お題:苦しみの扉 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:337字
[削除]

ぽたぽた
「何度言ったらわかるんだ!!」

「お前は毎回毎回荷物にしかなれないのか!!」

そうだよ、僕は荷物ですよ、捨ててもいいよ

「申し訳ございませんでした。以後気をつけます」
「何回目だ!!言ったことはちゃんと守れ!」

そう言わないといつまでも怒るんだろ…

終業、駅までいつもの道
いつもの電車、いつもの家

いつも同じ場所にいるけど僕の居場所はない。

扉を閉め、足を止める。

「…」



……

……

「っ…」

ああ、もう悲しくないのになあ。

「っ…ひ゛っ……んぐ…」

慣れたはずなのになあ

もう、何もいらないから

もう、

履き慣れたボロの革靴、水滴がぽたぽた落ちる

僕からポタポタ止まらない

もう悲しくないのに

もう、

悲しくないのになあ
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:Os@夏新刊『羅針』 お題:死にぞこないのギャグ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1136字
いや、人生は最後には喜劇に仕上がるように出来ているんだよ。それが彼の口癖だった。某府、某公園のホームレスのテントが並ぶ区域。ホームレスのホーム。確かに喜劇かもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
溺死 ※未完
作者:空木春宵 お題:絵描きの朝 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:602字
生ぬるい空気を掻き分け掻き分け、夜気に充たされた霊園を抜け、蛇の背のようにくねりながらだらだらと続く階段を下って行った先。低い崖に水際を寄せた、静かに底光りする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
青き ※未完
作者:ずいちゃん お題:イタリア式の空 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:2671字
「ねえ、先生?」 ユミはたずねた。窓辺に腰を下ろして、ぼんやりと頬杖をつきながら、眠たそうな声で、穏やかに。 その見つめる先には一面の青がある。無数の青がいっぱ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Os@夏新刊『羅針』 お題:女同士の終身刑 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1075字
「あー」「どうしたの?」二人で見晴らしの良い高台から町を見下ろす。「あー、あ」彼女は正面を指差した。「あそこに何かあるの?」「あー!」お互い、もう二十代も後半だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Os@夏新刊『羅針』 お題:憧れの投資 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1164字
必死にキーボードを叩く。こんなにも生き生きと文章を書くのはいつぶりだろう?「拝啓、田中棚次郎様、今回の作品にとても感動いたしました――この田中という男。いや、男 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
? ※未完
作者:此粕谷楼 お題:バイオ囚人 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1577字
ひょんな事から数百年後の未来にタイムスリップした僕は、高度に発達した文明と様変わりした文化慣習、そしてその中に息づく伝統を感じて時の流れの壮大さを実感していた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純華 お題:おいでよ祖父 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1889字
「ねーねー、『おいでよジジイ』って知ってる?」「何それぇ! 私、初めて聞いたぁ!」「俺も初めて聞く!!」7月の平安小学校。みんなの話題は専ら、明日から始まる夏休 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:生きている痛み 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1139字
「お勤めご苦労さん。」「やあ、また君か。これで一体何回目だい。」もはや顔なじみとなってしまった牢獄の看守に軽く右手を上げて挨拶をして、俺は牢屋に入る。ごわごわし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:はるちか お題:傷だらけの窓 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:996字
彼女はじっと僕を睨み付けた。「あいつらの話してることは全部嘘だ。わかってんだろ」彼女にしてはずいぶん乱暴な言葉だと驚いていたら、彼女は左目からつうっと涙をこぼし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウロノ お題:メジャーな外側 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:2000字
痛かった。意識が浮上してはじめて思ったのは痛覚で、それから身体のどこが痛いのか、あるいは熱いのか、あるいは苦しいのか、もうわからない。体がめちゃくちゃだった。何 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:フニャフニャの人間 必須要素:脂肪吸引 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:739字
ーーなんだあれはーーー「アレ」を初めて見た時の感想だ人間、なのだろうフニャフニャなのだ、そいつは人間とはとても思えない姿をしたそいつらは当然のように日常生活を送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い夢 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:608字
明日になるのが嫌なんだよ。とにかく明日という日が少しでも短くなるように午前2時を生きているんだ。夜更かしではない。とにかく学校に行きたくなかった。スマートフォン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき逃亡犯 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:425字
島に動物をぞろぞろ連れた変な武士が来た時は、奇特なやつもいたもんだと思った。だからその武士がお頭に分捕り物の返還を要求した時は半笑いだった。だが、いざそいつらが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純白の彼氏 必須要素:お盆 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:544字
お盆まであと1日。美海に会えるまであと1日。 どっちだ。せっかく会えるから、思いきって、ピンク、いや、いつもどうり青か。私は今、自分の「優柔不断」と闘っている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:冬の女の子 必須要素:大統領 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:757字
電車がこない。強風と大雪で遅れている。いつもののことだ。凍えた指先に息を吹きかけた。寒いが、電車を待っている間にやるのことがない。右手でスマートフォンを操作し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:激しい作品 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1457字
ズババァンバン──。そんな気の抜けるような不可解な銃声とともに、今僕の目の前の男性の四肢が飛び散った。……なんて、威力だ。戦慄する。あれだけの武器でこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:高い動機 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:377字
気が騒ぐ。 心に波が打ち寄せ攻めてくる。誰がしたというわけではないのに。それは私の内をかき乱す。 片方の手で探るように水を求めた。落ち着きを取り戻したかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:失敗の小説家 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:375字
絵画を観る眼、音楽を聴く耳。これらは神様が作った。 しかし言葉は人が作った。 小説を書くことに才能はいらない。 絵も描けないし、楽器も弾けないけど小説なら・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい妄想 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1221字
スーツは個性を封じ込める拘束具だ。朝七時の駅のホームには個性を持つことを禁止された紳士淑女の皆々様が、どれだけ多くの人間を電車に乗せられるか競い合っている。 〈続きを読む〉