お題:ぐふふ、小説合宿 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:940字

虫の笑い声
 テントの明かりを消したところで、怖い話をしようか、ということになった。合宿の夜にはお決まりの展開だ。だいたい言い出すのは同じやつで、話をしたがるのも同じやつ。ほかのみんなは耳を塞いで寝袋に頭まで入る。
「ノリが悪い」
 結局、彼女の話を聞くのは私だけになる。
「仕方ないよ。登山部だもん。みんな昼間に疲れてるし、場所が場所だから逃げ場もない。なによりあんたの話がじっさいになりそうだからね」
「今から話すのは、すべて本当にあったことです……」
 そんな前置きもいつものことだった。趣味の悪いのは、主としてその内容が山で起きた事故だったり事件だったりすること。だから登山部のみんなは怖がって聞こうともしない。
 私だけはハナから嘘だと決めてかかっている。彼女がこっそり小説を書いているのを私だけは知っている。自分で作った話を誰かに聞いてもらいたいのだ。彼女の頭のなかだけで起きた、拙い話を、ときどき相槌を打ったり、怖がったりしながら聞いてやる。彼女と私にとっては小説合宿というわけ。
「テントの向こうからは、虫の羽音がいつまでも消えませんでした。おかしなことです、そんな時期でもないのに、どうしてこんなにたくさんの虫がいるのでしょう」
 彼女はライトを手探りしていた。話を暗記しているわけではないから、手書きのノートを読み上げているのだった。寝袋に隠した携帯の明かりだけでは心もとなく、野営用のランプをどこにやったかと、暗闇のなかで手をさまよわせている。私の顔まで伸びた手が、どこかスイッチだったかなと耳やら唇やらに触れてくるので、仕方なく近くにあったランプを押しやってやった。
「あったあった。これで手元がよく見えるよ」
「あんまり暗いところで字を読むと、目を悪くするしね」
「字を読む? いいえ、これはすべて知人に聞いた、嘘偽りなく本当にあった話です……」
 メガネを掛け直し、近視の目をノートにぐっと近づけて、彼女は話を再開する。「ぐふふ、とそのとき笑い声が……」
「テントの外には虫しかいないんじゃなかった? 虫が笑ってるの?」
「まあいいから聞きなさい、その伏線……謎は、あとで解決される予定だから」
 ちゃんとお話として成立しているかは、最後まで聞かないとわからない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄色いジジィ 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:572字
ドンッ。「ってえ」 正面からものすごいスピードで走ってきた人間を避けきれず、ぶつかってしまった。俺じゃなかったら骨折れてるぞ。あぶねーな……。 すると女性の悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:とびだせ水 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:691字
子供の頃学校のプールで溺れて以来、水が恐怖だった。風呂くらいの広さならまだ平気だが、旅館の大浴場ほどの広さになると足がすくんで指の先が震えてくる。水恐怖症。や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッサクリーフ(マイン倶楽部) お題:淡い犬 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:435字
俺の名前はワンス、飼い主のペットのオスの淡い犬だ。ガチャッ「ワンス、エサ持って来たよ」この男の子は飼い主の子供の男の子、スワン。「クン~クン~(エサだエサだ!) 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
013 ※未完
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:綺麗な小説修行 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:586字
圧倒的ボリュームのあるものは人を寄せ付けない。 それは料理に限らずすべてのものが該当する。 そんなものを描写しようとすると、まず自分が体験しなければならない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意外な彼方 ※未完
作者:匿名さん お題:意外な彼方 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:581字
時間も時空もいまいち不明だ。嫌な茶色の空を青白い太陽が遠い山の端に取り付くようにして這っている。淡い緑を帯びた灰色の石ころが転がる茫洋とした荒れ地にKは盆槍と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:338字
「清い暴力」思いやりってなんだろうかふと、回答用紙から顔をあげて窓から空を見てみる。10月の上旬の空は気温も風もちょうど良くて気持ちい。さっぱりとした青が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITS お題:清い暴力 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:628字
あなたはどうしてそうなんですか、とそいつはいった。平和的解決を望めないのですか。何にたいしての言葉なのかって?多分、俺が二年の不良グループを殴ったことを言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:歪鼻@エブリスタ・ストリエ お題:緑の家 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:720字
「こんなところにも人が住んでるのか。」高層ビルが立ち並ぶオフィス街を歩く中、私はぽつんと建つ一軒家を見つけ、その足を止めた。その家は四方とも道路に面しており、道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の姉妹 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:215字
補遺1 SCP-4155ーJP-01の残した記述の例です。昨日のご飯は私の足。今日のごはんはお姉さんの腕。明日のごはんは私の腕。あさってのごはんは妹の腕。その次 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら お題:男同士の大学 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:435字
終電の時間を過ぎた。都下だが田舎とは言い難い場所、かなり遅い時間。「なあ、そろそろ寝るか」普段は徹夜ばかりの友人が言う。「バ〜カ、俺はお前とは寝ないよ」ディスプ 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:複雑な惑星 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:782字
ここら一帯がお前の担当だよ、とおざなりに上司に渡された宇宙地図には、立体的にいくつもの点が分布していて、これをすべて訪問して営業回りに行くのかと思うと気が滅入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:小説の強奪 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:893字
通販で買った目出し帽は、あろうことか目の出る部分がなく、これではストッキングでも頭からかぶったほうがマシだった。サイトには『商品名に偽りあり』としてしっかりク 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2573字 評価:1人
男が塀の外へ出る記念すべきその日、集まった刑務官たちはみな一様に涙していた。救いようのない極悪人を社会復帰させるための更生施設、ここに連れてこられた時の面影は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:俺はコメディ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:839字
喧嘩の兆候をすこしでも感じたら、道化の準備に入らないとならない。家庭における俺の役割はそれで、両親、兄弟、なにかといえばくだらない諍いを起こすやつらの仲裁役。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:でかい列車 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:843字
車両の連結部分のドアを通り抜けるのが、子供のころには大した冒険のように思えて、走行中に無意味に移動を繰り返したものだ。実をいうと今でも楽しくて、駅に着いたとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
登りたい ※未完
作者:にい お題:絶望的な能力者 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:722字
実家で飼っていた猫がよく自分で登った木から降りられなくなっていて、動物ってのはアホだなあと常々思っていたのだが、まったく同じ状況へ陥る羽目になっては馬鹿にして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:東京の解散 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:748字
23区もあるの、多すぎね? と誰かが言い出して、解散させることになった。東京の話ではない。某県某市が、東京にあこがれてはじめた、東京23区風ニュータウンのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼と恋 必須要素:漫画 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:2874字 評価:1人
ワレモノ注意。厳重に梱包された郵便物には、これでもかと赤色に白抜きで文字の書かれたシールが貼り付けてあった。持ち上げて底を見てみると、そちら側にも隙間なく。わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:間違った殺人 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:876字
すばらしい朝だった。明け方から大雨で、昨夜の暴風で家のまえで倒木が起きて窓が塞がれ、ついでに停電で部屋が真っ暗だったとしても、気分はすがすがしい。人間、結局は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:天国の女祭り! 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:709字
混浴と聞いていたが、露天風呂にはほかに誰もいなかった。山奥の穴場である温泉宿の秘湯。どうせいたところで皺くちゃの老婆が落ちだろうと、その点で期待することはなか 〈続きを読む〉