お題:不本意なぬくもり 必須要素:パチンコ玉 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:640字

忘れられない温もり
諸君はラッキースケベというものにあったことがあるだろうか?

僕はある。

忘れようにも忘れられない。

僕が大学生のころの話だ。

僕のサークルでの飲み会の帰りだった。

飲み会はいつも以上に盛り上がっており、お世話が必要な人が何人か居た。

僕は家が割と遠い方だったので、終電に向け帰る準備をしていた。

お世話がかりの皆さんに励ましの言葉を贈り、足早に帰っていった。

駅の方に向かっていると、前を歩いているサークルの後輩に気がついた。僕が密かに好いている女子だった。彼女より僕の方が歩幅が大きいため自然と追いついてしまった。

仕方ない、と腹をくくり彼女に話しかけ、共に帰ることにした。

偶然にも帰る方向が同じ方向で同じ電車に乗ることになった。

しかし幸か不幸か、人身事故が起きていたらしくホームがごった返していた。

やっと電車に乗れたものの、人と人の間に空間などない。慈悲は存在しない世界だった。

その時、背中に柔らかい温もりを感じるのだ。
後ろにいるのは、後輩の彼女だ。

僕は精一杯その温もりを感じないようにした。この感触はパチンコ玉だ、パチンコ玉なのだ、と自分に言い聞かせた。

降車駅について、僕ら含めて乗客がどっと降りる。雪崩に巻き込まれるかなように僕も降車した。

満員電車きつかったねぇ、って話しながら心中穏やかではない。

そのときの彼女は凛とした表情で、いつものように、そうですよねぇ、と相槌をうった。

僕はその表情から何も読み取れなかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:白いハエ お題:不本意なぬくもり 制限時間:30分 読者:334 人 文字数:1962字
私は、夜の東京及びその周辺地域を守る、サイバーなヒーローたる「マスクドイーグレット」の後見人を務めておりました。イーグレットは白鷺を意味します。何故白鷺をモチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パチ○コ玉 ※未完
作者:魔将軍・ヘクター お題:右の家 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:779字
俺ほど自堕落な生活を送るやつもそうはいまい。シェフの夢を抱いて、身一つで宮城から移り、東京のとある大きなホテルにつ雇われた。都会に出たは良いものの、理想と現実は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジュウダ ※未完
作者:はろー お題:鈍い彼女 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:220字
「思ってるのの5倍は痛いよ」と彼女は言った。チンピラは何も言わなかったが少し怯んでいるようでもあった。「金がいるならあげる。君、バッグから出して。」彼女の両手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:淡い夏 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:722字
うだるように暑い夏の日、パチ○コ屋の前を通ると道端にパチ○コ玉が一粒落ちていた。ひょいと拾い上げ(良い子は真似しちゃいけないぞ!)、エアコンで涼しい店内に入り空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:忘れたい視力 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:827字
子供のころから現在に至るまで、飛蚊症的な感じがある。疲れてくるとよく見える。目の中にごみが入っているんだとつい最近まで思っていたが、知り合いに、「飛蚊症じゃない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:打算的な民話 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:949字
ある街に、パチ○コ玉がいました。間違えました。鉄砲玉がいました。 鉄砲玉は生まれたときから鉄砲玉でした。彼女には……そう、その鉄砲玉はおんなのこだったのですが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:女の小説家たち 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:349字
銀色の丸光りした玉弾いては飛び散る銀の雫私はずっと見つめていたいその先にあるものは金黄金の金を呼び起こす銀の玉彼は恥じることなく出てくるしかし、出ては弾かれる入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:馬鹿な蟻 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:902字
子供のころ、よく道端にパチ○コ玉が落ちていた。それが土地柄的なものなのか、あるいはその時代の風土的なものなのかは私にはよくわからない。しかしながら子供にとってパ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:団地妻の傘 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:549字
マンション下の公園で父から貰ったスリリングショットで遊んでいた少年がいた。貰うときにはよくよく注意をされていて、少年はそのことをよくよく覚えていた。注意したこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼の交わり 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:434字
パチ○コ、ギャンブルではなくY字型の遊具、という表現が正しいのだろうかね。俺が小学校のころだからもう二十数年も前のことだが、クラスメイトにパチ○コの上手いやつが 〈続きを読む〉

ミズノガク@即興小説77日の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:最弱の虫 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:553字
「少し前に、とあるアリが脅威だ、ってメディアに取り上げられてたけど、パッタリ見なくなったね」唐突に始まるとりとめのない世間話。話題は虫?のようだ、なんて思いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:理想的な表情 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:565字
私はカメラ写りが悪い。他人にもよく言われるし、自分でもそう思う。精一杯頑張っているはずなのだけど、どうも変に写ってしまう。そもそも笑顔が苦手。笑い慣れていないと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説のもこもこ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:465字
装飾というのは、なんにしても大事なものです。見た目というのは、思っている以上に観る人に影響を与えるのです。例えばどんなに高価な宝石だとしても、光り輝いていなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:とびだせ抜け毛 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:541字
俺ら「毛」一族は、常に仲間と離れ離れになる苦しみと生え主の束縛から逃れる快感であるとある現象と、隣り合わせなのである。そう、「抜け毛」という現象である。抜け毛、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:犬の表情 必須要素:戦闘機 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:651字
犬のように表情がコロコロ変わるとはよく聞く話だが、僕は犬よりも人間の方が表情が豊かだと思う。それは単純に顔面の表面積が広いから、とか顔のパーツが多いから、という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:苦し紛れの祖母 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:672字
俺は久しぶりにばあちゃんちに来ている。じいちゃんは他界してしまい、田舎でひとりほそぼそと暮らしている。歳をとるとよく分からない思考が働くのか。それともばあちゃん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:臆病な父 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:595字
私のお父さんは、新しいことが苦手だ。本人は古きを愛するとか言ってるけど、温故知新っていうぐらいだしもうちょっと新しいことも知って欲しいんだよなぁ。私から言わせて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:寒い小説合宿 必須要素:武田鉄矢 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:568字
小説合宿とは誰が名付けたか。僕だ。合宿なんていいもんじゃない、ただひたすらに寒さとの闘いである。とにかく、手がかじかむ。今まで筆を持ちたくないと思ったことは数え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:計算ずくめのぬくもり 必須要素:パンツ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:578字
その場所までまさに髪の毛一本である。目の前、いや鼻前に並々ならぬぬくもりが存在しているのだ。鼻息をたてすぎないよう気をつけ……いやそんなの気にしてる場合ではない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説77日 お題:小説の中の表情 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:587字
ぼくは、作品を書くときに、その登場人物の表情を想像し真似るというクセがある。なぜなら、その方がその作品にのめり込み、良いものに仕上がる気がするからだ。周りに話す 〈続きを読む〉