お題:メジャーなあいつ 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1207字

ゴミパンダバール
 兵器と動物と人間を合成し、怪人を造るサービスを行っている「ボトルス」の研究所に、一人の男が訪ねてきた。
 男は「自分はここで改造を受けた、タイガーミサイルの弟だ」と名乗った。
 タイガーミサイルと言えば、「ボトルス」で改造手術を受けた後、いくつもの「悪の組織」を渡り歩いた傭兵で、ついこの間「守護戦士・ガーディス」に倒されたものの、それまで40の破壊工作にかかわり、ヒーローを3人も殺害した。
 言わば、「ボトルス」の最高傑作と言ってもいい怪人である。
「俺も兄のような、すごい怪人になりたいんだ」
 男の目は真剣だった。「ボトルス」の研究者たちは、あのタイガーミサイルの弟ならばさぞいい怪人になるに違いない、と考え改造手術を快諾した。

「まず、その人の性質に合わせた兵器と動物を選びます」
 研究者の一人はそう言うと、タイガーミサイルの弟をある一室に案内した。そこは、パソコンのようなものが置かれたデスクが一つあるだけの小さな部屋だ。
「ここの端末で、テストを受けてもらいます。心理テストのようなもので、これによってあなたにぴったりの兵器と動物が選ばれます」
 わかった、と彼はさっそくテストに取り掛かる。
 彼には自信があった。
 彼の兄、即ちタイガーミサイルは、人間の頃はどちらかと言えば大人しい人間だった。
 有名私大の文学部文学科を卒業後、何とか就職した先はブラック企業で、うつ病にかかって退職した。その後、様々な活動をする中で、色々と嫌になってしまったのだろう、この「ボトルス」で手術を受けることを決意した。
 一方の彼は、昔から札付きの悪で、高校もろくに出ていない。飲み屋やクラブで用心棒のようなことをしながら、夜の町を転々としてきた。
 ケンカだってロクにしたこともないような兄が、虎とミサイルになったのだ。自分なら、もっとすごい兵器や動物が出るに違いない。
 メジャーな兄に負けないくらいの、怪人になってみせるのだ。

 テストの結果は伝えられないまま、彼は手術台に載せられた。
 「やめろー、ぶっ殺すぞ!」などと暴れる間もなく麻酔を使われ、彼は昏倒する。
 そして、再び目が覚め鏡を見せられた時。彼は、改造中に言い逃したそのセリフを言いたい気分になった。
「何なんだ、これは!」
 「ボトルス」の研究者は「テストの結果によって出た兵器と動物を合成させてもらいました」と涼しい顔だ。
「何で、バールが兵器なんだ!」
 彼は右腕についた先の曲がった鉄の棒を振り回す。
「バールではなく、バールのようなものです。あらゆる人間を撲殺できます」
 なるほど、確かに「無差別に暴れたくなる時がある」にイエスをつけた。
「じゃあ、何でアライグマなんだ!?」
 そう、彼の身体は小さなアライグマになっていた。右前足にバールのようなものがついた。
「アライグマは嫌われています。ゴミパンダ、なんて呼ばれてね」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:とびだせ水 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:691字
子供の頃学校のプールで溺れて以来、水が恐怖だった。風呂くらいの広さならまだ平気だが、旅館の大浴場ほどの広さになると足がすくんで指の先が震えてくる。水恐怖症。や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッサクリーフ(マイン倶楽部) お題:淡い犬 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
俺の名前はワンス、飼い主のペットのオスの淡い犬だ。ガチャッ「ワンス、エサ持って来たよ」この男の子は飼い主の子供の男の子、スワン。「クン~クン~(エサだエサだ!) 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:複雑な惑星 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:782字
ここら一帯がお前の担当だよ、とおざなりに上司に渡された宇宙地図には、立体的にいくつもの点が分布していて、これをすべて訪問して営業回りに行くのかと思うと気が滅入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
013 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:綺麗な小説修行 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:586字
圧倒的ボリュームのあるものは人を寄せ付けない。 それは料理に限らずすべてのものが該当する。 そんなものを描写しようとすると、まず自分が体験しなければならない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:刹那のカラス 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1161字
わたしの通っている予備校には、「刹那のカラス」という都市伝説というかジンクスがあった。 予備校の校舎の隣に、建物の3階にまで達するような木が植わっているのだが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:愛と欲望の列車 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1128字
アイリちゃんのことが僕は大好きで、だから肉体関係を持ちたいと常々思っていた。 そう言うと「邪な欲望だ」と友達に責められた。女の子のことを性欲処理の道具としか思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:犯人は豪雪 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1137字
「こんなのよくあるシチュエーションだよ」 どうしてミユキがこんなに落ち着いているのかわからない。わたしは顔をしかめた。 わたしとミユキは大学の同級生で、冬休みを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:恋の善意 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1202字
先輩のことが好きだ。 ボランティア部で一人でも活動する先輩が好きだ。 僕が入部したいと話したら、笑顔で歓迎してくれた先輩が好きだ。 一緒に校内のゴミを拾ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:簡単な水 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1140字
「会いに行けるアイドル」の登場により、アイドルというものは近しい存在になった。 握手会や手渡し会といった「直接会えること」がウリになるとわかると、多くの芸能事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:トカゲのブランド品 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1070字
「人間至上主義の街」と言われるだけあって、アイソスには亜人の冒険者は少ない。 人型のエルフやドワーフはともかく、獣人種は本当に数えるほどしかいない。 そんな数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暗黒の魔法使い 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1419字
「『闇の魔法使い』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「もうタイトルからして嫌な予感しかしないけれど、一応聞くわ」 大鷺高校文芸部の真倉エミリは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:きちんとしたぬるぬる 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1033字
「え、雑草を料理したい?」 うん、梅平ゆみみはうなずいた。「ゆみみの好きなね、岩下くんが、雑草が好きなんだって!」 わたしは一瞬悩んだ。 岩下という男については 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女と雑草 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1332字
「ねぇ、岩下くんって何が好きなのかな?」 ゆみみの問いにわたしは「え? わたしに聞いてんの?」とつい聞き返してしまった。「そうだよ。ねぇ、岩下くんって何が好きな 〈続きを読む〉