お題:とてつもないパラダイス 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1187字

ミステリー楽園ツアー
 「楽園ミステリーツアー」というフレーズにつられて、行先のわからないツアーに参加してしまった。当日集まった参加者は僕一人で、よくもまあ中止にならなかったものである。
「元々定員三名なんで。試験的にやってみようという企画ですし」
 ガイドさんはそう説明した。なるほど、車もバスではなく普通の四人乗りのセダンだ。
「じゃあ、後ろ乗ってください。わたしが運転するので」
 促されて、後部座席に僕は座った。
「あの、行先は?」
「まだ秘密です」
 集合場所だった大きなターミナル駅を出発して、車はしばらく走った後に高速に入った。
「どれぐらいですか?」
「一時間ほどですかね」
 なら大体あの辺りかな、と僕は隣県の海水浴場を思い浮かべる。
 最近は春とは思えないくらい暖かいし、ちょっと足をつけるだけでも楽園感は出る。どうにも、僕にとっての楽園はハワイとかグアムとかあの辺りのイメージなのだ。
 しかし、その想像は間違っていた。
 聞いたこともないようなところで高速を降り、予想に反して車は山の方へ走る。
「海じゃないんですか?」
「海が楽園なわけないじゃないですか、あんな危ないところ」
「え、でも旅行会社って、よく南の海の楽園でどうのってツアーを組むじゃないですか」
「そういうタイプの会社じゃないんです、うちは」
 基本屋内なんです、と彼女はどこか誇らしげに言った。
「旅行に行ったからと言って、どうして外にいる必要があるのでしょう。屋外の予定なんて、雨が降ったりしたら台無しになってしまう。リスクが大きいんです」
「いや、あのせっかく旅行に出たんだから、屋外にいたいじゃないですか」
「おや、アウトドア派ですか?」
 意外そうに彼女は首を傾げる。
「おかしいなあ、うちのお客さんにアウトドア派がいるなんて……。もしかして、バーベキューとか好きだったりしまう?」
「好きですけど……ダメなんですか?」
「うちの会社ではアウトドア派のことを、特にバーベキュー好きの輩のことは、原始人と呼んで忌み嫌っています。肉を焼くだけで盛り上がれるという原始的な衝動で生きているからです」
 きっぱりと、さも当然のように言い切りやがった。
「原始人にはまだ早い娯楽かもしれませんね。ごめんなさいね、文明的に高度で」
 車から降りたくなってきたが、そういうわけにもいかず、僕はそのまま揺られていた。
「着きましたよ、原始人。ほら、降りた降りた」
 呼び名が原始人になったことに反論する間もなく、追い立てられるように僕は車から出る。
 目の前には、何とも言えない形の建物が建っている。立方体を組み合わせたような、幾何学的な、どうやって建てたのか想像もつかないような建物だ
「これ、美術館ですか?」
「ええ。現代アート専門の美術館です」
 原始人には難しくてごめんなさいね、とガイドは嫌味を言った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:りく お題:とてつもないパラダイス 制限時間:15分 読者:285 人 文字数:563字
夕焼けを見ながらアイスを食べるのがあの頃のあたしたちの日課だった。学校を出てすぐ左の酒屋さんで70円のアイスを買って、そのまま急いで笹川橋まで自転車を走らせる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆーの お題:とてつもないパラダイス 制限時間:1時間 読者:150 人 文字数:2106字
「おい、そこのお前」「んー?」 眠気まなこを擦り、俺は声のする方へ顔を向けた。 黒猫だ。(やっぱ朝は寝ぼけますわ) 猫が人語話す訳ないだろう。朝が早いと言っても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:大☆和 お題:とてつもないパラダイス 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:551字
「夢のCDデビューしてみないか!」こんな安っぽいキャッチフレーズが溢れてる。でも僕は、そんなことはどうでもいい。ただ自分を表現していたいだけなんだ。少し前までは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かと恋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1299字
みーちゃんは言った。「恋とは落ちるものなのよ」と。「恋をしている間は、本当に恋なんてしていないの。恋とは落ちるものだから」 謎かけのような言葉だ。「答えになら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた王子 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1242字
成田って苗字だったので、そいつは「ナリキン」とか「王子」とかって呼ばれていた。 家が会社をやってて、お父さんが社長で、甘やかされて育ってきたんだな、と思わせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1095字
郊外に建つとある研究所に、ある夜雷が落ちた。 その衝撃で誕生したのが、ゾンビライオンである。 実験動物として秘密裏に飼育されていたこのライオンは、研究所に買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:あいつの薔薇 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1364字
木崎くんは常に、制服の胸ポケットにバラを差している。 わたしはそれが気になってならないのだが、誰に言ってもおかしな顔をされる。 「そんなのしてないよ」というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:赤い食卓 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1106字
「今日のお夕飯は、ナポリタン、エビのチリソース炒め、そして冷やしトマトよ」 私の妻は、赤い料理しか作れない。 料理自体はうまいのだが、何の縛りプレイなのか、宗教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2291字 評価:2人
唐田は最近機嫌がいい。 「大学一年の春学期の間に恋人ができなければ、一生恋人はできない」なんていう大学内の噂を真に受けて、この世の終わりみたいな顔をしていた十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:セクシーな風 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1070字
近所にある「越智ヶ台」には、セクシーな風が吹くとされていた。 セクシーな風って一体何だよ、と思うのだが、要はスカートがめくれるくらいに強い風らしい。 中学に上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:冬の広告 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1181字
一面の銀世界、バケツを被り墨で顔の作られた雪だるま、お盆に載った南天の目をした雪うさぎ、入り口から暖かそうな光の漏れるかまくら、斜面を滑るソリと雪合戦……。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な目 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1316字
才能はないけれど、最強の格闘家になりたい。 小岩シズオはその思いが高じて、とある研究所の門を叩く。 非合法の人体改造手術を手掛けているというそこで、シズオはい 〈続きを読む〉