お題:昨日食べた時計 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:463字

大事なものを食べてるような気がする
うーん、なんだか体の調子が悪い。

昨日食べた時計が悪かったような気がする。

……時計って食べ物だったっけ?

「そうですよ~、時計は食べ物なのです」

そうか、そうなら仕方がない。


**************************

今日はスーツを着て大学に向かう。

新卒で入社してから2年間、ずっと着ていたスーツだ。

「あら、なかなかお高いスーツじゃないですか。でももうヨレヨレですね。それに、大学にスーツで行く人はそんなに多くないですよ?」

あれ?そうだったっけ。じゃあ私服で行くか。


**************************

今日も時計を食べてから、ブレザーの制服に着替えて中学に向かう。

「ちょっと!オムツを忘れてるよ!」

ああ、そうだった……つけてもらえる?

「いいよ、もう甘えんぼさんなんだから」

**************************

「ふう、これで幼稚園児まで退行したね。もうこれ以上「時計」を食べさせるのも酷だし、そろそろ目を覚ましてあげようかな」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

Masaki Haraの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:破天荒な帰り道 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:471字
告白に成功して、美緒と恋仲になってから2年。俺たちの仲はマンネリ化していた。「……」「……」今日もこうして、学校から一緒に帰ってはいるものの、もう話す内容もない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:弱い微笑み 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:465字
その女は魔性の女といわれていた。「ハハハ、今日も威勢のいい男の子が釣れちゃったね!いいじゃないか!そんじゃあ、ひと遊びといきますか!」そう言って今日もまた一人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:昨日食べた時計 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:463字
うーん、なんだか体の調子が悪い。昨日食べた時計が悪かったような気がする。……時計って食べ物だったっけ?「そうですよ~、時計は食べ物なのです」そうか、そうなら仕方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:幸福な床 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:681字
私は床である。昔は名前というものをもっていたような気がするが、そんなものはとんと忘れてしまった。「ごきげんよう」「ごきげんよう」さわやかな朝の挨拶が、学舎を東西 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:天才の小説トレーニング 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:777字
「ほう、人気小説家になりたいと」師匠はそう言った。いや、俺が勝手に師匠と呼んでいるだけなのだが。「どうしてなりたいの?人気小説家になったら何がしたい?」「お金が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:今度の公認会計士 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:263字
「今度来る公認会計士はどうだろうかね」そう尋ねたのは私の相方にしてわが社のCTOである与名 智絵子だ。「ふふっ……真面目なほうがいいですか?」「いや、私は不真面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:苦し紛れの極刑 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:392字
「そういうわけで、罰ゲームは双葉さんに決めてほしいんだけど」突然のお願いは、私の彼氏である敏明に関することだった。どうやら彼は若葉さんから受けていた恋愛相談の内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:ラストは検察官 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:598字
最近、家に色々な客がくる。はじめに来たのは私の恋人だった。私の住所は教えていないにも関わらず、彼女はやってきた。私は、家のものに許可なく触れないよう念を押して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki Hara お題:彼と円周率 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:779字
「彼」は今、円周率にハマっている。「……それで、1足す4分の1足す9分の1足す、ってやっていくとなんと、πの2乗になるんだよ!すごくない?」「へえ、それはまた面 〈続きを読む〉