お題:メジャーなあいつ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1207字

ゴミパンダバール
 兵器と動物と人間を合成し、怪人を造るサービスを行っている「ボトルス」の研究所に、一人の男が訪ねてきた。
 男は「自分はここで改造を受けた、タイガーミサイルの弟だ」と名乗った。
 タイガーミサイルと言えば、「ボトルス」で改造手術を受けた後、いくつもの「悪の組織」を渡り歩いた傭兵で、ついこの間「守護戦士・ガーディス」に倒されたものの、それまで40の破壊工作にかかわり、ヒーローを3人も殺害した。
 言わば、「ボトルス」の最高傑作と言ってもいい怪人である。
「俺も兄のような、すごい怪人になりたいんだ」
 男の目は真剣だった。「ボトルス」の研究者たちは、あのタイガーミサイルの弟ならばさぞいい怪人になるに違いない、と考え改造手術を快諾した。

「まず、その人の性質に合わせた兵器と動物を選びます」
 研究者の一人はそう言うと、タイガーミサイルの弟をある一室に案内した。そこは、パソコンのようなものが置かれたデスクが一つあるだけの小さな部屋だ。
「ここの端末で、テストを受けてもらいます。心理テストのようなもので、これによってあなたにぴったりの兵器と動物が選ばれます」
 わかった、と彼はさっそくテストに取り掛かる。
 彼には自信があった。
 彼の兄、即ちタイガーミサイルは、人間の頃はどちらかと言えば大人しい人間だった。
 有名私大の文学部文学科を卒業後、何とか就職した先はブラック企業で、うつ病にかかって退職した。その後、様々な活動をする中で、色々と嫌になってしまったのだろう、この「ボトルス」で手術を受けることを決意した。
 一方の彼は、昔から札付きの悪で、高校もろくに出ていない。飲み屋やクラブで用心棒のようなことをしながら、夜の町を転々としてきた。
 ケンカだってロクにしたこともないような兄が、虎とミサイルになったのだ。自分なら、もっとすごい兵器や動物が出るに違いない。
 メジャーな兄に負けないくらいの、怪人になってみせるのだ。

 テストの結果は伝えられないまま、彼は手術台に載せられた。
 「やめろー、ぶっ殺すぞ!」などと暴れる間もなく麻酔を使われ、彼は昏倒する。
 そして、再び目が覚め鏡を見せられた時。彼は、改造中に言い逃したそのセリフを言いたい気分になった。
「何なんだ、これは!」
 「ボトルス」の研究者は「テストの結果によって出た兵器と動物を合成させてもらいました」と涼しい顔だ。
「何で、バールが兵器なんだ!」
 彼は右腕についた先の曲がった鉄の棒を振り回す。
「バールではなく、バールのようなものです。あらゆる人間を撲殺できます」
 なるほど、確かに「無差別に暴れたくなる時がある」にイエスをつけた。
「じゃあ、何でアライグマなんだ!?」
 そう、彼の身体は小さなアライグマになっていた。右前足にバールのようなものがついた。
「アライグマは嫌われています。ゴミパンダ、なんて呼ばれてね」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:限界を超えた出会い 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1060字
隠れた名作RPGとして名高い「オーヴァー・ザ・スフィア」には、実しやかに語られている伝説がある。発売から20年以上経った今でも、ファンの間では語り草だ。 「オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:未来の罪人 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1020字
AIを使用して、入力された個人情報を元に将来的に罪を犯す人間を見つけ出し、先に捕縛しておくという「犯罪予防」の社会実験が始まった。「これが導入されれば、将来的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:調和した汁 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1287字
彼女が手料理を振舞ってくれるらしい。 「座って待ってて」というので、僕はワクワクしながら火口の前に立つ彼女の背を見守る。 何か大きな鍋をぐつぐつと煮たたせなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:素晴らしい喪失 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1187字
この世に完全なものなど存在しない。すべてのものは移ろい、失われていくからだ。「長らくそう考えてきたけれど、君と出会って、そうじゃないって思えるようになったんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:安全な冤罪 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:3825字 評価:1人
サークル棟で盗難事件があったらしい。 被害に遭ったのは「マンガ研究会」で、部室に置いてあったマンガ本がごっそり盗られたそうだ。 この話をわたし達にしてくれたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:情熱的な殺し 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1162字
「あれ、もしかして……指名手配中の……」 ギクリとなった男の腕を「待って待って」ともう一人のフードの男が掴んだ。「俺もさ、ほら見て」 男はフードを取って見せる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:激しい世界 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1241字
流行りに乗って異世界にやって来た。転移というやつだ。 雷に打たれて死んだかと思った。そしたら謎の真っ白い空間に明らかに神さまっぽいおじいさんが現れ、それに導か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と死の痛み 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:889字
君が私のことを「愛してる」というたびに、恐ろしくなる。 先を歩く小さな君の影を踏みながら、私はその中にあるもののことを考えずにはいられなかった。「ねえ、桜が咲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:メジャーなあいつ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1207字
兵器と動物と人間を合成し、怪人を造るサービスを行っている「ボトルス」の研究所に、一人の男が訪ねてきた。 男は「自分はここで改造を受けた、タイガーミサイルの弟だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:あきれた人 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1000字
その像は、両腕を広げて肘を曲げ、手の平を天に向けていた。首は左側に傾き、その顔は笑っているような悲しんでいるような、何とも微妙な表情を浮かべている。椅子のよう 〈続きを読む〉