お題:意外な宿命 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:1177字

宿命診断の姉
 姉は、その人が背負っている宿命がわかるという。
「そのためには『儀式』が必要なの。いちいちやるの面倒くさいから、全員のは見てらんないの。それに宿命を背負ってない人がほとんどだから、大抵は徒労に終わるしね」
 中二病の言い訳みたいなことを言う姉だな、と思っていたが、意外やこれが本当に当たる。
「お前は妹だから、一応見てあげたけど、とんでもない宿命背負ってたわ」
 15歳になった年、わたしは姉から自分の宿命を告げられた。
「お前は、必ず裏表を一度は間違えるわ」
 冷静に考えれば、ここでわたしは姉の「呪い」にかかっただけなのかもしれない。そう言い切られることで、間違えてしまうという思い込みを持ってしまっただけなのかもしれない。
 しかし、わたしは本当に裏表をよく間違えるのだ。それは14歳までの間もそうだった。
 セーターや靴下、USBメモリはもちろんのこと、お札やコインの裏表も間違えて覚えていたし、両面印刷のプリントを必ず裏から読んでしまう。果ては、「こちらの方向からならどこでも切れます」というマジックカットも、つい逆側から破ろうとしてしまったりもする。
 姉に言わせれば、マジックカットは「お前がそそっかしいだけ」らしいが、とにかくわたしの裏表を間違える宿命は「当たっている」ということになる。少なくともわたしはそう思っている。

「宿命を知りたい人がいるから、協力して」
 ある時、わたしは姉の能力を頼ることにした。
 相手は、わたしが同棲して3年になる彼氏だ。結婚したいのだが、その前にこの人がどういう宿命を背負っているのか、知りたくなった。
「いいよ。じゃあ、陰毛をとってきて」
 とんでもないことになったな、と思いながら、わたしは彼との行為の最中に何本か引きちぎった。
「本当に陰毛持ってくるなよ」
 翌日見せると、姉は顔をしかめた。冗談だったらしい。体に生えている毛なら何でもよかったそうで、毛髪を使うのが一般的だそうだ。ここでもわたしは、ある意味裏表を間違えたようだ。
「じゃあ、『儀式』するから。ちょっと待ってなさい」
 姉の「儀式」を見るのはこれで三度目だ。一度目は自分の時、二度目は姉の元カレの時。姉の元カレは特に宿命を背負っていなかったが、性格が合わずに別れたのだった。
 姉は紙の上に書いた魔法陣的な何かの上に陰毛を置いて、周りにロウソクを置いて祈り始めた。これは大体15分くらいかかるので、わたしはマンガを読んで暇をつぶす。
「……見えたわ」
 およそ20分後、姉は微妙な表情でわたしを振り返った。
「何ていうか、すごく徒労だった」
「どういう意味?」
 姉は魔法陣の上の彼の陰毛をつまみ上げて、ロウソクの炎で燃やした。嫌なにおいが立ち込める。
「ねえ、どんな宿命なの?」
「結婚相手にいんもうをむしられるしゅくめ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの口 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:263字
「ほへほへほへほ、ふみゃふみゃふみゃみゃー」「だめだ、全っ然わからない」 突然口周りの筋肉が弛緩してしまいろれつが回らなくなってしまう奇病、通称『フニャフニャ口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
悲しき種族 ※未完
作者:いつもみんなにミニラ お題:思い出の同情 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:768字
帰りの道中、私は思い出す。あれから数時間はたったが、未だに彼らの言葉に私は打ちのめされていた。 「そんで最後は暴走するマシーンの下敷きになっちゃったよ。おかげで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:411字
ここにいる意味は何か。夏は残酷だ。俺の大切な仲間をどんどん奪っていく。親に、友に、彼女だ。3年前の今日。親が通り魔に遭遇して×された。あのときに見た親の顔はどん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
来年のこの日 ※未完
作者:akari お題:夏の理由 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:318字
深い青に立ち上る大きな入道雲。ひっきりなしに聞こえる蝉の声に包まれながら、私はぼんやりと空を眺めていた。 ――終わっちゃうなあ……。 今年も何事もなく過ごして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:朝の理由 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:330字
紙と鉛筆が擦れ合う音に私は目を覚ます。目を開ければ、昨日と全く同じ光景が目の前に広がっていた。 煌々と光る勉強机。かりかりと削れる鉛筆と黒く染められていくノー 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
節目 ※未完
作者:匿名さん お題:うるさい黒板 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:204字
色とりどりのチョークで描かれたイラスト。とりとめのない絵ばかりだが、見つめていると自然に視界がぼやけてくる。 この職に就いてしばらく経つが、この日ばかりはいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つれづれと ※未完
