お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:2789字 評価:2人

夜とホモと朝
「私は、貴方のことを愛している」
「まじですか、ホモですか、道理で他を無視して僕のことばっか狙ってくると思った」
「他の奴にお前を渡したくはなかったのだよ、その断末魔は残らず私だけが独占するべきだ」
「気持ち悪いんで、近寄らないでくれます?」
「少しでも近づけたらと切に願う」
「この地獄に初めて感謝した、そのまま這いつくばっててくださいね」
「私のことを引きずり、傍に置いてはくれないだろうか?」
「右手しかないんで無理ですね」
「……それは、不可能ではないという意味では」
「ええ、無理なんです」
「……どうしてもか」
「残念ながら無理っすね」
「そうか、非情に残念だ……」

今は夜で、僕が座っている石は古代の建物の一部で、呻き声や断末魔が周りのあちらこちらから聞こえてた。
血臭臓物その他の臭いもしてるはずだけれど、すでに鼻が砕かれてるからわからない。
地面に今横たわって僕のことを好きだとかほざいた奴の、全力で振り抜いたフレイルのせいだった。
慣れた肉が吹き飛ばされる感触と、絶頂を迎えてそうなコイツの叫び声は今も記憶に残っている。

僕の反撃で、ミノムシみたいに四肢をもがれた状態になってることも、だから当然だ。

「ここまでやっても死ねないのって、すげえ厄介」
「私は今、心底感謝している、この地獄に落とされたことに」
「あんた、これからずっと付きまとうつもりか」
「運命というものはあるのだと、初めて理解した」
「戦いに戦い以外のものを持ちこむ奴、僕嫌い」
「私のそれは戦いではなく純粋な愛情表現だ、戦いではないのだから、問題は無いな」
「あんた、『上』でもそういうことやってたんか」
「この世界に落とされたことを、私は神にどれほど感謝してもしきれない」

見えはしないが、きらきらとした目で僕のことを見ているんだと想像できた。
きっと同じ目で気に入った相手を虐殺してたんだろうな。
うん、ここだったら、この奈落の底だったら、「殺しても殺しきれない」。こいつみたいな奴にとってはこれ以上ないくらいのハッピーな状況なんだろう。

「……それに巻き込まれて、この先つき合わされそうな僕は実にアンラッキーだけど」
「君の意思は、可能な限り尊重したい」
「おうおう、それって窒息死がいいか撲殺がいいかの選択だよね?」
「違う」
「あ、そうなの」
「窒息など、君の声が聞こえなくなってしまうではないか。ところでまったく関係の無い話なのだが、どのような拷問が好みだろうか?」
「ぜってえ話変わってねえ……」
「車裂きを初めとした工具の準備が難しいことが非情に残念でならない」
「とりあえず、夜が明けたらまっさきにアンタのことを殺す」

そして可能な限り遠くに逃げる。
この地獄で平穏なんてないけど、この男の傍以外はまだマシな地獄だ。

日中、僕らは戦い続ける。全員が全員を敵として武器を振るう。
そうして日が落ちて、誰もが動けず苦痛を漏らす中、たまに気に入った奴や傍にいる奴と会話するようなこともあった。
けれど、こんな気色の悪い会話相手は初めてだ。全力で逃走すべきだった。

「ふむ、ふむ……?」
「なに納得してんだよ」
「いや、それはそれで悪くないと思っていた」
「はあ? 殺人予告されてその反応か、マゾも発症してんのか、あんた」
「その手の趣味はなかったはずなのだがね、君に切り刻まれたこの感覚は、なかなかに悪くなかったのだよ。一切の容赦なく、わずかなブレもなく、真っ直ぐ私の体を通り抜ける凶器の冷たさ、その味わい、その鮮烈は今思い出しても、ううむ、ふふ、うふぅう――ッ」
「今アンタ勃起してないか」
「失礼な」
「言い過ぎたか、悪いな」
「既に果てている」
「ちょっとでも謝った僕の誠意返せや」

右手を動かし、少しばかり距離を取る。
いや、本当に朝日が昇るまで可能な限り距離を取るべきだろ、これ。
身体の大半は、もう元の形を残していない。引き潰れて地面の染みと化している。

「だが待ってほしい、私は現在、身動きがとれない。可能なのは、こうして体をゆらゆらと揺らす程度の動きだけだ」
「だからどうしたの」
「そうしていると、君の体液を私の体中に浴びることになるわけだ、これに興奮するなという方が無茶というものではないかね」
「僕の血を体液とか言うな、というかお前、明日近寄るな、顔も見たくない」
「愛とはただ与えるものだ、見返りなど求めはしないさ」
「あんたの与えてるそれは苦痛だけだろ」
「無論、私が君に勝利した方が良い、それは間違いない」
「アンタ人の話聞いてないな?」
「私が勝利し、君を今の私と同じような状況にさせ、その上で私が五体満足に夜を迎えた場合、そう、一晩中、私は自由となる、私の願いすべてが叶うことになる……!」
「そうなった場合、僕は舌を噛みちぎって自殺する、死体相手に好き勝手してろ」
「それはそれで!」
「無敵か」

ヤバいぞ、色々と逃げ道がない。

「あー、僕と同年代の、僕よりも美形っぽい奴紹介するから、そっち行ってくんない?」
「駄目ではないか、友人を売るようなことをしてはいけない」
「あんたが言うな」
「ところでハーレムという言葉は素敵な響きだとは思わないかね?」
「おう、僕もそいつも性欲の対象にするつもりか」
「性欲ではない、純粋な愛だよ」
「サドでマゾで殺人癖ある奴の愛が純粋なわけあるか」
「そうだな、言われてみれば確かに浮気はよくない。君一筋になることを誓おう」
「話聞かない上に厄介な結論に勝手にたどり着かないでくれるかな!」

