お題:とてつもないパラダイス 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1187字

ミステリー楽園ツアー
 「楽園ミステリーツアー」というフレーズにつられて、行先のわからないツアーに参加してしまった。当日集まった参加者は僕一人で、よくもまあ中止にならなかったものである。
「元々定員三名なんで。試験的にやってみようという企画ですし」
 ガイドさんはそう説明した。なるほど、車もバスではなく普通の四人乗りのセダンだ。
「じゃあ、後ろ乗ってください。わたしが運転するので」
 促されて、後部座席に僕は座った。
「あの、行先は?」
「まだ秘密です」
 集合場所だった大きなターミナル駅を出発して、車はしばらく走った後に高速に入った。
「どれぐらいですか?」
「一時間ほどですかね」
 なら大体あの辺りかな、と僕は隣県の海水浴場を思い浮かべる。
 最近は春とは思えないくらい暖かいし、ちょっと足をつけるだけでも楽園感は出る。どうにも、僕にとっての楽園はハワイとかグアムとかあの辺りのイメージなのだ。
 しかし、その想像は間違っていた。
 聞いたこともないようなところで高速を降り、予想に反して車は山の方へ走る。
「海じゃないんですか?」
「海が楽園なわけないじゃないですか、あんな危ないところ」
「え、でも旅行会社って、よく南の海の楽園でどうのってツアーを組むじゃないですか」
「そういうタイプの会社じゃないんです、うちは」
 基本屋内なんです、と彼女はどこか誇らしげに言った。
「旅行に行ったからと言って、どうして外にいる必要があるのでしょう。屋外の予定なんて、雨が降ったりしたら台無しになってしまう。リスクが大きいんです」
「いや、あのせっかく旅行に出たんだから、屋外にいたいじゃないですか」
「おや、アウトドア派ですか?」
 意外そうに彼女は首を傾げる。
「おかしいなあ、うちのお客さんにアウトドア派がいるなんて……。もしかして、バーベキューとか好きだったりしまう?」
「好きですけど……ダメなんですか?」
「うちの会社ではアウトドア派のことを、特にバーベキュー好きの輩のことは、原始人と呼んで忌み嫌っています。肉を焼くだけで盛り上がれるという原始的な衝動で生きているからです」
 きっぱりと、さも当然のように言い切りやがった。
「原始人にはまだ早い娯楽かもしれませんね。ごめんなさいね、文明的に高度で」
 車から降りたくなってきたが、そういうわけにもいかず、僕はそのまま揺られていた。
「着きましたよ、原始人。ほら、降りた降りた」
 呼び名が原始人になったことに反論する間もなく、追い立てられるように僕は車から出る。
 目の前には、何とも言えない形の建物が建っている。立方体を組み合わせたような、幾何学的な、どうやって建てたのか想像もつかないような建物だ
「これ、美術館ですか?」
「ええ。現代アート専門の美術館です」
 原始人には難しくてごめんなさいね、とガイドは嫌味を言った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:りく お題:とてつもないパラダイス 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:563字
夕焼けを見ながらアイスを食べるのがあの頃のあたしたちの日課だった。学校を出てすぐ左の酒屋さんで70円のアイスを買って、そのまま急いで笹川橋まで自転車を走らせる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆーの お題:とてつもないパラダイス 制限時間:1時間 読者:137 人 文字数:2106字
「おい、そこのお前」「んー?」 眠気まなこを擦り、俺は声のする方へ顔を向けた。 黒猫だ。(やっぱ朝は寝ぼけますわ) 猫が人語話す訳ないだろう。朝が早いと言っても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:大☆和 お題:とてつもないパラダイス 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:184 人 文字数:551字
「夢のCDデビューしてみないか!」こんな安っぽいキャッチフレーズが溢れてる。でも僕は、そんなことはどうでもいい。ただ自分を表現していたいだけなんだ。少し前までは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000のお金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:314字
"職業:武器商人" 平和な世の中では閑古鳥が鳴くが、貧困国での度重なる内戦、先進国での相次ぐテロという世の中なら、大儲けできる仕事だ。まっとうな商売ではないので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:すごい人間 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:800字
隣に越してきた男が毎夜空を歩いている、と嘘つきで有名なBくんが今日もクラスを騒がして、その代償としていつものように下校途中に田んぼに突き落とされていた。ので、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:限りなく透明に近い表情 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:360字
海には水があると、ついつい思い込んでしまうように、瞳から涙が零れ落ちるだろうと、思いながら見つめていた。「チキンナゲット食べて帰ろうぜ」 そう言って振り返った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
授業 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:失敗の小説上達法 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:940字
ものごとには準備があって、予習復習を繰り返す必要がある。試験であったり、大賞であったり、グランプリであったり、を。そして次にインプット。アウトプットするだけで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作46 ※未完
作者:夢路 お題:自分の中の海風 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:333字
毎日が辛い。 会社に行きたくない。 布団の中でもぞもぞしながらも、起き上がって支度をする。 故郷から上京して都会で就職をした。 しかし仕事は失敗ばかり、上司か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:█████ お題:わたしの嫌いな爆発 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:581字
まずは、喉のあたりがボコリと膨らんだ。わたしの目は、スローモーションでそれをとらえるので、逆にそれが「自分の身に起きたことだ」と認識することができない。「感情な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、彼 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:772字
僕にとって人とは「生物」の一種に過ぎない。ズババババァァァ!!!このように僕の指先から出る液体「お酢」さえ弾丸のように発射することができるこんな人殺し 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:軽い音 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1033字
「お前の音は軽いんだよ」 村田はそう言い放った。言われた上坂は唇を噛んで俯く。バイオリンの弓を握る手に力が入る。「誰のために弾いてる? 自分のためでしかないだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女が愛した血液 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1048字
わたしは吸血鬼なの、と彼女は言った。片手に載せたワイングラスには、赤黒い液体がなみなみと注がれている。 わたしを満足させられる? 彼女はワイングラスをこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の殺人犯 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1016字
K市の西に位置する日暮山には謎の怪人が出るという伝説があった。 今から30年ほど前、K市で通り魔殺人が起こったのだが、その犯人が日暮山に逃げ込んだ。警察は山狩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの善 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:975字
「あんたが俺を殺してくれるのか?」 真っ白い空間で、白髪に髭の老人と向き合った不二ミノルはそう言ってニヤリとした。「○す? 何故、そう思う?」 老人は厳かに問い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:2416字 評価:1人
2010 6 ××高等学校 普通科 中退 以上 白いな。 横に長いマスが、嫌味たらしくたくさん縦に並んでいる紙を見て、俺は顔をしかめた。 その一番上で二行しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:965字
A市のとある道路脇で女性の刺殺体が見つかった。 頸動脈を切られて殺されていたが、殺害方法に比して周囲に血痕は少ない。警察は、別の場所で殺害されてこの場所に遺棄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穏やかなプレゼント 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1275字
「激しいプレゼントとそうでもないプレゼント、どっちがいい?」 あまり聞かれたことのない質問をされて、僕は戸惑った。「激しいプレゼントと、そうでもないプレゼント。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:帝王のいたずら 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1108字
「暗黒の帝王より、虚ろな光の下で過ごす愚かなる人間に告げる。遠足を中止しなければ、多くの人間が死ぬことになるだろう。暗黒の帝王を崇めよ……」 とある中学校に届い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の負傷 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:1013字
「呪われた金の延べ棒」の噂をご存じだろうか。 それは、今は亡きある富豪が保有していたいくつかの延べ棒の内の一つで、これを持っているものは富豪の霊に呪われるとい 〈続きを読む〉