お題:ぐふふ、小説合宿 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:940字

虫の笑い声
 テントの明かりを消したところで、怖い話をしようか、ということになった。合宿の夜にはお決まりの展開だ。だいたい言い出すのは同じやつで、話をしたがるのも同じやつ。ほかのみんなは耳を塞いで寝袋に頭まで入る。
「ノリが悪い」
 結局、彼女の話を聞くのは私だけになる。
「仕方ないよ。登山部だもん。みんな昼間に疲れてるし、場所が場所だから逃げ場もない。なによりあんたの話がじっさいになりそうだからね」
「今から話すのは、すべて本当にあったことです……」
 そんな前置きもいつものことだった。趣味の悪いのは、主としてその内容が山で起きた事故だったり事件だったりすること。だから登山部のみんなは怖がって聞こうともしない。
 私だけはハナから嘘だと決めてかかっている。彼女がこっそり小説を書いているのを私だけは知っている。自分で作った話を誰かに聞いてもらいたいのだ。彼女の頭のなかだけで起きた、拙い話を、ときどき相槌を打ったり、怖がったりしながら聞いてやる。彼女と私にとっては小説合宿というわけ。
「テントの向こうからは、虫の羽音がいつまでも消えませんでした。おかしなことです、そんな時期でもないのに、どうしてこんなにたくさんの虫がいるのでしょう」
 彼女はライトを手探りしていた。話を暗記しているわけではないから、手書きのノートを読み上げているのだった。寝袋に隠した携帯の明かりだけでは心もとなく、野営用のランプをどこにやったかと、暗闇のなかで手をさまよわせている。私の顔まで伸びた手が、どこかスイッチだったかなと耳やら唇やらに触れてくるので、仕方なく近くにあったランプを押しやってやった。
「あったあった。これで手元がよく見えるよ」
「あんまり暗いところで字を読むと、目を悪くするしね」
「字を読む? いいえ、これはすべて知人に聞いた、嘘偽りなく本当にあった話です……」
 メガネを掛け直し、近視の目をノートにぐっと近づけて、彼女は話を再開する。「ぐふふ、とそのとき笑い声が……」
「テントの外には虫しかいないんじゃなかった? 虫が笑ってるの?」
「まあいいから聞きなさい、その伏線……謎は、あとで解決される予定だから」
 ちゃんとお話として成立しているかは、最後まで聞かないとわからない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まどろみ#ゆ お題:おいでよ投資 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:407字
「投資大歓迎!」「きっと儲かる!」「未来の貴方は大富豪様!」という中々の謳い文句を見た。誰がこんな会社の株買うんだ・・・と思っていたが、以外と集まっているらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた略奪 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字
人は人の物を奪って生き残る。それがこの世界の摂理であり倫理であった。だがある時、とある国の王がある提案した。 「このまま人が奪い合いを続ければいずれ人は滅びる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:近い小説合宿 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:432字
筆が進まないのは自宅のあるアパートが合宿の拠点なせいだ。「ここ俺の住んでるアパートなんだけど」何人かの前でそう言ってしまったのが不味かった。当然の権利のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:混沌の略奪 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:498字
ズバァン! そんな音が響いた直後、俺の前に立っていた男が赤い液体を撒き散らしながら行かに倒れた。 「嘘だろ・・・・・・そんな・・・・・・」 今まで一緒に戦って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨待ちとかげ お題:蓋然性のあるババァ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:634字
「そうなるべきなんだよ」 老婆はしたり顔でそう言った。 身にまとうのは黒い地味なローブ。 まがった腰、しょぼくれた目、膨れた鼻、意地悪げな表情。 魔法使いと呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:穏やかな母性 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:671字
そもそも、母性とはいったいなんなのか。「そういや最近、バブみやら何やらよく聞くようになった気がするんだけど、あれってなんなん?母性の対義語?」「え。しらねーけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1348字
「あなたはわたしに対して、5000万円の借金を負っていることは忘れていないよね?」 突然の彼女の言葉に、俺は吹き出しそうになった。「5000万円!?」 バカな、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そらとぶししゃも お題:裏切りの借金 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:556字
思えば、逃げてばかりの人生でした。 ある時は夢を語ったこの口で、またある時は挫折を嘯き。 苦しいことを前にしては、勝手に自分を追いつめて、勝手に体を痛めつけま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
迎え ※未完
作者:美亜@夢百合草庵 お題:彼のババァ 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
運転席で徹がぼやいた。「そいや、こんくらいの時だったな。バァさんが、初めて出てったのは」入道雲が峠の向こうで輝いていた。彼は眩しそうに目を細めていた。冷房を効か 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:重い海辺 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2746字 評価:1人
見送りに手を振る彼女の姿が遠ざかっていった。車の運転席から品定めする視線があるのにも気づかず、無邪気に僕へと笑顔を向ける。僕は嬉しくなって窓から身を乗り出しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:純白の山 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:806字
どうせお前のことだから菓子作りなど失敗するに決まっている、とハナから決めつけてきた兄を見返してやるために、さっそく料理本を山ほど買ってきた。料理本には懇切丁寧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:2566字 評価:0人
司会者の指先の動きを、観客は息を呑んで見守った。一夜で作られた屋外ステージの、アルミの床板。そこに音を立てて転がった一個のパチ○コ玉を拾い上げる指は、司会者自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
筋書きなし ※未完
作者:にい お題:愛と憎しみの狸 必須要素:二号機 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1482字
「今夜はタヌキ鍋だ」 婆さんを煮込んだあとの残り汁が、沸騰しながらタヌキの肉を浮き沈みさせる。調味料も入れていないのに絶妙の味加減だったのは、たぶんすでにタヌキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:誰かの人 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:719字
空中に絵を描く技術は、念動力で行っているのだという。空気を構成するものは並べ替えると色がつくようで、友人の指先がなぞった軌跡に、赤だったり青だったりが浮かび上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
アラーム ※未完
作者:にい お題:イギリス式の風 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:603字
部屋中に設置された時計が、一斉に午前五時を示した。部屋のあるじは偏執的なまでに正確さにこだわり、一秒のズレもないように、常に手入れを欠かさない。家にいるあいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:怪しいぐりぐり 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:643字
あまりにも仕事が暇なので、一日中爪やすりに凝っていたのだが、最近では飽きてきてべつの時間潰しを見つけることにした。デスクから山程の爪の残骸と各種やすりを片しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:トカゲのスキル 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2897字
波にもぐる。感覚としてはそれに近い。広大な海原のどこまでも続く波間に、ゆっくりと頭を沈めていく。時刻は自由に設定できるから、わたしはいつも夜明け前のイメージに 〈続きを読む〉