お題:小さなサラリーマン 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:289字
[削除]

are
 俺は気持ちがすごく小さなサラリーマンだ。  自分はとても気持ちが小さい。「どうしてこんな俺になってしまったのだろうか。」 今でもそう考える。だがそんなとき、転機が訪れた。あるとき、同僚から「音楽を聴け。」そう言われて俺は電気屋に行って電気屋に行ってきた。買ったのはオーディオテクニカの3000円くらいで買えるものだ。 いえにかえって、プレイヤーなんてないからスマホで聞いた。とても元気が出た。それ以降俺は音楽が大好きになった。音楽のおかげで、仕事ができるようになった。恋人ができた。そして何よりも気持ちが大きくなった。でもそのきっかけを作ったのは、アノヘッドホンかも知れない。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ゆーどら お題:小さなサラリーマン 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:879字
「紅葉おろしって言えばさ」サラリーマンのヒラタケが口を開く。彼は今日も部下と共に夜の新橋をぶらり。しかし今日の彼はいつもより、静かに酒に酔っていた。「紅葉って良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:バーチャルネットフラワー日向ソル お題:残念な男の子 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:413字
私には1人同い年の幼馴染が居る。家が隣同士ということもあり小さい頃からずっと一緒に居た。彼は誰にでも優しく、他愛もない相談にも真剣に考えてくれる。頼み事をしても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うへへ、におい 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1116字
こないだね、知り合いの家でヘッドホンを借りる機会があったんです。知り合いです。気兼ねない知り合い。そんでね、「はい」って渡されて、私もああどうもって受け取って、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ちっちゃなサーカス 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:387字
ヘッドホンからは電子音のようなかすかなノイズが断続的に流れてくるの。集中して耳をすまし神経を尖らすけれど、いつまでたっても意味のある音は聞こえてこない。確かにメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:マンネリな痛み 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1170字
家では大半イヤフォンをつけて生活している。「だって、観ている映画とか、やってるゲームとか、聞いてる音楽とか隣の人とかにばれたら怖いじゃん」っていうのが理由。それ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:旗之助 お題:記録にない彼 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:448字
目を覚ますと見知らぬ天井が広がっていた。そんな非日常的な状況ではあるが、女の気分はそれどころではない壮絶さであった。泥の様に眠っていたのだろう、何時かは知らない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:実演販売でスライスされる螺子(FancyMeat62@ingress) お題:たった一つの多数派 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:245字
なんだかつかれた。17時42分発の急行を見送って、電光表示を見る。点滅する文字が消えて、私の乗る列車が上の段に。17時55分発、普通。いつもより3本遅いだけ。学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:難しい殺人犯 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:892字
ある人の本を読んでからというもの、偶然性の高い殺人みたいなことに対して若干の興味を得た。だから例えば、階段の上にビー玉を置いておくだけという様な事だ。それによっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:残念な表情 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:511字
列に並ぶ。 別に列に並ぶのが好きな訳ではない。只並ばないと自分の順番が来ないから並ぶだけだ。だから順番待ちの最中に気分が高揚しているとしても、それは列の先にあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:蓋然性のある罰 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:317字
蓋然性のある罰いいか、1,2,3で電流スイッチをおすするとヘッドホンに電流が流れ君の耳はどちらかいかれることになる最高の拷問方法だろう?不適な笑みを浮かべて説明 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと人々 必須要素:自殺エンド 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
この世界は誰が主役か?胡散臭い慈善家どもがコピペのように言いやがるあの言葉は、いとも簡単に心を劈いていく。うるせえ、うるせえなあ。この世界はあなたが主人公です。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:間違った勝利 必須要素:全力のエロス 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:417字
俺は今まで一度も敗北したことがない。もちろんそれはすべての事柄においてではなくとあるジャンルにおいてである。そのジャンルとはとある二郎系においていち早く食べ終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:計算ずくめの囚人 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:501字
「人の心の檻、なんて言葉を大層大袈裟に仰々しく、まるで崇めるかのようにいう人間がいるけど、その檻の鍵は果たして自分と相手のどちらについているのかしらね?」檻とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる囚人 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:245字
悪魔は今日も暇だったので、人間界に来た。 やることはただ一つ、人間観察だ。 人間は愚かで、傲慢。自らの欲でしか動けない醜い動物だ。悪魔は人間を嫌っていた。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
アフター ※未完
作者:匿名さん お題:くさい海 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:363字
どんよりした空の下、それは確かにあった。 ――嘘だろ。 良二は携帯の画像と目の前のそれを何度も見比べる。全く似ても似つかない。けれど、位置情報は確かに目的地と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未熟な墓 ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な墓 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:309字
それは金銀に光る魔法のようでした。狭い部屋のなかに、たくさんの不思議な道具や物が詰め込まれていて、幼い子供にはまるで宝石箱のようにきらめいて見えるに違いありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、蟻 必須要素:バーボン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:673字
小さい頃に蟻を踏み潰した時にどんな感覚を覚えたか、そんなどうでもいいことを考えていると、彼女から酒をつがれた。「私と話している最中に別のことを考えるとは中々勇気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絵描きの保険 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1304字
あぁ今月もまた描けなかったな、と保険料の振り込まれた通帳を眺めて息を吐く。 そこに刻まれた数字は自分の命綱である。その一方で、自分の無力さと無価値さを淡々と告 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
深夜の誘惑 ※未完
作者:匿名さん お題:不本意な夜中 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:627字
ふと目を覚ます。いつの間にか寝ていたらしく、左手に握られていたスマホに目をやれば、午前2時過ぎ。なんとも微妙な時間だが、右頬に感じる机のひんやりとした温度が私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい魚 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:4416字
「…なあ」薄暗い室内。黒く、所々破れたローブをまとった男が、私の目の前の椅子に腰かけている。テーブルの上のランタンに火を灯し、虚ろな目で窓の外の荒れた海を見なが 〈続きを読む〉