お題:とてつもないパラダイス 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1187字

ミステリー楽園ツアー
 「楽園ミステリーツアー」というフレーズにつられて、行先のわからないツアーに参加してしまった。当日集まった参加者は僕一人で、よくもまあ中止にならなかったものである。
「元々定員三名なんで。試験的にやってみようという企画ですし」
 ガイドさんはそう説明した。なるほど、車もバスではなく普通の四人乗りのセダンだ。
「じゃあ、後ろ乗ってください。わたしが運転するので」
 促されて、後部座席に僕は座った。
「あの、行先は?」
「まだ秘密です」
 集合場所だった大きなターミナル駅を出発して、車はしばらく走った後に高速に入った。
「どれぐらいですか?」
「一時間ほどですかね」
 なら大体あの辺りかな、と僕は隣県の海水浴場を思い浮かべる。
 最近は春とは思えないくらい暖かいし、ちょっと足をつけるだけでも楽園感は出る。どうにも、僕にとっての楽園はハワイとかグアムとかあの辺りのイメージなのだ。
 しかし、その想像は間違っていた。
 聞いたこともないようなところで高速を降り、予想に反して車は山の方へ走る。
「海じゃないんですか?」
「海が楽園なわけないじゃないですか、あんな危ないところ」
「え、でも旅行会社って、よく南の海の楽園でどうのってツアーを組むじゃないですか」
「そういうタイプの会社じゃないんです、うちは」
 基本屋内なんです、と彼女はどこか誇らしげに言った。
「旅行に行ったからと言って、どうして外にいる必要があるのでしょう。屋外の予定なんて、雨が降ったりしたら台無しになってしまう。リスクが大きいんです」
「いや、あのせっかく旅行に出たんだから、屋外にいたいじゃないですか」
「おや、アウトドア派ですか?」
 意外そうに彼女は首を傾げる。
「おかしいなあ、うちのお客さんにアウトドア派がいるなんて……。もしかして、バーベキューとか好きだったりしまう?」
「好きですけど……ダメなんですか?」
「うちの会社ではアウトドア派のことを、特にバーベキュー好きの輩のことは、原始人と呼んで忌み嫌っています。肉を焼くだけで盛り上がれるという原始的な衝動で生きているからです」
 きっぱりと、さも当然のように言い切りやがった。
「原始人にはまだ早い娯楽かもしれませんね。ごめんなさいね、文明的に高度で」
 車から降りたくなってきたが、そういうわけにもいかず、僕はそのまま揺られていた。
「着きましたよ、原始人。ほら、降りた降りた」
 呼び名が原始人になったことに反論する間もなく、追い立てられるように僕は車から出る。
 目の前には、何とも言えない形の建物が建っている。立方体を組み合わせたような、幾何学的な、どうやって建てたのか想像もつかないような建物だ
「これ、美術館ですか?」
「ええ。現代アート専門の美術館です」
 原始人には難しくてごめんなさいね、とガイドは嫌味を言った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:りく お題:とてつもないパラダイス 制限時間:15分 読者:275 人 文字数:563字
夕焼けを見ながらアイスを食べるのがあの頃のあたしたちの日課だった。学校を出てすぐ左の酒屋さんで70円のアイスを買って、そのまま急いで笹川橋まで自転車を走らせる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆーの お題:とてつもないパラダイス 制限時間:1時間 読者:145 人 文字数:2106字
「おい、そこのお前」「んー?」 眠気まなこを擦り、俺は声のする方へ顔を向けた。 黒猫だ。(やっぱ朝は寝ぼけますわ) 猫が人語話す訳ないだろう。朝が早いと言っても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:大☆和 お題:とてつもないパラダイス 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:551字
「夢のCDデビューしてみないか!」こんな安っぽいキャッチフレーズが溢れてる。でも僕は、そんなことはどうでもいい。ただ自分を表現していたいだけなんだ。少し前までは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい火 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:53字
激しい火が燃えたぎっている。夏菜子はなにもかも捨てると決意したのだ。決別したい過去も愛しい想いも...。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:今度の瞳 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:138字
ああしたらこうなるこうしたらああなるというものではないというものにみえるが...みえるからというものであるにしておこうか...しかしそれは本当でない人がそれを信 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な遭難 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:557字
「あれ?あれ?………ここ、どこぉ?」少女は真っ暗闇の中、手探りで洞窟をはいでて、あたりをやみくもに見まわした。――あたしは勇者。邪神を討伐してきた伝説の勇者。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る火 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:610字
目の前を、火が走っていった。 時刻は深夜。季節は夏。場所は墓地。怪奇現象が起こるのにはこれ以上無い絶好のロケーションに、今まで考えていた事も忘れて背筋が凍った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡いコンサルタント 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:936字
「淡いコンサルタント? コンサルタントってあのコンサルタントでしょう? 人に意見とか言ったりする……。それのが淡いってどういう事やねん」 思わず関西弁になってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いなところてん 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:481字
会社の上司が俺の近くに住んでいることがわかった。その上司から休みの日に「遊びに来い」と誘われてお邪魔したのが昨日だった。上司は夫婦仲がいいことで評判で、しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:限界を超えた粉雪 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:389字
年々降雪量が減ってスキー場は大弱り。逆転の発想、とばかりにオフシーズンの春・夏・秋を、草原のキャンプ地として開放。ご当地アイドルを呼んだり様々なイベントを組んで 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑い能力者 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1121字
格安の賃貸アパートで、「壁が薄いために隣の生活音が全部聞こえてしまう」というエピソードは、枚挙にいとまがない。 ある会社の運営するマンスリーマンションなどでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:戦争と汗 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1076字
「砂漠の国」は「草原の国」と長らく戦争をしていた。 しかし、戦争が長引くにつれ、資源に乏しい「砂漠の国」は追い詰められていった。「おかしい、我が国のラクダ部隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1419字
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」 大鷺高校文芸部の真倉エミリは 〈続きを読む〉