お題:100の絶望 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:816字

忘れる思いで
 なんて順風満帆な人生であったろうか。

 最初の記憶は三才と五ヶ月頃である。
 ふにゃふにゃと笑う、僕よりもずっとずっと小さな弟。それを腕に抱く母。僕の体は父に肩車されていた。
 ほろ苦い十代を駆け抜けて、恋に溺れた二十代。
 のちの伴侶に初めてビンタされたのは二十五のときであった。

「なんて人なの!」

 言い訳をさせて欲しい。誕生日を祝うディナーの予約は忘れていなかったし、仕事の予定も入れていなかった。
 ただ、どうしても彼女の指の太さだけが分からなかったのだ。仕方がないから彼女の片割れ……生き写しのような双子の妹に土下座して宝飾店に付き合ってもらっただけなのだ。
 これで完璧だったはず。まさか店を出る瞬間、彼女が通りかかるとは思わないだろう。
 それ以前に、双子なのに不仲過ぎるとも思わないだろう。だって僕の前ではいつだってカラカラと揃えた笑みを浮かべていたじゃないか。
 加えて妹の悪い癖が「指ポキ」だったなんて。乙女の趣味じゃあないよ。おかげで彼女よりもワンサイズ太い指輪を得る羽目になった。

 のちの義妹はこう語る。

「大切な婚約指輪を人の指で測るんじゃないのよ」

 それで目が覚めて、ちゃんと彼女の指で測れたのだから結果オーライであろうか。
 この事件で双子仲も改善したと聞く。僕の前には以前と変わらぬカラカラした顔が並ぶ。乙女心はなんと不思議なものであろうか。

 ピッタリな指輪を買った時のように、人生のイベントはするりするりと僕の中にたまっていった。
 このままこんな人生がずっと続くと思っていたのに突然の別れがきた五十の春。

 指輪のはめ方も忘れてしまった君は、するりするりと僕との思い出を捨てていく。五十って人生まだまだこれからじゃあないの。忘れられる分だけ絶望も増えていって、その数を数えて百までいく頃、僕たちは立派な老人となっていた。骨ばかりの指先だけ、太さは変わらぬというのに。
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

tigro@小説家になろうの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:tigro@小説家になろう お題:100の絶望 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:816字
なんて順風満帆な人生であったろうか。 最初の記憶は三才と五ヶ月頃である。 ふにゃふにゃと笑う、僕よりもずっとずっと小さな弟。それを腕に抱く母。僕の体は父に肩車 〈続きを読む〉