お題:苦しみの扉 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:337字
[削除]

ぽたぽた
「何度言ったらわかるんだ!!」

「お前は毎回毎回荷物にしかなれないのか!!」

そうだよ、僕は荷物ですよ、捨ててもいいよ

「申し訳ございませんでした。以後気をつけます」
「何回目だ!!言ったことはちゃんと守れ!」

そう言わないといつまでも怒るんだろ…

終業、駅までいつもの道
いつもの電車、いつもの家

いつも同じ場所にいるけど僕の居場所はない。

扉を閉め、足を止める。

「…」



……

……

「っ…」

ああ、もう悲しくないのになあ。

「っ…ひ゛っ……んぐ…」

慣れたはずなのになあ

もう、何もいらないから

もう、

履き慣れたボロの革靴、水滴がぽたぽた落ちる

僕からポタポタ止まらない

もう悲しくないのに

もう、

悲しくないのになあ
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:青い娼婦 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:2199字
私娼窟には大麻の匂いが充満していて、私も武田くんもうっと息苦しさに唸った。いやはや、世も末である。今生天皇がまさに時の栄華を極めようというこの自分に、帝都東京に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:燃える幻覚 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:2024字
例えば。 過去に火事に遭い、それが原因で家族または親しい誰かを失ったとしよう。その記憶は脳内にトラウマとして刻み付け、『火』に対して極度の恐怖感を植え付ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おゆみ お題:未来の月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:750字
今日はなんと、青空が白むほどの快晴である。普段はしてぃぼーいのわしも時には田舎行きの電車に乗る。土曜日の10時。なんともまぁ、子供連れが多いこと。その車両には2 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:You✦Tackey お題:未来の月 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1390字
日暮れ時だった。私は橙に焼ける、上空の遥か彼方を見上げた。忽然と無造作に千切られたティッシュペーパーに似た雲が所々に在り、視線を落とすと太陽系の中心が、夕陽と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:今年の湖 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:2664字
「いやあ、いい天気ですねえ、本当に腹がたつんですけど!」「それはよかった」「ふざけないでください」キズナはにこにこしながら怒った。随分器用だ……と他人のふりを決 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:meiha お題:嘘の育毛 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:660字
「みなさんに一つ言いたいことは――」スピーカーから割れた声が流れる。月曜の朝。だらだらと校庭に集まり、校長の毒にも薬にもならない話を聞き流す時間だ。「正直な企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:昼の冤罪 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:2453字
あおいそら、しろいくも、春の陽気、とくればやることはひとつしかない。ボランティアだ。「さて、行きますか」カバンを抱えながら僕が声をかけると、ヤンさんが親の仇にで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:ロシア式の星 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:596字
赤い星を象った指輪。彼女の右手中指に嵌っている。薬指ではないから、少しだけ安堵したのはここだけの話。それがどういうもので彼女に何をもたらすものかどうか僕は知らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
試し書き ※未完
作者:にがつなほ お題:マンネリな洞窟 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1116字
ぬっぺほふに似ている、と思う。 サラリーマンで賑わう大衆酒場のカウンターで、氷が溶けかけてグラスがびしょびしょになったレモンサワーのジョッキを煽りながら笑う顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:闇の友人 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1293字
僕は幸福という自覚があった。だから幸福であらねばなならなかった。それは幼い頃から自然と身についていた啓示であったとも言ってよかったと思う。見知らぬ誰かがそのこと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:記録にない葬式 必須要素:四国 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:227字
それは人類史上の歴史で記録になかった葬式であった。「えっ、姉ちゃん本当にこれ、葬式なの....?」ヒデは姉のスグルにこんなに不思議な葬式に疑問をぶつけないわけに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
外側の幸せ ※未完
作者:匿名さん お題:不幸な外側 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:220字
外側に比べたら自分なんて幸せ者だ。なんて考えるのは傲慢以外の何者でもない。そう考えるのは見たこともない自分がいる環境の外側にいる他人の幸せを踏みにじる行為だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑のダイエット 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:451字
からんっ、と桶を置く音が浴場に響く。ちゃぽんっ、とお湯が音を立てて跳ねる。ふうーっ、と私は大きなため息をつく。「気持ちい〜.......」私は他のお客さんに聞こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:明日のダンジョン 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:756字
「明日のダンジョンは洪水が発生するでしょう」テレビのお天気キャスターが、空の天気を伝えるように、別段珍しくもない洪水を伝えた。ダンジョンとは、大抵は室内に分類さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:犯人は霧雨 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:307字
昨夜の天気は曇り時々雨でした。かろうじて居場所の知れる月が薄い霧を浮かびあげ、視界を可視化された月光で隠していたでしょう。 光というのは、本来、見えないものを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の会話 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:522字
「ありがとう、はダンケシェン、と言います。では私に続いて発音してください。ダンケシェン。」「「「ダンケシェン」」」「何やってんだ?」ターゲットを手に入れたらしい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの光 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:52字
「……あと20%です。」「…あと10%です。」「5分後にスリープモードになります。」「おやすみ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私の年賀状 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:343字
ない、ない、ない、!ッ、どこだったか確かここにあるはずなんだけど、かしいなぁ、自分の記憶ではここにあるはずなわけで、かしいなぁ、…え?、え^~っと、───友人と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:わたしの好きな音 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:694字
私には好きな音がある。それはふとした時に聞こえてくる、一つのフレーズ。同じものがあっても同じ響きは、そして同じ意味は無い、誰もが持っている音。そう、本当になんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
男浪漫 ※未完
作者:匿名さん お題:薄汚い螺旋 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:165字
ガリガリガリガリ、と音が鳴る。土塊を砕き、空気に溶かす。それは、積み上げたモノの悲鳴、または歓喜。先に逝くぜ、とでも言うように。ここでは輪廻転生が流行っているら 〈続きを読む〉