お題:ぐふふ、小説合宿 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:940字

虫の笑い声
 テントの明かりを消したところで、怖い話をしようか、ということになった。合宿の夜にはお決まりの展開だ。だいたい言い出すのは同じやつで、話をしたがるのも同じやつ。ほかのみんなは耳を塞いで寝袋に頭まで入る。
「ノリが悪い」
 結局、彼女の話を聞くのは私だけになる。
「仕方ないよ。登山部だもん。みんな昼間に疲れてるし、場所が場所だから逃げ場もない。なによりあんたの話がじっさいになりそうだからね」
「今から話すのは、すべて本当にあったことです……」
 そんな前置きもいつものことだった。趣味の悪いのは、主としてその内容が山で起きた事故だったり事件だったりすること。だから登山部のみんなは怖がって聞こうともしない。
 私だけはハナから嘘だと決めてかかっている。彼女がこっそり小説を書いているのを私だけは知っている。自分で作った話を誰かに聞いてもらいたいのだ。彼女の頭のなかだけで起きた、拙い話を、ときどき相槌を打ったり、怖がったりしながら聞いてやる。彼女と私にとっては小説合宿というわけ。
「テントの向こうからは、虫の羽音がいつまでも消えませんでした。おかしなことです、そんな時期でもないのに、どうしてこんなにたくさんの虫がいるのでしょう」
 彼女はライトを手探りしていた。話を暗記しているわけではないから、手書きのノートを読み上げているのだった。寝袋に隠した携帯の明かりだけでは心もとなく、野営用のランプをどこにやったかと、暗闇のなかで手をさまよわせている。私の顔まで伸びた手が、どこかスイッチだったかなと耳やら唇やらに触れてくるので、仕方なく近くにあったランプを押しやってやった。
「あったあった。これで手元がよく見えるよ」
「あんまり暗いところで字を読むと、目を悪くするしね」
「字を読む? いいえ、これはすべて知人に聞いた、嘘偽りなく本当にあった話です……」
 メガネを掛け直し、近視の目をノートにぐっと近づけて、彼女は話を再開する。「ぐふふ、とそのとき笑い声が……」
「テントの外には虫しかいないんじゃなかった? 虫が笑ってるの?」
「まあいいから聞きなさい、その伏線……謎は、あとで解決される予定だから」
 ちゃんとお話として成立しているかは、最後まで聞かないとわからない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:希望のモグラ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:751字
下水道にはネズミくらいしか食べるものがなくて、おかげで胃が丈夫になった。五年も消息不明だった叔父が語った地下の冒険譚とやらは眉唾もので、誰にも相手にされなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:信用のない学校 必須要素:ギャグ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2722字
次は移動教室になるから、準備をしないとならない。まずは武装だ。廊下は危険地帯で他クラスが罠を張っているかもしれない。うかつに踏んだ床と連動して、消火器の影から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ラストは善人 必須要素:トイレ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1361字
雨風をしのげる場所を探していて、結局落ち着いたのが公衆便所だった。掃除中、と札を出しておけば、まず人は入ってこない。本当に清掃員がやってきた場合には追い出され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許されざる粉雪 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:783字
新雪にいちばんに足跡をつけたいから、という理由で、雪の降りはじめたその夜から、長男より先に家を出ることはできなくなった。わがままで、甘やかされているぶん監視の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
電車待ち ※未完
作者:にい お題:昨日の敗北 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:753字
彼の帰り道の足取りは重かった。バイト先でなにがあったわけでもない。いつも通り、工場で化粧品のキャップ締めを延々七時間こなした、かわり映えのしない仕事だった。複 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ぐふふ、小説合宿 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:940字
テントの明かりを消したところで、怖い話をしようか、ということになった。合宿の夜にはお決まりの展開だ。だいたい言い出すのは同じやつで、話をしたがるのも同じやつ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2885字 評価:0人
集まった親族は揃って妙な顔をしていた。さて、なにかおかしなことを言っただろうか。そろそろ結婚を期待される歳でもあるし、いい報告ができたと思ったのだが。「彼女と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
目玉焼き ※未完
作者:にい お題:不本意なヒロイン 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:675字
転校した先のクラスにエスパーが大勢いたらしく、授業中にちょっとみだらな妄想をしていたりすると、とたんに咳払いで教室が埋められる。両隣からの抗議は猛烈で、消しゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:今年のにおい 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:733字
衣替えの時期がやってきて、面倒なことは休日にすべて済ませてしまおうと、ありったけの防虫剤を購入してきた。大して着る服はないのに、ものを捨てられないたちで、タン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛のない ※未完
作者:にい お題:私が愛した愛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:708字
子供がまったくかわいく思えない、という母親はわりといるらしい。自分が必死の思いで産んで、睡眠時間を削って育ててきた、血を分けた子供だとしても。苦労をかけられた 〈続きを読む〉