お題:昨日食べた時計 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:463字

大事なものを食べてるような気がする
うーん、なんだか体の調子が悪い。

昨日食べた時計が悪かったような気がする。

……時計って食べ物だったっけ?

「そうですよ~、時計は食べ物なのです」

そうか、そうなら仕方がない。


**************************

今日はスーツを着て大学に向かう。

新卒で入社してから2年間、ずっと着ていたスーツだ。

「あら、なかなかお高いスーツじゃないですか。でももうヨレヨレですね。それに、大学にスーツで行く人はそんなに多くないですよ?」

あれ?そうだったっけ。じゃあ私服で行くか。


**************************

今日も時計を食べてから、ブレザーの制服に着替えて中学に向かう。

「ちょっと!オムツを忘れてるよ!」

ああ、そうだった……つけてもらえる?

「いいよ、もう甘えんぼさんなんだから」

**************************

「ふう、これで幼稚園児まで退行したね。もうこれ以上「時計」を食べさせるのも酷だし、そろそろ目を覚ましてあげようかな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:矢水びん お題:憧れの食器 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:679字
光が一粒もない暗闇の中を、さまよい続けてどれくらいの時間がたったのだろう。 なにせ、ここには昼夜がない。朝日もなければ月もない。 ただただ、暗闇があるだけだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子供の帝王 ※未完
作者:イグモ お題:子供の帝王 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:454字
あの厄介な男が僕の前に現れたその日、僕は鬼川原公園の砂場で黙々と城を作っていた。この公園は僕の通う鬼川原小学校の学区であり、すなわちそれは我ら鬼川原小3-2組の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:急な死 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:243字
女は少年を押し倒すと、彼の服を剥いだ。そうして露わになったのは、当然、まだ幼い少年の身体である。女は狂ったように、まだ女を知らない少年の身体を愛撫する。少年は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:光のテロリスト 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1085字
「光はこの世のすべてのものを等しく照らし出す。闇はあってはならない」 そんな教えを掲げる「世之光統一教」を名乗る集団が、各地に見られるようになった。「この世には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:強いカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:500字
それは…ある夜のことだった……ドゴォォォン!!爆音が鳴り響いたぐっ!?僕は一瞬で気絶してしまった…???「キョウスケ…キョウスケ!」自分を呼ぶ声がした、彼女のミ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
現を忘れて ※未完
作者:akari お題:意外!それは朝日 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:275字
――……嘘でしょ。 愕然とした。今の状況が信じられない。目の前のブラックスクリーンに映る私の顔にはキーボードの痕がくっきり残っている。時計なんて見たくない。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
文字の戦争 ※未完
作者:かの歌 お題:小説の中の戦争 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:261字
私は今小説の中にいる。小説を読んでいたら突然、小説の中に入ってしまったのだ。しかも読んでいた小説のジャンルは戦争ものだった。 異世界に入り込んだ私はある違和感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うわ・・・私の年収、年賀状 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:440字
日々を世話し玖珠ごて年末年始さえも忙殺されたあとに一通届けられた年賀状は、現在のわたしの窮状を笑うものであった!いいだろう!このような年賀状を送りたいのなら送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
尾ける男 ※未完
作者:イグモ お題:女のアパート 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:285字
ふと魔が差して、通りすがりの女を家までつけてみた。一抹の罪の意識がないわけではない、むしろその罪の意識こそ、万事が平和な、窮屈極まる日曜日の午後に少しのスリルと 〈続きを読む〉

Masaki Haraの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:破天荒な帰り道 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:471字
告白に成功して、美緒と恋仲になってから2年。俺たちの仲はマンネリ化していた。「……」「……」今日もこうして、学校から一緒に帰ってはいるものの、もう話す内容もない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:弱い微笑み 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:465字
その女は魔性の女といわれていた。「ハハハ、今日も威勢のいい男の子が釣れちゃったね!いいじゃないか!そんじゃあ、ひと遊びといきますか!」そう言って今日もまた一人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:昨日食べた時計 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:463字
うーん、なんだか体の調子が悪い。昨日食べた時計が悪かったような気がする。……時計って食べ物だったっけ?「そうですよ~、時計は食べ物なのです」そうか、そうなら仕方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:幸福な床 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:681字
私は床である。昔は名前というものをもっていたような気がするが、そんなものはとんと忘れてしまった。「ごきげんよう」「ごきげんよう」さわやかな朝の挨拶が、学舎を東西 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:天才の小説トレーニング 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:777字
「ほう、人気小説家になりたいと」師匠はそう言った。いや、俺が勝手に師匠と呼んでいるだけなのだが。「どうしてなりたいの?人気小説家になったら何がしたい?」「お金が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:今度の公認会計士 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:263字
「今度来る公認会計士はどうだろうかね」そう尋ねたのは私の相方にしてわが社のCTOである与名 智絵子だ。「ふふっ……真面目なほうがいいですか?」「いや、私は不真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:苦し紛れの極刑 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:392字
「そういうわけで、罰ゲームは双葉さんに決めてほしいんだけど」突然のお願いは、私の彼氏である敏明に関することだった。どうやら彼は若葉さんから受けていた恋愛相談の内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:ラストは検察官 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:598字
最近、家に色々な客がくる。はじめに来たのは私の恋人だった。私の住所は教えていないにも関わらず、彼女はやってきた。私は、家のものに許可なく触れないよう念を押して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:彼と円周率 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:167 人 文字数:779字
「彼」は今、円周率にハマっている。「……それで、1足す4分の1足す9分の1足す、ってやっていくとなんと、πの2乗になるんだよ!すごくない?」「へえ、それはまた面 〈続きを読む〉