お題:昨日食べた時計 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:463字

大事なものを食べてるような気がする
うーん、なんだか体の調子が悪い。

昨日食べた時計が悪かったような気がする。

……時計って食べ物だったっけ?

「そうですよ~、時計は食べ物なのです」

そうか、そうなら仕方がない。


**************************

今日はスーツを着て大学に向かう。

新卒で入社してから2年間、ずっと着ていたスーツだ。

「あら、なかなかお高いスーツじゃないですか。でももうヨレヨレですね。それに、大学にスーツで行く人はそんなに多くないですよ?」

あれ?そうだったっけ。じゃあ私服で行くか。


**************************

今日も時計を食べてから、ブレザーの制服に着替えて中学に向かう。

「ちょっと!オムツを忘れてるよ!」

ああ、そうだった……つけてもらえる?

「いいよ、もう甘えんぼさんなんだから」

**************************

「ふう、これで幼稚園児まで退行したね。もうこれ以上「時計」を食べさせるのも酷だし、そろそろ目を覚ましてあげようかな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

Masaki Haraの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:弱い微笑み 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:465字
その女は魔性の女といわれていた。「ハハハ、今日も威勢のいい男の子が釣れちゃったね!いいじゃないか!そんじゃあ、ひと遊びといきますか!」そう言って今日もまた一人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:昨日食べた時計 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:463字
うーん、なんだか体の調子が悪い。昨日食べた時計が悪かったような気がする。……時計って食べ物だったっけ?「そうですよ~、時計は食べ物なのです」そうか、そうなら仕方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:幸福な床 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:681字
私は床である。昔は名前というものをもっていたような気がするが、そんなものはとんと忘れてしまった。「ごきげんよう」「ごきげんよう」さわやかな朝の挨拶が、学舎を東西 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:天才の小説トレーニング 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:777字
「ほう、人気小説家になりたいと」師匠はそう言った。いや、俺が勝手に師匠と呼んでいるだけなのだが。「どうしてなりたいの?人気小説家になったら何がしたい?」「お金が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:今度の公認会計士 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:263字
「今度来る公認会計士はどうだろうかね」そう尋ねたのは私の相方にしてわが社のCTOである与名 智絵子だ。「ふふっ……真面目なほうがいいですか?」「いや、私は不真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:苦し紛れの極刑 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:392字
「そういうわけで、罰ゲームは双葉さんに決めてほしいんだけど」突然のお願いは、私の彼氏である敏明に関することだった。どうやら彼は若葉さんから受けていた恋愛相談の内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:ラストは検察官 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:598字
最近、家に色々な客がくる。はじめに来たのは私の恋人だった。私の住所は教えていないにも関わらず、彼女はやってきた。私は、家のものに許可なく触れないよう念を押して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:彼と円周率 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:779字
「彼」は今、円周率にハマっている。「……それで、1足す4分の1足す9分の1足す、ってやっていくとなんと、πの2乗になるんだよ!すごくない?」「へえ、それはまた面 〈続きを読む〉