世界での言葉で書いてみたい。そうとなったら聞くことは一つ。
「先生。『先生のお嫁さんになる』っていうのは先生の世界の言葉でなんと書くんですか」
「とんでもないプロポーズされてしまったけど、それ本気で書くつもりかい」
「私はいつでも本気ですが」
「はは、そうだったね」

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:660字
「さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい! 質のいい未来の大安売りだよ」男の持つたらい桶を覗き込む。そこには、よく冷えた水に色とりどりの「ミライ」が浮いていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:来年のこだわり 必須要素:手帳 制限時間:15分 読者:250 人 文字数:1251字
まずは門を綺麗に掃除しなければならない。ぴかぴかに、それこそ舌で舐めても平気と思えるレベルで綺麗にする。そのぶんだけ手や服に汚れが付くが、なに、これも来年を迎え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コスモス ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな花 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:449字
「ねぇ、美香ちゃん。今度の休みに砺波の夢の平に行かない?」と、浩介はつきあい始めたばかりの美香をドライブに誘った。「夢の平って何があるの?」と、美香は浩介に聞き 〈続きを読む〉

般若頭の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:般若頭 お題:来年のこだわり 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:763字
さて、と目の前の真っ白な紙を見据えて私は腕をまくった。 本日は先生からの課題で「かきぞめ」とやらをやらなくてはいけないのだ。先生がいた「にほん」とかいうところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:般若頭 お題:黄金の黒板 制限時間:1時間 読者:210 人 文字数:641字
「ここまで馬鹿だと思わなかった」底冷えするような声音で彼女は僕に言い放つ。「何か怒ってる?」「怒ってる、というより呆れてる」深くため息をつきながら彼女はずるずる 〈続きを読む〉