お題:おいでよ演技 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:583字
[削除]

埋み火
彼女と会うのはこれが最後だと思う。また会おうねって彼女は言って、私はそれにいいねと答えた。でもそれは約束なんかじゃない。どうせ私のことだから適当な理由をつけて、残念だけどって言ってしまうんだ。そうやっていつのまにか終わってしまう。
私たちは良いお友だちだった。知り合ってから一年間。何とくらべるわけでもないけれど、ただの一年間と言うには色濃いものだったと思う。
中途半端な自己嫌悪でぐずぐずだけれど、今日は自分を褒めてあげよう。私たちは良いお友だちのままでいれた。私は演じきれたんだ。
良いじゃない?この調子。こうやってみんな大人になっていくんだぜ。
小さな私が、私に言った。


長いエスカレーターに運ばれた先は7番ホームの端っこ。今日は人が少ないから、構内のアナウンスがすこしだけ響く。電光掲示板に映った電車が来る時刻とスマートフォンを見比べて、小さくため息をついた。

「ぎりぎりじゃん。ごめんね、遅くなって」
「ううん。嬉しかった」
「…………」

喋るのが億劫になってしまったから、彼女の手に触れる。冷えた指を握って、ぎゅうと力をこめる。彼女はいつもみたいに、照れくさそうに笑っている。
こんな時、友達ならなんていうのだろう。私は今まで、何を話してきたんだっけ。
ほら、なんか喋りなよ。今までのお芝居が、台無しになっちゃうよ。
小さな私が、私に言った。

この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:セクシーな始まり 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:556字
口から漏れ出る嬌声は、隣まで響いていないだろうか。他人事のように頭の奥底で考えながら、私は手を激しく動かしていた。 何度も、何度も勉強机の前で声を上げ続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:限界を超えた出会い 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1060字
隠れた名作RPGとして名高い「オーヴァー・ザ・スフィア」には、実しやかに語られている伝説がある。発売から20年以上経った今でも、ファンの間では語り草だ。 「オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:阿修羅小説トレーニング 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1345字
「なんだこのお題」「なんだ、って阿修羅小説トレーニングだろ」「いや、どんなトレーニングっていうか、ワケ分かんないだろ」「きっと阿修羅小説について練習しろって事な 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの人間 必須要素:脂肪吸引 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:739字
ーーなんだあれはーーー「アレ」を初めて見た時の感想だ人間、なのだろうフニャフニャなのだ、そいつは人間とはとても思えない姿をしたそいつらは当然のように日常生活を送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき逃亡犯 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
島に動物をぞろぞろ連れた変な武士が来た時は、奇特なやつもいたもんだと思った。だからその武士がお頭に分捕り物の返還を要求した時は半笑いだった。だが、いざそいつらが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の彼氏 必須要素:お盆 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:544字
お盆まであと1日。美海に会えるまであと1日。 どっちだ。せっかく会えるから、思いきって、ピンク、いや、いつもどうり青か。私は今、自分の「優柔不断」と闘っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の女の子 必須要素:大統領 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字
電車がこない。強風と大雪で遅れている。いつもののことだ。凍えた指先に息を吹きかけた。寒いが、電車を待っている間にやるのことがない。右手でスマートフォンを操作し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい作品 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1457字
ズババァンバン──。そんな気の抜けるような不可解な銃声とともに、今僕の目の前の男性の四肢が飛び散った。……なんて、威力だ。戦慄する。あれだけの武器でこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い動機 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:377字
気が騒ぐ。 心に波が打ち寄せ攻めてくる。誰がしたというわけではないのに。それは私の内をかき乱す。 片方の手で探るように水を求めた。落ち着きを取り戻したかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:失敗の小説家 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:375字
絵画を観る眼、音楽を聴く耳。これらは神様が作った。 しかし言葉は人が作った。 小説を書くことに才能はいらない。 絵も描けないし、楽器も弾けないけど小説なら・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい妄想 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1221字
スーツは個性を封じ込める拘束具だ。朝七時の駅のホームには個性を持つことを禁止された紳士淑女の皆々様が、どれだけ多くの人間を電車に乗せられるか競い合っている。 〈続きを読む〉