お題:不本意な心 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1271字

感覚よ、そんなのは
「不本意な相手と付き合って、不本意な相手と関係をもって、不本意な相手と結婚する。カナ、あなたの人生そんなことでいいの?」
 カナはわたしの言っていることが分からないかのように首を傾げた。
「不本意な相手って、誰?」
「山下さんよ」
 山下さんはカナが今付き合っている男性だ。ロクに仕事をしていない、風采の上がらない男で、どこで捕まえてきたのやら……。この間紹介された時はビックリした。自分からろくにしゃべらず、ずっときょどきょどしている。こんなのとよく楽しそうに付き合えるものだ。
 カナはいつもこうなのだ。あるグループの中で、付き合える男と付き合えない男を振り分けた時に、付き合えない方に入っている男の内で、一番選んじゃいけないものをさっさと取って行ってしまう。そして、半年ぐらいで別れる。高校からの付き合いであるわたしは、それをもう10回は見てきた。
 25歳も過ぎて、いい加減わたし達は大人になった。「けっこん」の小さい「つ」まで見えてくる年頃だ。学生時代からの恋人と結婚した人も、わたし達のグループの中にも何人かいる。
 それなのに、カナはずっと変わらない。
「山下さんなんて、どこがいいの?」
 えー、とカナはニコニコ笑っている。笑うんじゃないよ、真剣な話をしてるんだ。
 それが伝わったのか、カナはすうっとその笑みを消した。
「あのさ、学生時代からずっとこういうこと繰り返してるじゃん。そういうのって、反省しないの?」
「何で? 反省する必要はどこにもないよ。だって、満足してるから」
 嘘だ、とわたしは断じた。
「あんたは何らかの心の隙間を、そうやって埋めてるだけなんだよ」
「……アサコさ、すぐそうやって決めつけるよね」
 カナは、10年以上の付き合いになるわたしが、見たこともない顔をしていた。普段から愛想のいいタイプのはずの彼女は、その仮面を初めて脱ぎ捨てたのかもしれない。
「別にそんな隙間とかないし、埋めてるつもりもない」
「じゃあ、何であんなのと付き合ってるの?」
 好きだから。シンプルな理由をカナははっきりと言った。
「好きだからだよ。昔からそう。田口くんも、ヤッちゃんも、蓮見くんも、エドも、ゴリ松も。ネットで会ったミミカキさんも、うちの辞めた主任も、三か月でいなくなった新人の佐藤くんも、アブナダミも、みんな好きだから付き合ってたの」
 とんでもない名前がいくつか出てきたが、いや、ゴリ松って高二の時の担任……。
「じゃあ、その、どんなとこが好きなの? あの山下さんはさあ」
「逆に聞きたいんだけどさ、どこが好きかとか、言葉にできなくちゃいけないわけ?」
 感覚よ、そんなのは。カナの口調はやっぱりきっぱりしていた。
「だからアサコ、26にもなって男と付き合えないのよ。あれこれ、論理で考えるから」

 一か月後、カナは山下さんと別れた。
 理由は? と聞くと「感覚よ、そんなのは」と聞いたようなセリフが返ってきた。
 わたしには、まだ彼氏ができないが、できたとしてもカナのことは理解できそうにもないと思う。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:限界を超えた粉雪 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:389字
年々降雪量が減ってスキー場は大弱り。逆転の発想、とばかりにオフシーズンの春・夏・秋を、草原のキャンプ地として開放。ご当地アイドルを呼んだり様々なイベントを組んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦艦のもこもこ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:867字
女の子の道は険しい。 まず、可愛くなればならない。太ってはいけないし、日焼けしてはならない。気が利いて優しくて料理が上手でなければならない。いつもニコニコして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サクラマス お題:地獄夕方 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:412字
メイは坂を下った。真っ赤に燃えた坂だ。不思議と地面は熱くない。メイのソックスはすでに黒く燃えている。けれども、素足は燃えていない。天を仰げば空もまた燃えていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1419字
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」 大鷺高校文芸部の真倉エミリは 〈続きを読む〉