お題:見知らぬ宗教 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1266字

新興宗教ヘロヘロ教
「こんにちは。神さまの話に興味ありますか?」
「間に合ってます」
 日曜の昼下がりに現れた宗教勧誘の女性を見て、わたしはすぐにドアを閉めようとした。しかし、女性はドアの隙間に足を入れてそれを阻む。
「ちょ、何を!?」
 驚くわたしを尻目に、女性はやけに手慣れた様子でチェーンを外す。無茶苦茶だ、ここまでやる宗教勧誘が今までいただろうか。
「間に合っているということはないと思うのです」
「帰ってください!」
「我々が信仰しているのは……」
 話聞けよ、こいつ。
「世界三大宗教の一つ……」
 仏教やキリスト教、イスラム教がこんな強引な手段を使うというのか。
「ヘロヘロ教です」
「聞いたことない!」
 しまった、反応してしまった。女性はパッと顔を輝かせて「興味があるようですね!」と身を乗り出してくる。というか、足を更にぎゅうぎゅう入れてくる。彼女の履いているナイキのスニーカーのロゴが半分我が家に入り込んでいた。
「ご存じの通り、ヘロヘロ教は紀元前3世紀にこの日本で誕生した弥生時代の宗教です」
 全然ご存じじゃない。というか、弥生時代にそんなものがあったなんて信じがたい。
「偉大なる教祖ヘロヘロは……」
 名前! 酷いだろ、既に疲れてるじゃないか。
「弥生時代に飢えて死んだ男で、彼を助けなかった罪を全人類が背負っているというのは、既に自明のことと思いますが……」
 そんな名前付けるから飢え死にするんだろうが。
 しかも面倒くさい「罪」とか言い出したし。
 というか、さっきから当たり前みたいな空気で話すの止めてほしい、怖いから。
「我々はヘロヘロに謝罪の気持ちを伝えることで、ヘロヘロの魂を天国へと導き、宇宙すべてをヘロヘロのものにするために活動しているのです」
 宇宙全てがヘロヘロって、もう滅んだ方がマシだろそれ。
「ヘロヘロに謝罪の気持ちを伝えても、我々は死後天国に行くことはありませんが……」
 じゃあ何のためにやるんだ。ご利益は? 現世利益ないとやんないよ、日本人は。
「魂はすべて無に帰りますが……」
 死後の世界否定するタイプにしてもひどい。無に帰るとか、生きていく気力出ないだろ。あ、だからヘロヘロなのか。
「それでもヘロヘロを天国に押し上げるのはやりがいのある仕事と感じています」
 リクルートサイトの先輩社員のコメントみたいなこと言い出したな。
「今はわたし一人しかいない宗教ですが……」
 三大宗教じゃないのかよ。どんだけ盛ったんだ、この女。
「きっと1万年後には、世界三大宗教の一つに数えられているはずです!」
 先も先、っていうか先どころじゃない。人類存続してるかも怪しいだろ。
「その時にはわたしの魂は無に帰していますし、きっとヘロヘロもまだ天国にたどり着いてはいないでしょうが……」
 まだダメなのかよ、そろそろ休ませてやれよヘロヘロ。
「ヘロヘロが天国に着いたら、宗教が終わってしまうので、できるだけ天国につかないでいてほしいんですけど……」
 暴言過ぎるわ。ヘロヘロが可哀想になってくる。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
饗宴 ※未完
作者:匿名さん お題:楽しい葬式 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:355字
目の前でどんちゃん騒ぎが繰り広げられている。棺桶の周りで、踊り、歌い、ただ騒ぐ。皆、喪服を着ているというのに、厳粛な空気など微塵も感じられない。 ――どういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:とんでもない耳 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:821字
わたくしがこれからするお話は、とある若者の物語です。 彼は、三人兄弟の末っ子で、そして、母は早くに死に、父と四人で暮らしておりました。 ある日のこと、その国の 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かと恋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1299字
みーちゃんは言った。「恋とは落ちるものなのよ」と。「恋をしている間は、本当に恋なんてしていないの。恋とは落ちるものだから」 謎かけのような言葉だ。「答えになら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた王子 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1242字
成田って苗字だったので、そいつは「ナリキン」とか「王子」とかって呼ばれていた。 家が会社をやってて、お父さんが社長で、甘やかされて育ってきたんだな、と思わせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1095字
郊外に建つとある研究所に、ある夜雷が落ちた。 その衝撃で誕生したのが、ゾンビライオンである。 実験動物として秘密裏に飼育されていたこのライオンは、研究所に買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:あいつの薔薇 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1364字
木崎くんは常に、制服の胸ポケットにバラを差している。 わたしはそれが気になってならないのだが、誰に言ってもおかしな顔をされる。 「そんなのしてないよ」というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:赤い食卓 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1106字
「今日のお夕飯は、ナポリタン、エビのチリソース炒め、そして冷やしトマトよ」 私の妻は、赤い料理しか作れない。 料理自体はうまいのだが、何の縛りプレイなのか、宗教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2291字 評価:2人
唐田は最近機嫌がいい。 「大学一年の春学期の間に恋人ができなければ、一生恋人はできない」なんていう大学内の噂を真に受けて、この世の終わりみたいな顔をしていた十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:セクシーな風 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1070字
近所にある「越智ヶ台」には、セクシーな風が吹くとされていた。 セクシーな風って一体何だよ、と思うのだが、要はスカートがめくれるくらいに強い風らしい。 中学に上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:冬の広告 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1181字
一面の銀世界、バケツを被り墨で顔の作られた雪だるま、お盆に載った南天の目をした雪うさぎ、入り口から暖かそうな光の漏れるかまくら、斜面を滑るソリと雪合戦……。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な目 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1316字
才能はないけれど、最強の格闘家になりたい。 小岩シズオはその思いが高じて、とある研究所の門を叩く。 非合法の人体改造手術を手掛けているというそこで、シズオはい 〈続きを読む〉