お題:苦しみの扉 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:337字
[削除]

ぽたぽた
「何度言ったらわかるんだ!!」

「お前は毎回毎回荷物にしかなれないのか!!」

そうだよ、僕は荷物ですよ、捨ててもいいよ

「申し訳ございませんでした。以後気をつけます」
「何回目だ!!言ったことはちゃんと守れ!」

そう言わないといつまでも怒るんだろ…

終業、駅までいつもの道
いつもの電車、いつもの家

いつも同じ場所にいるけど僕の居場所はない。

扉を閉め、足を止める。

「…」



……

……

「っ…」

ああ、もう悲しくないのになあ。

「っ…ひ゛っ……んぐ…」

慣れたはずなのになあ

もう、何もいらないから

もう、

履き慣れたボロの革靴、水滴がぽたぽた落ちる

僕からポタポタ止まらない

もう悲しくないのに

もう、

悲しくないのになあ
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:もろはし お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1400字
今日は私の一生涯を掛けた研究の成果が表れる日だ。幼少期にホーキング博士に憧れて以来、私はブラックホールという存在に夢中になった。それから貪るように物理学の勉強を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗の失敗 ※未完
作者:㍿たもりん お題:失敗の失敗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:996字
中学1年の数学で負の数を習った。マイナスとマイナスを掛けるとプラスになるというのは、当時は直感的に理解できずなかなか馴染めなかった。自分1人の喫煙室に誰か入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
友達 ※未完
作者:おっすぃー お題:初めての血 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:503字
彼は優秀な捜査官であった。名はエヴァンス。外宇宙侵略生命体対策室に所属する者、もしくはそれに関連する部署の者で、彼を知らない者はいないだろう。対策室の決して浅く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:2289字
色々あって、妻と離婚することにした。子供の親権や養育費、慰謝料などの相談をするため、僕はそこそこ名のある法律事務所へと足を運んだ。「なるほど」ベテランと思しき弁 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すずめ お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:666字
「私だったら右の弁護士かな」「えーっ、趣味わるぅ」うるせぇよ、と思う。聞かれたから答えたのに趣味が悪いとは何事か、お前がいいって言ったやつの方がよっぽど趣味悪い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:NAO お題:右の弁護士 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1086字
部屋のなかに悲鳴に満ちた言葉が響く。「ああ、くそったれ!」そう叫んだのは弁護士の男だった。「どうしたんです先生?」私は怪訝そうに言葉を発した。「あとちょっとだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@鍵開けた お題:捨てられた娘 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1519字
拾われた時子供は十二歳だった。天の教会の道端に捨てられていたのだ。天の教会は空へ続く虹の麓にある至高の教会だった。世界すべての教会を統べる大いなる教会、それが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:瓜ノ助 お題:安全な終身刑 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1089字
「今日は、誰をやろうか」『あの人なんかどうだい?』 「毎日言ってるだろ?彼女はだめなんだ」『とてもいいと思うんだけどなぁ』62階建てのマンションの屋上。スコープ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小学ニ年生 別冊付録 Go お題:見憶えのある夏休み 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:760字
「ロコモンココロン、ロコモンココロン」ある日、兄がとつじょとして発した言葉だ。たしか私が小学二年生の頃だ。夏の警報がなったあの日。そう。夏の終盤には、警報がなる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:夜の夕方 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:909字
夕方が私は好きだ。赤く沈む夕日を眺めながら爪にネイルオイルをすりこむ。花の香りのついたそれは海外旅行先で買ったものだ。私はいろいろな国へ行った。そしていろいろな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
神様の失敗 ※未完
作者:匿名さん お題:失敗の失敗 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:628字
『神様って、いると思う?』「あぁ、きっといるよ。」『神様って、すごいの?』「あぁ、もちろん。僕たちだって神様が一人一人つくってくれるんだよ。」『じゃあ神様が失敗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昨日の交わり 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1715字
深夜2時の交差点のそば、電柱にもたれかかりながらぼんやりと見える星を眺める。郊外の住宅地は、すっかり寝静まり、通りかかる車もない。タクシー代にはこころもとない財 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:600字
「おれ、実は青なんだ。」 神妙な面持ちで彼が言うと、みんながどっと笑った。彼を囲んでいる友人の、お前の血はなに色だーっ!という問いかけへの答えであった。血は赤い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての血 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:661字
「とりあえず、小鉄はメスだったと。悪かったな、勝手にオスだと思って小鉄にしてしまった。なんなら、今、変える? 鉄子……」「今の名前で充分だわ」「今の名前がわかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い足 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:656字
小説が書けない。 小説が嫌いなわけではない。むしろなぶり尽くすように読むたちである。昼夜を失って投稿サイトをたびたび徘徊する。 とはいえ良い読者でもない。たっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
たんぽぽ ※未完
作者:匿名さん お題:捨てられた娘 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:196字
「はい、これ」「ん?・・・育毛剤?」「うん。今日お誕生日でしょ。おじちゃん、悩んでるみたいだったから。店員さんに聞いたら、これが一番いいって」「ああ、そういえば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの夏休み 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:116字
今年の夏休みは、いつもと違っていた。短い間に、僕のまわりの世界は大きく変わってしまった。もちろんよくない意味で。お姉ちゃんは海に溺れて死んじゃって、そのことでお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:269字
僕の好きな景色なんだ。何の変哲もない片田舎の港町だけど、学校の行き帰りの連絡船から見える町の景色。坂道や赤い標識や縞模様の幟や煤けた民宿の看板。夕暮れ、柔らかい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄人々 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:447字
彼女との待ち合わせ時間に30分も早くきてしまった俺は仕方なく近くのネットカフェで時間つぶしをした。暗い店内。一人きりの俺は落ち着きなくジャケットの内ポケットから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
書斎の大掃除 ※未完
作者:匿名さん お題:小説の秋 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:333字
読書の秋になった。この時期になると、私が仕えているお屋敷では、書斎の整理・不要になった書籍の売却・新たに購入する書籍の選定、文房具の整理・廃棄・新規購入を行う 〈続きを読む〉