作者:匿名さん お題:幸福な多数派 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:315字
朱に交われば赤くなる。ことわざにもある通り、集団の力は非常に強い。 どんなに自分を貫こうと足掻いても、嵐になぎ倒される樹のごとく、いつの間にか周りに馴染む自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた春雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:389字
「……だめかぁ」 今回も失敗。私はため息をつきつつ、ごみ箱に作ったばかりのそれを投げ入れる。中を覗けば手つかずの料理が堆く積み上がっている。できる限り自分のお腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
饗宴 ※未完
作者:匿名さん お題:楽しい葬式 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:355字
目の前でどんちゃん騒ぎが繰り広げられている。棺桶の周りで、踊り、歌い、ただ騒ぐ。皆、喪服を着ているというのに、厳粛な空気など微塵も感じられない。 ――どういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:とんでもない耳 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:821字
わたくしがこれからするお話は、とある若者の物語です。 彼は、三人兄弟の末っ子で、そして、母は早くに死に、父と四人で暮らしておりました。 ある日のこと、その国の 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:誰かと恋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1299字
みーちゃんは言った。「恋とは落ちるものなのよ」と。「恋をしている間は、本当に恋なんてしていないの。恋とは落ちるものだから」 謎かけのような言葉だ。「答えになら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた王子 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1242字
成田って苗字だったので、そいつは「ナリキン」とか「王子」とかって呼ばれていた。 家が会社をやってて、お父さんが社長で、甘やかされて育ってきたんだな、と思わせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1095字
郊外に建つとある研究所に、ある夜雷が落ちた。 その衝撃で誕生したのが、ゾンビライオンである。 実験動物として秘密裏に飼育されていたこのライオンは、研究所に買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:あいつの薔薇 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1364字
木崎くんは常に、制服の胸ポケットにバラを差している。 わたしはそれが気になってならないのだが、誰に言ってもおかしな顔をされる。 「そんなのしてないよ」というの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:赤い食卓 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1106字
「今日のお夕飯は、ナポリタン、エビのチリソース炒め、そして冷やしトマトよ」 私の妻は、赤い料理しか作れない。 料理自体はうまいのだが、何の縛りプレイなのか、宗教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2291字 評価:2人
唐田は最近機嫌がいい。 「大学一年の春学期の間に恋人ができなければ、一生恋人はできない」なんていう大学内の噂を真に受けて、この世の終わりみたいな顔をしていた十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:セクシーな風 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1070字
近所にある「越智ヶ台」には、セクシーな風が吹くとされていた。 セクシーな風って一体何だよ、と思うのだが、要はスカートがめくれるくらいに強い風らしい。 中学に上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:冬の広告 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1181字
一面の銀世界、バケツを被り墨で顔の作られた雪だるま、お盆に載った南天の目をした雪うさぎ、入り口から暖かそうな光の漏れるかまくら、斜面を滑るソリと雪合戦……。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:斬新な目 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1316字
才能はないけれど、最強の格闘家になりたい。 小岩シズオはその思いが高じて、とある研究所の門を叩く。 非合法の人体改造手術を手掛けているというそこで、シズオはい 〈続きを読む〉