タバコが欲しいと心底思う。
いや、別にタバコじゃなくていい。
この気色悪い生物から意識を逸らすものならなんでもいい。

けど、周囲の奴らは呻き声を出すだけだ。
大半は僕がやったことだけど、ちょっと会話できるくらい無事な奴とかいないのかよ。

「というか、コイツにきっちりトドメを刺しとくんだった……」
「それは困る、君の姿が見えず、君の声が聞こえないことは地獄に違いない」
「すでにここ地獄だけどな、って待て」
「どうかしたのかね」
「なんでアンタの声、近くなってんだ?」

僕はあれからも、隙を見ては右手で這いずり距離を取っていた。
なのに、声の遠さが変わっていなかった。

「それは無論――」

光が差す。
その光を浴びた途端、東から順番に『復活』が果たされる。体のあちこちの欠損が無かったことになる。その手元には武具が、当たり前のように落ちている。

「こうして、這いずって来たに決まっているだろう、君がそうしていたように、一晩中をかけて」

きらきらとした瞳で、嬉しそうに笑う男。
ぞっとするほど近くにいるソイツの手足も、元のように生えようとしていた。

長い一日が、始まった。
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:inout お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:2789字 評価:2人
「私は、貴方のことを愛している」「まじですか、ホモですか、道理で他を無視して僕のことばっか狙ってくると思った」「他の奴にお前を渡したくはなかったのだよ、その断末 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:youro お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1832字 評価:1人
ミドリムシ。単細胞生物。オスメスの区別はなく、細胞分裂によって増殖する。しかし細胞それ自体にも寿命はある。元は1つの細胞から分裂していくだけなら、その分裂の元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2685字 評価:1人
受付はずいぶん混んでいた。休日の市役所の窓口並みだ。番号札が発券されて、椅子すらない待合所で立って待たされる。待合所といっても寒空の下で、壁すらない吹きさらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:3446字 評価:1人
僕の目の前に現れたそれは、オタマジャクシのような姿をしていた。黒い頭で尻尾が長く、目は飛び出ている。前足のようなものが生えているので、遠からずカエルになるのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2915字 評価:0人
つい最近、必須要素:ホモを体験したばかりであったため、ホモに関しての使い方をその時考えていた。「自分の事をホモサピエンスです!っていうのよ。そんで・・・」その十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説81日 お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1871字 評価:0人
じぶんの名はツネカズという。とある寺の子として生まれ、日々精進に励んでいる者である。じぶんは、何かについて考えることが好きである。修行の一環の中では、例えば人生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:旬の甘栗 お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:2014字 評価:0人
ああ全く救いようのないやつだと。そう何度思えばいいのだろう。 朝目覚ましが鳴るよりも早く目覚め、寝間着から着替えるなり部屋を出て歯を磨き、ベランダに出て冬の冷 〈続きを読む〉

inoutの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:inout お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:3422字 評価:1人
コミティアとは言うまでもなく年4回行われる決闘のことである。つまりは殺し合いだ。闘技場などにおける剣闘士の戦い用と違う点は2点。魔術の使用による対決が主であるこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼が愛した狼 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:3160字 評価:0人
また、出たんですか――!彼がそう叫ぶと同時に両の拳は机に叩きつけられていた。震動にバランスを崩した弁当箱が海老のしっぽを離脱させながら落ちるが、床よりも前に彼の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:昨日のつるつる 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:3950字 評価:1人
木製のテーブルに、これまた木製のジョッキを叩きつけて口まわりの泡を拭う。どれだけエールを飲んだところで、まったく酔うことなどできない。くそ、なんでだ――その言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2859字 評価:0人
「なにしてんの?」「海を見ています」「こぉんな暗くて何にも見えない夜なのに?」「風情があっていいですよ」「馬鹿?」「ええ、馬鹿なことをしています」「ふぅん……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:3249字 評価:1人
門がある。巨大だが簡素であり、儀礼的なものにすぎない。その左右には壁もなければ仕切りもない。ただの象徴としての門だった。彼女は、ふん、と鼻を鳴らした。初等科生徒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:小説家の娼婦 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:3216字 評価:2人
蒸し暑さを風がさらうのを、ぷらぷらと揺らしたサンダルに感じていた。初夏の風はどこか億劫そうだ。小高い丘で、ただ彼は茫然と空を見上げていた。つい先ほどまで書いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:冷たい兄 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:3832字 評価:0人
兄が笑わなくなった。私が「兄の笑顔は、なんかヘンだ」と言ったせいかもしれない。気にしすぎだ。なぜ妙なことだけ気にするのか。兄は大抵の場合は無表情で、時折、それこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:3539字 評価:0人
身震いしながら見れば、列は一向に短くなる様子がなく、老若男女のつむじばかりを眼球に捉えた。最果ての奥には、ただの一軒家と見紛うばかりの店がある。青色の、なんと書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:つらい「えいっ!」 必須要素:コミケ 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:3485字 評価:0人
神崎つらいさんが「えいっ!」とやると、幽霊が消し飛ぶのは有名な話だ。どんな怨霊も、どんな呪いもその一言で奇麗に消え去る。後に残るのは森林浴か大神殿かという清浄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:箱の中の武器 必須要素:駄菓子 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:2949字 評価:1人
うまい棒は美味いが、袋の処理だけがいつも困る。子供の頃は、これが悩みの種だった。ふっと風に吹き飛ばされてしまいそうなそれは、ポケットの中に入れると邪魔者だ。なに 〈続きを読む〉